ニュース

2015/11/27
TOPICS

【知能情報学部】知能情報学部梅谷智弘准教授が近畿経済産業局主催の「大学特許と中小企業マッチングフェア2015〜ロボティクス分野〜」にて「単眼カメラによる三次元物体モデルの生成方法」技術シーズを紹介しました。

  • LINEで送る

知能情報学部梅谷智弘准教授が経済産業省近畿経済産業局主催の「大学特許と中小企業マッチングフェア2015〜ロボティクス分野〜」にて「単眼カメラによる三次元物体モデルの生成方法」技術シーズを紹介しました。

近畿経済産業局では、中小企業が関西地域の大学の特許を活用し、新たなビジネスへの活用を促進するため、大学の研究者等と中小企業との「マッチング会」を開催しています。本年度は11月17日(火)、関西地域の大学が持つロボティクス分野の技術と中小企業とのマッチングを図ることを目的として、「大学特許と中小企業マッチングフェア2015〜ロボティクス分野〜」が大阪ドーンセンターにて開催されました。

関西地域より選ばれた8大学11件の特許シーズの紹介が行われ、梅谷智弘准教授はプレゼンテーションで「単眼カメラによる三次元物体モデルの生成方法」技術シーズを紹介し、その後個別相談も行われました。

「単眼カメラによる三次元物体モデルの生成方法」技術シーズの内容については以下のホームページより参照ください。

近畿経済産業局 平成27年度先進的中小企業の大学等知財活用促進事業(ロボティクス分野)

近畿経済産業局 関西発選りすぐり大学技術集2015

関連情報のホームページ紹介

公益財団法人新産業創造研究機構(本件の調査機構)

知能情報学部

梅谷智弘准教授研究者詳細

本件についての問合せ先

甲南大学フロンティア研究推進機構

TEL:078-435-2559   e-mail:officefront@center.konan-u.ac.jp

 

 

ニュースカテゴリ

PAGE TOP