フロンティアサイエンス学部

生命化学科

  • フロンティアサイエンス学部
  • 生命化学科
  • DEPARTMENT OF NANOBIOCHEMISTRY
生命化学科

各研究室紹介

ケミカルサイエンス
研究室 教員の研究分野
松井 淳
教授

機能性高分子研究室

高分子化学、生体機能関連化学、バイオセンサー

藤井 敏司
教授

生物無機化学研究室

生物無機化学、錯体化学、ペプチド、生体機能関連化学

村嶋 貴之
教授

有機合成化学研究室

有機合成化学、生体機能関連化学、機能性色素化学

甲元 一也
教授

生物有機化学研究室

有機化学、生体機能関連化学、酵素化学、糖鎖工学

バイオサイエンス
研究室 教員の研究分野
西方 敬人
教授

分子細胞発生学研究室

発生学、腫瘍学、ガン治療、自然免疫

川上 純司
教授

遺伝子薬学研究室

核酸医薬、RNA工学、遺伝子工学

長濱 宏治
准教授

生命高分子科学研究室

高分子化学、生体材料学、細胞工学、医科学

川内 敬子
准教授

腫瘍分子生物学研究室

分子生物学、腫瘍生物学、生物物理学

ナノバイオサイエンス
研究室 教員の研究分野
中野 修一
教授

バイオ分子機能研究室

物理化学、核酸化学、生体機能関連化学、分子生物学

三好 大輔
教授

分子設計化学研究室

生体機能関連化学、核酸化学、生物物理化学

臼井 健二
准教授

バイオ計測化学研究室

生体分子工学、生体機能関連化学、タンパク質・ペプチド工学

ナノサイエンス
研究室 教員の研究分野
赤松 謙祐
教授

ナノ材料化学研究室

ナノ材料化学、無機化学、電気化学

鶴岡 孝章
准教授

無機光化学研究室

光化学、ナノ複合化学

髙嶋 洋平
講師

機能システム化学研究室

有機ー無機ハイブリッド材料、自己組織化

研究室紹介

ナノ材料化学研究室
赤松 謙祐 教授

無機ナノ粒子を利用して、
新たなプロセス技術を研究。

ナノ材料化学研究室
原子を積み上げたナノレベルの電子回路を実現し、より小さく、より速い、いわば次々世代とも言えるエレクトロニクスデバイスに対応したプロセス技術を確立することがテーマです。未知の化学反応を利用する実験は、10回中9回は失敗しながら少しずつ条件を最適化していく地道な作業ですが、その積み重ねがとても大切なプロセス。プレゼンテーション能力や論文読解能力なども必要ですが、まず学生には研究者としての忍耐力を身につけてほしいです。
赤松謙祐教授
腫瘍分子生物学研究室
川内 敬子 准教授

世界最先端の領域から、
新たながん治療法に挑戦。

腫瘍分子生物学研究室
がん悪性化の分子機構の解明と、核酸の非標準構造を標的としたがん治療方法の開発をテーマにしています。世界的にも最先端の領域で、いまはまだない、だれも気づいていないことに挑戦することが必要なので、人から教わるのではなく自ら学ぶ意欲をもってもらいたいです。この研究室での実験経験を通して、世界基準のスピード感やダイナミズムで計画性や管理力を身につけ、大きな成功体験や達成感とともに自信をもって卒業することができます。
川内敬子准教授
STUDENT VOICE
大好きな有機合成の研究に集中し、いつかは社会貢献を果たしたい。
大好きな有機合成の研究に集中し、
いつかは社会貢献を果たしたい。
髙木武宗さん 4年次大阪府立北千里高校 出身

髙木武宗さん 4年次
大阪府立北千里高校 出身

もともと化学と生物の両方に興味があったので、自分のつくりたい化合物を合成する有機合成を研究テーマにしました。実験で試行錯誤を繰り返す分野なので、とにかく忍耐力は鍛えられましたね。その分、予想通りの結果が出たときは仲間とハイタッチするほどテンションがあがります。また、1年次からプレゼンテーションする機会が多く、資料作成から発表の仕方まで、こまかく指導されます。おかげで、苦手意識をもっていた人前で話すことにも、だいぶ慣れてきました。卒業後は大学院に進む予定ですが、ここで培ったスキルをさらに磨き、新薬開発など有機合成で社会貢献できるような人材になることが目標です。
1年次 ▶▶▶
生命化学を広く学び実験も開始
バイオ、ナノ、ナノバイオ、ケミカルという4分野について序論という形で広く学びます。基礎的な実験も1年次からさっそくはじまりますよ。
2年次 ▶▶▶
自分の興味をもとに科目を選択
より深く学ぶため、4分野から2〜3分野に絞っていきます。自分はバイオ、ナノバイオ、ケミカルをコンプリート。実験ももちろん高度になっていきます。
3年次 ▶▶▶
研究室に配属されて実験中心に
前期から希望の研究室のテーマを選択し、カリキュラムが実験中心に。後期に本配属の研究室を決めるのですが、ぼくは有機合成化学研究室を選びました。
4年次 ▶▶▶
卒業まではひたすら研究に没頭
朝から夜まで研究漬けの日々。凝集誘起発光色素を利用して、アルツハイマー病を早期発見するための診断薬開発について研究しています。

関連リンク

PAGE TOP