法学部

法学科

  • 法学部
  • 法学科
  • DEPARTMENT OF LAW
法学科

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
西田 英一
教授

法社会学

生活と法の関わりの実際を、フィールドワークを通じて明らかにする

前田 忠弘
教授

刑事政策・少年法

司法と福祉の協働による、安心、安全な共生社会の創造について検討する

中井 伊都子
教授

国際法

模擬裁判を通じて国際紛争への国際法の適用の可能性を検討する

前嶋 京子
教授

会社法

会社法の研究(取締役・執行役・監査役の責任について)

金ムンスク
教授

国際私法

近時社会の国際化の進展に伴い生じる法的問題の解決について、国際私法上の論点を検討

山本 真知子
教授

会社法

会社法について具体的な事例を題材に理解を深めていく

池田 佳隆
教授

国際政治学

現代の国際社会の諸問題の考察

桑岡 和久
教授

民法(消費者契約)

契約や相続など、日常の生活にも関わる民法の問題を扱う

住田 英穂
教授

民法(財産法)

財産法の重要論点について深く掘り下げ判例を分析・批評し、民法学史上、重要な論文に接していく

阪上 眞千子
教授

西洋法史

ヨーロッパの法と歴史

金丸 義衡
教授

民法(契約責任)

財産法の重要問題について、判例の分析および主要学説などの検討を行う

田中 誠人
教授

民事手続法

民事訴訟法を中心とした判例および論点についての解釈論的研究

櫻井 智章
教授

憲法

憲法の主要問題について、判例・政府見解に即して検討する

岡森 識晃
教授

行政法、環境法

環境問題を法的視点から分析する

笹倉 香奈
教授

刑事法(刑事訴訟法)

刑事訴訟法の主要な論点・判例を検討する

小畑 俊太郎
教授

西洋政治思想史

政治をめぐる諸問題を歴史的かつ哲学的に考察する

濱谷 和生
教授

経済法

-

山田 純子
教授

会社法

-

平山 幹子
教授

刑法

-

早瀬 勝明
教授

憲法

-

森永 真綱
准教授

刑法総論・各論全般

刑法の判例・学説を分析する

平野 淳一
准教授

政治学(地方政治)

日本の首長選挙の分析

篠原 永明
准教授

憲法

憲法の主要問題に関する学説の分析

尾原 宏之
准教授

日本政治思想史

日本政治の特質と問題を歴史的な視点で検討する

小舟 賢
准教授

行政法

社会問題を読み解きながら、私たちの生活における行政法との関係を考える

橋口 祐介
准教授

民法

-

益澤 彩
講師

民法

民事に関する重要判例の研究

ゼミナール紹介

小畑俊太郎ゼミ
政治をめぐる諸問題を歴史的かつ哲学的に考察する

既成の価値観にとらわれず、
政治問題を自分の頭で考える。

政治をめぐる諸問題を歴史的かつ哲学的に考察する
わたしの専門は近代イギリスの政治思想史ですが、ゼミでは一人ひとりが自分のテーマについて論文や文献を読み解き、問題点を発表して全員参加のディスカッションをおこないます。自分が興味のある国の歴史や政治について調査し、プレゼンすることを繰り返すうちに、異文化への理解を深め、なにより自分の頭で考える習慣が身につきます。既成の価値観にとらわれず、それを見つめなおすことに楽しさを感じる人に参加してもらいたいゼミです。
小畑俊太郎ゼミ
田中誠人ゼミ
民事訴訟法を中心とした判例
および論点についての解釈論理的研究

原告と被告。対立する立場から、
柔軟な視点の重要性を学ぶ。

民事訴訟法を中心とした判例および論点についての解釈論理的研究
ゼミの前期は、学生たちが自主的に民事訴訟の判例を選び、議論や結果について調べて報告をします。後期は、実際の判例をもとにした事案を、被告と原告の立場にわかれて学生がディベートします。被告と原告では根拠とする学説なども異なり、自分の依頼者を有利にするにはどういう理論構築が必要かを考えるわけです。絶対的な正義が存在しない民事法のなかで、柔軟な視点をもちつつ自分なりの価値観も身につけてほしいと思っています。
田中誠人教授
STUDENT VOICE
自由に学ぶことが許された、法学部の柔軟なカリキュラム。
自由に学ぶことが許された、
法学部の柔軟なカリキュラム。
小郷 航輝さん 4年次兵庫・私立甲南高校 出身

小郷 航輝さん 4年次
兵庫・私立甲南高校 出身

高校時代の先輩に「甲南大学はユニークな先生が多い」と聞いていたのですが、まさにその通りでした。英語集中コースを選択したら、担当の先生から18世紀のイギリス政治思想史の原典を読む勉強会に誘われ、これが国際政治にめざめるきっかけに。第2外国語で履修したフランス語の先生からは、語学だけでなくフランス政治も教わることができたので、フランスのトゥール大学へ短期留学もしました。国際政治という観点からは、語学も歴史も経済もひとつにつながるんです。自分の興味や関心に沿って、自由にカリキュラムを組み立てられることも法学部の魅力のひとつだと思います。
1年次 ▶▶▶
英語から国際政治と出会う
法学の概論とともに英語集中コースで週5回も英語学習。英語が好きなことを知った先生からイギリス政治思想史の原典を読む課外授業に誘われました。
2年次 ▶▶▶
フランスや中東などにも広がる興味
第2外国語として学んだフランス語が好きになり、週4回はフランス語と中東アジア史の講義を受講しました。
3年次 ▶▶▶
さまざまな関心が中東政治に集約
国際政治のゼミで中東アジアについて研究。歴史をたどれば英仏の政治が現在の中東問題の要因であることを知り、いままでの学びがつながりました。
4年次 ▶▶▶
あらためて実定法を学ぶ日々
3年次までは自分の興味・関心を優先して時間割を組み立てていたので、民事訴訟法などをあらためて履修しました。

関連リンク

PAGE TOP