ニュース

2020/11/26
学生

宮内輝さん(営2)が代表を務めるボランティア団体palafoolが賞をW受賞

  • LINEで送る

11月14日、オンラインにて開催された「BE KOBE ミライセッション 2020」において、NPO法人「palafool(パラフル)」の代表を務める宮内輝さん(営2)が発表者として登壇し、神戸ビルダーズ賞とネッツトヨタゾナ賞の企業賞をW受賞しました。

 

「BE KOBE ミライセッション 2020」は、市民・行政・企業・大学が連携し、神戸市のシビックプライド・メッセージである「BE KOBE」の実践活動として、神戸の未来を担う子どもたちを支援する取り組みを行う「BE KOBEミライPROJECT」が開催したもの。各団体が行っている支援活動を発表することで、その取り組みや子どもたちを取り巻く問題をより多くの人に知ってもらい、子ども支援を通じて地域の未来をより良くしていくことを目的としています。

 

「palafool」は東灘区や灘区を中心に活動している約100名からなる学生ボランティア団体です。設立当初は、企画の参加者から厳しい言葉をいただくなど、様々な苦難もありましたが、地道に活動を続けることで少しずつ信頼関係を築いてきました。一方で徐々に活動メンバーも増え、今年8月にはNPO法人の認証を取得しました。

 

同団体はこれまでにも、子どもたちとの巨大ロールケーキ作りやスイカ割り体験、ラジオ体操への参加など多様な取り組みを通じて神戸の活性化に貢献してきました。
これからもぜひpalafoolの活動にご注目ください。

 

◆関連リンク
・palafool(パラフル)ホームページ>>>
・BE KOBE ミライセッション 2020の様子 その1>>> その2>>>
・甲南大学ホームページ(NPO法人の認証取得記事)>>>

ニュースカテゴリ

PAGE TOP