ニュース

2021/12/23
メディア

理工学部生物学科 後藤彩子准教授の研究が東京新聞・中日新聞で紹介されました

  • LINEで送る

理工学部生物学科 後藤彩子准教授の研究が、東京新聞・中日新聞の読者の質問に答えるコーナー「人には聞けない」で紹介されました。
記事のなかで後藤准教授は、アリの休息や交尾のことなど、身近な生き物であるアリの知られざる生態を語っています。
後藤准教授は、女王アリがオスから受け取った精子を10年以上もの間、体内で常温保存する仕組みを研究しており、このメカニズムを解明することで、人間や家畜等の精子などの保存方法の改良を目指しています。

 

なお、後藤准教授の研究内容については、本学KONAN-PLANETサイトでもご紹介しております。
以下より是非ご覧ください。

 

〇KONAN-PLANET記事:ようこそ、小さなアリの世界へ。>>>

ニュースカテゴリ

PAGE TOP