経営学部

経営学科

  • 経営学部
  • 経営学科
  • DEPARTMENT OF BUSINESS
経営学科
理論と実践を身につけた、世界に通じるビジネスパーソンになる

経営学部で学ぶことで何を目指す?卒業生は企業の現場で、資格を持つ専門家として、あるいは起業家として活躍しています。
経営学部の各ゼミナールでは、起業から資金調達、組織作り、競争戦略、マーケティング、商品開発、ゲーム理論、販売、財務会計、原価計算、監査論、税務会計など、ビジネスの多様な側面からテーマを選び、理論的に学んだ上で、自分の考えを人に伝え行動に結び付けていく実践力を育てます。

経営学フィールド

会計学フィールド

商学フィールド

教員の研究分野 ゼミテーマ
渡邊 和俊
教授

工業経営論

ものづくりの仕組み、経営戦略およびイノベーションの理論

廣山 謙介
教授

経営史

経営史・経営人類学を用いて、近代企業の生成発展過程を人とのかかわりで解明する

SHRESTHA M.L.
教授

経営戦略論

日本企業の競争戦略

馬場 大治
教授

経営財務論

日本企業の財務戦略

杉田 俊明
教授

アジア経営論

グローバル経営とアジア

三上 和彦
教授

経営科学

戦略的意思決定の研究

奥野 明子
教授

経営管理論

組織目標の達成に向けて人をマネジメントする制度やしくみの研究

尾形 真実哉
教授

経営組織論

組織の中で活躍する人に関する現象の理解

北居 明
教授

経営学総論

組織行動、組織文化、組織開発の研究

櫻田 涼子
教授

経営労務論

人的資源管理(組織や企業で働く人のマネジメント)の制度や仕組み

藤田 順也
准教授

国際経営論

日本企業の国際経営

池田 公司
教授

情報会計システム論

知的資産に着目した企業価値の研究

長坂 悦敬
教授

原価計算

ITとコスト・マネジメント

内藤 文雄
教授

会計学総論

財務会計・監査の基本的考え方、財務諸表情報の分析、監査・保証業務のアプローチ

久保田 秀樹
教授

財務諸表論

企業財務データの高度利用に必要な企業会計基準及び法令に関する知識の習熟

杉山 善浩
教授

管理会計

企業における業績評価や意思決定の方法について学ぶ

若林 公美
教授

国際会計論

会計基準のグローバル化、グローバル企業の企業価値評価

古田 美保
教授

税務会計

法人課税の理論とタックス・インセンティブ

伊藤 公一
教授

監査論

会計基準の基礎的部分、および、財務諸表の使い方を学ぶ

鷹尾 和彦
特任教授

経営分析

経営分析の基本と応用

西村 順二
教授

マーケティング総論

企業や地域の団体、さらには地方自治体に対して、製品・サービス開発やコミュニケーション戦略の提案を実施

大塚 晴之
教授

金融論

金融市場の理論と現実

山口 聖
教授

証券論

証券市場と証券投資

髙室 裕史
教授

マーケティング管理論

現代社会とマーケティング・マネジメント

加茂 祐子
特任教授

流通システム論

生鮮農産物の流通・消費に関わる実証分析、6次産業の実態分析

佐藤 圭
講師

消費者行動論

消費者心理に基づくマーケティングの理解

ゼミナール紹介

経営学フィールド:杉田俊明ゼミ
グローバル経営とアジア

アジア企業経営研究の分野では
つねに最先端に立つゼミ。

グローバル経営とアジア
いま、日本企業の海外駐在員の約6割がアジアにいます。これは、日本企業がもっとも重要な人的資源を、もっとも重要な対象地域により多く配置する戦略を表しています。他方、インバウンド・ビジネスや企業買収の例でわかるように、アジア企業がグローバル全体においても影響力を増しています。このような時代的な変化に対応し、「アジアでの経営」と「アジア発のグローバル経営」を理論とともに学び、事例研究を通じて実践力を身につけるゼミです。
杉田俊明教授
会計学フィールド:若林公美ゼミ
会計基準のグローバル化

会計情報を使いこなせば、
企業の真の姿が見えてくる。

会計基準のグローバル化
ゼミでは、幅広く会計情報の使い方を中心に学びます。企業を知るためには売上や利益だけではなく、その背後にある企業の投資行動についても知ることが重要です。たとえば、電力会社や鉄道会社は設備投資、製薬会社では研究開発投資にもとづき利益を上げていくなど、業種によって儲けの仕組みも異なっているからです。会計情報の背後にある経営戦略やファイナンスと関連づけて、会計リテラシーを高めることは、わたしたちの人生にも大いに役立ちます。
若林公美教授
STUDENT VOICE
熱い先生によるユニークな講義内容で経営学を興味深く掘り下げる。
熱い先生によるユニークな講義内容で
経営学を興味深く掘り下げる。
神澤輝斗さん 4年次 兵庫県立三木高校 出身

神澤輝斗さん 4年次
兵庫県立三木高校 出身

オープンキャンパスで経営学部の先生のインパクトある説明に惹かれて甲南大学への進学を決めました。ここなら「やりたいことを見つけて専門的に学んでいける」という直感がありました。3年次の時に履修した経営組織論では、3時間もの連続講義で、ドキュメンタリーを観て質疑応答し、経営学に結びつけるという濃い内容。特に、ドラマ“踊る大捜査線”からリーダーシップについて学んだことが面白く、より理解が深まりました。ゼミでは「キャリア論」をテーマに研究し、意見をまとめる力やプレゼンテーション能力を高めることができました。この学部はチームワークが取りやすく、温かい環境が魅力。経営学で培った気づきを、就職先でも生かしていきたいです。
1年次 ▶▶▶
経営に必要な基本知識を修得
経営学、会計学、マーケティングなどの総論を学びました。特にマーケティングの先生は熱い方で、大学生活の送り方や講義の聞き方、学び方などを教わりました。
2年次 ▶▶▶
企業会計論を自主的に学ぶ
2年次からほとんどの専門科目を自由に選択可能。基礎的な専門科目の他、テーマを学生が提案し、それをディスカッションする形で講義が進められる会計学の科目も履修。
3年次 ▶▶▶
経営組織論をより深く研究
3年次では、ゼミの研究テーマである経営組織に関する問題を中心に勉強。経営組織論の他、関連する経営・商学・経済学関係の科目も受講し、組織論を深堀り。
4年次 ▶▶▶
卒業論文に没頭
これまでに力を入れてきた組織論を極めるべく、4年次は卒業論文を重点的に。キャリア形成の問題に焦点を当て、「好きより得意なことが成長するスピードが速い理由」を研究。

関連リンク

PAGE TOP