ニュース

2021/06/09
お知らせ

学生・教職員等を対象とした新型コロナウイルスワクチンの「職域接種」の実施について

  • LINEで送る

甲南大学は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府発表方針に基づき、甲南医療センターの協力のもと甲南女子大学、神戸薬科大学と共同で、学生・教職員等約17,000人を対象としたワクチンの職域接種について実施計画を進めています。

 

接種に際しまして、「東灘次世代医療人材育成コンソーシアム」(構成員:甲南医療センター、甲南女子大学、神戸薬科大学、甲南大学、東灘区役所)の中に「東灘コンソーシアムワクチン接種協議会」を新たに結成します。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、この協議会を中心にそれぞれの役割分担を果たして職域接種を実施していく予定です。

 

大学における対面授業を早期に再開し、学生に豊かな学びの機会を取り戻すとともに、地域自治体の医療負担の軽減を目指してまいります。

 

なお、接種は希望者に対し行うものであり、本学における活動への参加の条件として接種を義務化したり、接種しない方が不利益を受けるものではございません。

 

接種は6月下旬以降できるだけ早く開始できるよう準備を進めており、詳細は決定次第改めてお知らせいたします。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP