ニュース

2020/01/10
お知らせ

【2020.2.10(月)】大阪府立大学AP総括シンポジウム「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」 

  • LINEで送る

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2020.2.10(月)】大阪府立大学AP総括シンポジウム
        「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――□■
 下記の案内がございましたのでお知らせいたします。

               記
大阪府立大学 高等教育推進機構 高等教育開発センターでは、以下のとおり、
平成26年度文部科学省「大学教育再生加速プログラム」採択事業の最終年度における報告会として、AP総括シンポジウムを開催します。

AP事業を契機とし、アクティブ・ラーニングの推進と学修成果可視化の取組みが各大学において積極的に進められるようになりました。その結果、どのような成果が得られ、
またどのような課題が見出されたのでしょうか。
本シンポジウムでは関西大学の森先生にAP事業の成果と今後の課題についてお話しいただきます。
加えて、本学の取組みについて報告し、今後の内部質保証のあり方について考える機会を提供します。

AP総括シンポジウム「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」

【参加対象者】
 大学教職員・学生及び高等教育関係者
【開催日時】
 2020年2月10日(月)14:00~17:00
【会場】
 大阪府立大学 I-siteなんば2F カンファレンスルーム
 〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号 南海なんば第1ビル
 会場への交通アクセス https://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/about/map/

【プログラム】 総合司会:高等教育開発センター 准教授 畑野 快
 14:00  開会挨拶・趣旨説明(副学長 高橋 哲也)
 14:10  基調講演(森 朋子氏)
      「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」
 15:10  休憩
 15:20  事例報告(各25分)
      「授業内外を含めたアクティブ・ラーニング環境の構築:meaQsシステムの概要とその成果」
        人間社会システム科学研究科 教授 岡本 真彦
 15:45  「総合リハビリテーション学類における組織的な反転授業の取組みとその成果」
        総合リハビリテーション学類 教授 高畑 進一
 16:10  「e-ポートフォリオの発展と展開」
        高等教育開発センター長 星野 聡孝
 16:35  総括コメント(森 朋子氏)
 16:55  閉会挨拶

 ※講演や事例報告のタイトルは変更になる可能性があります

・参考リンク(ポスターのPDF等)
大阪府立大学 AP事業ウェブサイト シンポジウム開催案内
 http://www.ap.osakafu-u.ac.jp/topics/20200210ap/

【参加費】
 無料
【申込方法】
 以下の申込みフォームから必要事項をご記入の上、お申込ください。
 http://www.ap.osakafu-u.ac.jp/opu-contact/2020-0210ap/
【定員】
 100名(先着順)
【申込期限】
 2020年2月3日(月)
【主催】
 大阪府立大学 高等教育推進機構 高等教育開発センター

【問い合わせ先】
 大阪府立大学 高等教育推進機構 高等教育開発センター
 〒599-8531 堺市中区学園町1番1号(中百舌鳥キャンパス B3棟2階215号室)
 Email:fd_center@las.osakafu-u.ac.jp TEL:072-254-9197

ニュースカテゴリ

PAGE TOP