ニュース

2020/05/08
メディア

【朝日新聞:4/27】DHAの合成過程について本多大輔教授(理)の研究内容を紹介

  • LINEで送る

4月27日の朝日新聞(夕刊)「ぶらっとラボ」にて、理工学部生物学科 本多大輔教授の研究内容が取り上げられました。

 

本多教授の研究室では、DHA(ドコサヘキサエン酸)を生成する原生生物を対象として研究がなされています。
健康に良いとされ、マグロやサバなどの青魚などに豊富に含まれるDHAですが、魚がDHAを作り出すことはできません。
海洋生態系の中で魚の体内にどのようにしてDHAが蓄積されていくのか、そのメカニズムについて着目されています。
記事のなかで本多教授は、可能性として海などに生息する原生生物のラビリンチュラ類とプランクトンである珪藻の関係性に注目していることが述べられています。
また、食物連鎖も重要な要素であると考えているなど、私たちが普段何気なく摂取しているDHAの未解明な問題を解く鍵になるかもしれない研究内容が紹介されました。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP