ニュース

2020/09/03
お知らせ

【学長メッセージ】2020年度後期にむけて

  • LINEで送る

学生のみなさんへ
           

甲南大学長 中井 伊都子

 

いよいよ9月に入り、後期授業の開始が近づいてきました。コロナ禍のもと、前期は概ねWebを活用した授業とせざるを得ず、一人でパソコンなどの前に座って一生懸命勉強するみなさんの孤独と不安を想像しながら、私も大変胸の痛い毎日を過ごしました。

 

みなさんに答えていただいた授業改善アンケートからは、大変苦労しながらもWebを活用した授業に順応し、またその利点にも気づいて真摯に学びを進めて下さった姿が見えてきました。大変誇らしく思う一方で、やはり大学での学びの醍醐味は、キャンパスで、先生や学友と語り合いながら見出していくものだとの思いを新たにしています。

 

そこで、後期からは十分な感染症対策をとったうえで、原則としてキャンパスでの対面授業を実施し、授業の規模や特性によってどうしても「三密」を避ける対策が難しい科目については、Webを活用した授業を行うことにしたいと考えています。ポータルサイト・MyKONANに「2020年度後期授業の実施について」の文書を発出していますので、よく読んで準備を進めてください。

 

また、学生生活は、授業だけではありません。課外活動や、友人・先輩後輩・教職員との交流も、みなさんの成長の大切な糧です。課外活動については、感染対策の体制が整った団体から順次、活動を再開しており、今後もできる限り、活動の場を守っていきたいと考えています。また、対面授業を開始することで、キャンパス内での人と人との交流は活性化していくことでしょう。「人物教育」の場としてのキャンパスで大いに成長されることを期待しています。

 

そのうえで、みなさんにお願いがあります。キャンパス内の感染対策は、大学の努力だけでは成し得ません。みなさん一人ひとりが感染予防に関する意識を高め、節度ある生活を送っていただいて初めて、安心で安全なキャンパスが実現します。例えば、通学時にも十分に気を引き締め、マスクを着用し、つり革や手すりなどを触った手で口や眼を絶対に触らない。これだけでも、感染リスクを低減することができるでしょう。どうか、ご協力をお願いいたします。

 

そして、甲南大学として、みなさんに安心して学生生活を送っていただくため、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により家計が急変し、意欲がありながらも経済的な理由で修学が困難になった方に対しては、前期と同様に学びを諦めることがないよう特別な支援制度の検討を進めています。またこの不安な社会状況の中で、こころが疲れてしまったと感じたら、学生相談室にいる専門のカウンセラーに話をしてみるのもいいかもしれません。甲南四法人として関係の深い甲南医療センター(旧甲南病院)にも、医療面でご支援いただいています。様々な支援体制を整えていますので、ぜひ大学を頼ってください。

 

甲南大学は、安心して学び、安全に活動できるキャンパスをしっかりと守っていきます。ぜひ自分と自分の大切な人の健康と安全を大切にしながら、ウィズコロナの現実に自信と勇気をもって一歩踏み出して下さい。新しい時代の甲南大学の学びを、みなさんと共に作り上げていけることを楽しみにしています。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP