フロンティアサイエンス学部

生命化学科

  • フロンティアサイエンス学部
  • 生命化学科
  • DEPARTMENT OF NANOBIOCHEMISTRY
生命化学科

各研究室紹介

ケミカルサイエンス
研究室 教員の研究分野
松井 淳
教授

機能性高分子研究室

高分子化学、生体機能関連化学、バイオセンサー

藤井 敏司
教授

生物無機化学研究室

生物無機化学、錯体化学、ペプチド、生体機能関連化学

村嶋 貴之
教授

有機合成化学研究室

有機合成化学、生体機能関連化学、機能性色素化学

甲元 一也
教授

生物有機化学研究室

有機化学、生体機能関連化学、酵素化学、糖鎖工学

バイオサイエンス
研究室 教員の研究分野
西方 敬人
教授

分子細胞発生学研究室

発生学、腫瘍学、ガン治療、自然免疫

川上 純司
教授

遺伝子薬学研究室

核酸医薬、RNA工学、遺伝子工学

長濱 宏治
准教授

生命高分子科学研究室

高分子化学、生体材料学、細胞工学、医科学

川内 敬子
准教授

腫瘍分子生物学研究室

分子生物学、腫瘍生物学、生物物理学

ナノバイオサイエンス
研究室 教員の研究分野
中野 修一
教授

バイオ分子機能研究室

物理化学、核酸化学、生体機能関連化学、分子生物学

三好 大輔
教授

分子設計化学研究室

生体機能関連化学、核酸化学、生物物理化学

臼井 健二
准教授

バイオ計測化学研究室

生体分子工学、生体機能関連化学、タンパク質・ペプチド工学

ナノサイエンス
研究室 教員の研究分野
赤松 謙祐
教授

ナノ材料化学研究室

ナノ材料化学、無機化学、電気化学

鶴岡 孝章
准教授

無機光化学研究室

光化学、ナノ複合化学

髙嶋 洋平
講師

機能システム化学研究室

有機ー無機ハイブリッド材料、自己組織化

研究室紹介

甲元 一也 教授
生物有機化学

何気なく目にしている生き物から新たな未来を開く科学技術を開発する。

生物が持つ生存のための仕組みが、さまざまな科学技術に応用されていることを知っていますか?生命の不思議を明らかにし、応用の道を見つけるのがわたしの研究です。人間が住めない環境に生きる生物が、細胞中に持つ老廃物の役割を調べています。企業との共同研究という刺激もあり、学生たちは独自の技術開発をめざし研究をおこなっています。
甲元 一也 教授
髙嶋 洋平 講師
機能システム化学

実験で得られた予想外の結果から新たな可能性を探る。

人間の体が細胞からできているように、特定の機能を持つ物質同士を組み合わせ、大きなシステムを作り上げるのが機能システム化学。物質単独ではみられない相乗効果や協同効果といったものを、組み合わせによって見出していくことを目標に研究をおこなっています。実験を繰り返し、予想もしなかった結果から可能性を広げていくのが醍醐味ですね。
髙嶋 洋平 講師
STUDENT VOICE
ナノサイズの材料を研究する分野に挑む。
成果を実感することが、モチベーションに。
森谷 祐也さん 4年次 兵庫・兵庫県立有馬高等学校 出身

森谷 祐也さん 4年次
兵庫・兵庫県立有馬高等学校 出身

人の身体への興味から理系分野に進みたいと思い、入学を決意。生物・物理・化学と、さまざまな分野について幅広く知見を広げられることに、本学科ならではの魅力を感じています。実験の日々のなかで出会ったのが、ナノサイズの材料を研究する分野。材料は、それが身の回りでどのように使われているか実際に目で見て確認しやすく、成果を実感できるので、モチベーションにもつながります。将来は「この分野なら森谷」と頼られる人になるのが目標です。
1年次 ▶▶▶
高校までのテストは「答えよ」という設問でしたが、大学では「説明せよ」に。結果だけでなく、プロセスも正確に理解することの大切さを痛感しました。
2年次 ▶▶▶
理系学部の醍醐味である実験の数々に取り組むなかで、ナノサイズの材料を研究する分野へ興味をもつように。さまざまな分野を幅広く学べたからこそ、本当に興味のある分野と出会えました。
3年次 ▶▶▶
研究室に配属され、実験漬けの生活が本格的にスタート。多いときには週5日を実験に充て、さらに週1回の研究報告会にも奮闘。苦労もありましたが成長も実感できた時期です。
4年次 ▶▶▶
2ヵ月間の就職活動で内定をいただけました。イレギュラーな対応が求められる実験の数々を経て培われた柔軟性や課題解決力が評価につながったのだと思います。

関連リンク

 

PAGE TOP