ニュース

2020/05/09
お知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染予防について(5/9第7報)

  • LINEで送る

学生の皆さんへ

甲南学園新型感染症対策本部

広報部

 

新型コロナウイルス感染症は全世界的な流行が続き、依然として兵庫県は特定警戒都道府県とされており、感染者の発生を抑え込むため、外出自粛等の取組を継続する必要があります。

甲南学園はこれまで、新型感染症対策本部を設置し、政府や自治体が公表する情報をいち早く学生の皆さんに対し提供するとともに、本学において必要な対策を講じることで、感染拡大の防止に取り組んできました。

これからも最新の情報を、ホームページを通じて引き続きお知らせいたしますので、皆さんは甲南大学生としての自覚をもち、適切な行動をとるようにしてください。

 

 

(1)感染予防について

・これ以上の感染拡大を防止するため、次のことにお気をつけください。
1.手洗いや咳エチケットなど基本的な感染症対策を徹底してください。
2.バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠などにより抵抗力を高めるよう努めてください。
3.換気の悪い密閉空間、人が密集、近距離での会話や発声が行われる「3つの条件」を回避してください。
4.不要不急の外出や会合の自粛をお願いします。特に、大阪、神戸・阪神間など人口密集地との不要不急の往来については、当面自粛してください。
5.憶測やデマなどに惑わされないよう、政府・自治体などが発表する信頼できる情報を収集し、冷静に対処してください。

【参考】首相官邸「新型コロナウイルスに備えて」

【参考】内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」

【参考】厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

【参考】厚生労働省「新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました」

 

(2)発熱や呼吸器症状が見られるときについて

・風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。

・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」等にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

○息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

○重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

○上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【参考】厚生労働省「帰国者・接触者相談センター」

【参考】厚生労働省「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」

 

(3)新型コロナウイルスによる感染と診断された場合について

・新型コロナウイルスによる感染と診断された場合は、直ちにその結果を電話またはメールにて、学生部医務室に連絡してください。濃厚接触者が感染と判断された場合も同様とします。

【連絡先】学生部医務室(tel: 078-435-2703(直通) mail: sas-imu@adm.konan-u.ac.jp)

 

(4)新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

・本学が公表している情報は、以下のページにまとめていますので、ご確認ください。

【参考】新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(まとめ)

 

※第6報からの変更点:「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」の変更に伴い、内容を見直しております。

 

以上

ニュースカテゴリ

PAGE TOP