法学部

法学科

  • 法学部
  • 法学科
  • DEPARTMENT OF LAW
法学科

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
西田 英一
教授

法社会学

生活と法の関わりの実際を、フィールドワークを通じて明らかにする

中井 伊都子
教授

国際法

模擬裁判を通じて国際紛争への国際法の適用の可能性を検討する

金ムンスク
教授

国際私法

近時社会の国際化の進展に伴い生じる法的問題の解決について、国際私法上の論点を検討

山本 真知子
教授

会社法

会社法について具体的な事例を題材に理解を深めていく

池田 佳隆
教授

国際政治学

現代の国際社会の諸問題の考察

桑岡 和久
教授

民法(消費者契約)

契約や相続など、日常の生活にも関わる民法の問題を扱う

住田 英穂
教授

民法(財産法)

財産法の重要論点について深く掘り下げ判例を分析・批評し、民法学史上、重要な論文に接していく

阪上 眞千子
教授

西洋法史

ヨーロッパの法文化と歴史

金丸 義衡
教授

民法(契約責任)

財産法の重要問題について、判例の分析および主要学説などの検討を行う

田中 誠人
教授

民事手続法

民事訴訟法を中心とした判例および論点についての解釈論的研究

櫻井 智章
教授

憲法

憲法の主要問題について、判例・政府見解に即して検討する

岡森 識晃
教授

行政法、環境法

環境問題を法的視点から分析する

笹倉 香奈
教授

刑事法(刑事訴訟法)

刑事訴訟法の主要な論点・判例を検討する

小畑 俊太郎
教授

西洋政治思想史

政治をめぐる諸問題を歴史的かつ哲学的に考察する

早瀬 勝明
教授

憲法

憲法判例を素材とした現実の事案と哲学を含む理論の架橋

尾原 宏之
教授

日本政治思想史

日本政治の特質と問題を歴史的な視点で検討する

松原 英世
教授

刑事政策学

刑事政策学や犯罪学の諸研究を通して研究の方法を学ぶ

森永 真綱
准教授

刑法総論・各論全般

刑法の判例・学説を分析する

平野 淳一
准教授

政治学(地方政治)

日本の首長選挙の分析

篠原 永明
准教授

憲法

憲法の主要問題に関する学説の分析

小舟 賢
准教授

行政法

社会問題を読み解きながら、私たちの生活における行政法との関係を考える

橋口 祐介
准教授

民法(財産法)

民法の現代化について調査・検討を行う。

三谷 宗一郎
准教授

行政学

日本の政治・政策過程について調査・分析する

竹内 健互
准教授

刑法

刑法の解釈と適用のあり方について判例と学説を読み解きながら検討する

益澤 彩
講師

民法

民事に関する重要判例の研究

ゼミナール紹介

池田 佳隆 教授
国際政治

“共通の正義が無い”世界における日本外交のあり方を考える。

歴史的に重要な関わりをもつ米国・中国や朝鮮半島・東南アジア等とのさまざまな政治学上の問題点を検討したうえで、現代の国際社会における日本外交を評価します。“世界には共通の正義がない”“日本の常識が世界に当てはまらない”さまざまな事例を踏まえて、現代の政治の流れを読み解き、日本の外交のあり方を考え続けます。
池田 佳隆教授
金 ムンスク 教授
国際私法

グローバル社会で抵触する法。国際的交流のための解決方法を探る。

国際結婚や国際的な貿易取引等、複数の国にまたがる法律関係が多く発生する場合、これについてどこの国の法律を適用して解決すべきかを考える必要があります。各国の法律の内容は多様であるため、内外法の平等に基づき、国際的な法律関係において円滑な交流ができる解決方法を導き出します。
金 ムンスク教授
STUDENT VOICE
ボランティアで培った「聞く力」と
「受け入れる力」で 検察官をサポートしたい。
白根 愛加さん 4年次 岡山・岡山県立総社南高等学校出身

白根 愛加さん 4年次 
岡山・岡山県立総社南高等学校出身

小学校の頃から法律に興味があったため、法学部へ。プレミアプロジェクトの「えん罪救済ボランティア」では、参加者はもちろん他大学の学生や甲南高校の生徒等、さまざまな人と関わる機会がありました。中心メンバーとして多くの人の考えをまとめるなかで意識していたのは、相手の意見を聞き、受け入れること。そうすることで、相手との交流が深まるだけでなく、自分の価値観も広がりました。卒業後は、念願の検察事務官に。大学で身につけた「聞く力」と「受け入れる力」を強みに、スケジュール管理や書類作成など、検察官を手厚くサポートできる事務官をめざしたいです。
1年次 ▶▶▶
1年生から専門的に法律を学べるカリキュラムで、楽しんで勉強することができました。えん罪救済ボランティアには入学当初から参加。先輩の背中を見ながら活動に慣れていきました。
2年次 ▶▶▶
ボランティアでは、講演会やリサーチフェスタでも発表を任されるなど、中心メンバーとして精力的に活動。学業やアルバイトとの両立が大変でしたが、充実した1年間となりました。
3年次 ▶▶▶
刑事訴訟法ゼミで、3ヵ月かけて模擬裁判を体験。弁護班と検察班に分かれて書類を一から作成し、討論。書類量が膨大なうえ、裁判の際につい感情がこもってしまうなど、何かと大変でしたが、自分の陣営が勝てたときは非常に嬉しかったです。
4年次 ▶▶▶
法学部は卒業研究がないため、前期は就職活動に注力しました。民間の企業は受けず、公務員試験一本。内定をいただいて以降は、運転免許の取得など、実際に働くうえで必要なスキルを磨いています。

関連リンク

 

PAGE TOP