ニュース

2021/03/09
メディア

【日本経済新聞:3/9】マネジメント創造学部前田正子教授の記事が掲載

  • LINEで送る

3月9日(火)付日本経済新聞朝刊39面に、社会保障論を専門とするマネジメント創造学部の前田正子教授が「大阪府の女性就業率」に関してコメントしています。

2016年に女性活躍推進法が施行され、5年を迎えようとしています。大阪府が発表した2020年総務省労働力調査の府内集計では、25~44歳の子育て世代の女性就業率が74.5%でしたが、全国平均は77.4%となり、下回っています。前田正子教授はこの状況を「かつての経済状況のイメージを引きずり、夫一人の稼ぎで家族を養うことが可能だった感覚が根強い」と言及しています。
また、女性の就労環境にはコロナ禍の影響も大きく、非正規雇用へのダメージは避けられない状況ですが、前田教授は「男女ともに安心して働き続けられる環境を整えることが急務だ」とも述べられています。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP