ニュース

2021/08/24
TOPICS

【理工学部/自然科学研究科/機能分子化学科/化学専攻】修士1年生の岡本陸さんらの化合物半導体電極による太陽光水素発生に関する論文がApplied Physics Letters誌に掲載されました。

  • LINEで送る

自然科学研究科化学専攻の岡本陸さんらは、太陽光で水を分解して水素を発生する化合物半導体電極の表面構造の制御による高効率化の方法を発見しました。これらの研究成果は、2021824日に自然科学分野の中でも高品質な学術誌であるApplied Physics Letters誌オンライン版で公開されました(https://doi.org/10.1063/5.0060494)。本研究は、水素社会の実現の基礎となる再生可能エネルギーを使った水からの水素製造につながることが期待されます。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP