ニュース

2022/01/24
TOPICS

【理工学部/自然科学研究科/機能分子化学科/化学専攻】学部4年生の小野大輝さんらの環状金属錯体型アニオンレセプターに関する論文がChemical Communications誌に掲載されました。

  • LINEで送る

理工学部機能分子化学科4年生の小野大輝さん、同卒業生の田中智也さん、自然科学研究科化学専攻卒業生の浅井康平さんらは、陰イオンを大きさや形に応じて選択的に捕まえることができる環状パラジウム錯体を新たに発見し、その構造と性質について詳しく調べました。これらの研究成果は、2022124日に英国化学会の最も権威ある学術誌であるChemical Communications誌オンライン版で公開されました(https://doi.org/10.1039/D1CC05563A)。本研究は、色素や医薬品をはじめとする各種機能性陰イオン型化合物の検出、貯蔵、運搬など、様々な技術の開発につながることが期待されます。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP