ニュース

2022/06/01
TOPICS

公開講座「神戸に伝わる悲恋の伝説―『菟原娘子伝説』をめぐって―」を開講しました

  • LINEで送る

 2022年5月28日(土)に、文学部日本語日本文学科の廣川晶輝教授による公開講座「神戸に伝わる悲恋の伝説―『菟原娘子伝説』をめぐって―」を開講し、対面受講34名/オンライン受講7名が参加しました。

 

 一人の美しい娘子が二人の立派な壮士から求婚されて悩み、自ら命を絶ち、残された壮士も後を追う…、この神戸の地に今も生き生きと語り継がれる「菟原娘子伝説」を扱う作品を一つひとつ味わっていきました。奈良時代の『万葉集』、平安時代の『大和物語』、南北朝・室町時代の『謡曲(能)』、明治・大正時代の森鴎外の『戯曲』と順を追ってみていくと、前の作品の内容を踏まえながら描かれていることがわかり、1300年以上に渡って受け継がれていることに面白さと感動を覚えました。

 

 受講生からも「今まで文学に興味がなかったけれど、今日のお話は面白かった!」と、「菟原娘子伝説」にまつわる古墳や登場する地を見に行ってみたいというお声をいただきました。今後も、皆様の学びのきっかけになるような講座を開講いたします。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP