ニュース

2021/06/18
TOPICS

【研究】理工学部 田中孝明准教授が所属した国際研究チームが最も高密度な白色矮星による超新星爆発の痕跡を特定

  • LINEで送る

理工学部物理学科の田中孝明 准教授が所属した国際研究チームの研究成果が、TECH+(マイナビニュース)にて取り上げられました。

 

遠方の銀河までの距離を測る「標準光源」として利用されているIa型超新星は、どの爆発も同じ明るさになることが経験的に知られていました。

しかし今回観測した天体において、その組成比から爆発直前の白色矮星の中心密度を推定したところ、一般的な場合に比べて約3倍も高かかったことがわかりました。

このことから、実はIa型超新星は、非常に多様性を持つということを意味する研究成果が得られたものです。

 

当該ニュースはコチラよりご覧ください。

また、本研究成果の詳細についてはコチラをご覧ください。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP