知能情報学部

知能情報学科

  • 知能情報学部
  • 知能情報学科
  • DEPARTMENT OF INTELLIGENCE AND INFORMATICS
知能情報学科

各研究室紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
田中 雅博
教授

人工知能、深層学習、認識

画像センサーを用いた動作認識

森元 勘治
教授

幾何学、トポロジー

ひも結びの数学への初等的入門

渡邊 栄治
教授

人間の動作の分析

人間の動作 (読み書き話す聞くなど) と理解度や興味の関係を分析

若谷 彰良
教授

高速な計算の仕組みと並列処理

高性能計算のためのアクセラレーション技術と並列プログラミング

高橋 正
教授

計算代数、数学教育

代数学における計算代数の理論と応用、数学教育におけるコンピュータの効果的活用

灘本 明代
教授

AI(人工知能)、データサイエンス、データ工学

SNS解析、感情分析、漫才ロボット(台本生成)

北村 達也
教授

音声科学、音響信号処理

ボイストレーニング支援技術、声優の音声、音響バーチャルリアリティ、漫才ロボット(音声)

田村 祐一
教授

バーチャルリアリティ、可視化

バーチャルリアリティ

小出 武
教授

組合せ最適化、応用数学

最適化によるスケジュール自動立案

関 和広
教授

AI(人工知能)、データサイエンス

テキストアナリティクス

前田 多章
准教授

脳科学、睡眠健康科学、認知神経心理学

睡眠が記憶に及ぼす影響の心理生理学的実験による評価・分析、睡眠・健康ソリューションの研究開発および生体情報処理技術を用いたその評価

阪本 邦夫
准教授

3次元画像工学、メディアデザイン

3次元画像工学

和田 昌浩
准教授

カオス、複雑系、認証、セキュリティ

カオス、非線形力学

新田 直也
准教授

ソフトウェア工学、ソフトウェア解析

ソフトウェア基礎理論、ソフトウェア工学

梅谷 智弘
准教授

AIロボット、インフラ点検ロボット、空間知能化

ロボティクス、漫才ロボット(ロボットシステム)

永田 亮
准教授

AI(人工知能)、自然言語処理、計算言語学

試験問題の自動採点、文章の自動生成、対話システム

山中 仁寛
准教授

ヒューマンインタフェース

ユーザ体験と感性を考慮したシステムのデザイン

鎌田 十三郎
准教授

クラウド・エッジコンピューティング

情報通信ネットワーク・大規模情報システムを実現するための基盤技術やプログラミングモデル

研究室紹介

新田 直也 准教授
ソフトウェア工学

エンジニアとしてすぐにでも起業できる技術と開発プロセスを学ぶ。

ソフトウェア開発の技術的な側面に焦点をあて、企業に入ってすぐにエンジニアとして役に立つ実践的な技術と、すぐに開発に参加できるよう開発プロセスも学びます。ゼミの前半では技術習得および問題意識の喚起を目的にゼミ生全員が参加するソフトウェア開発を実施。後半では個々で主体的に研究テーマに取り組みます。
新田 直也 准教授
梅谷 智弘 准教授
ロボティクス

人間とロボットがともに活躍する新しい社会システムを生み出す。

ロボットが活躍する社会を実現するには、ロボットそのものについて考えるだけでなく、周辺の環境も考慮する必要があります。ロボットを最大限活用できる新しい社会システムの創造がわたしたちの研究テーマ。ロボットが受け入れられるには、どのようなシステム・サービスが必要なのか。ロボットとヒトが共生するより良い社会の実現が目標です。
梅谷 智弘 准教授
STUDENT VOICE
大学で学んだヒューマンセンシングの知識を
生かして自動運転技術の開発に挑む。
小林 賢司さん 2年次 兵庫県・私立甲南高等学校 出身

小林 賢司さん
大学院自然科学研究科修士課程
知能情報学専攻2年次
兵庫・私立甲南高等学校 出身

高校生の頃からAIに興味があったので、オープンキャンパスでの知能情報学部との出合いは衝撃的で、「ここしかない」と思うように。入学してからは、人の動きをセンサーで計測し、評価するヒューマンセンシングを研究。企業や他大学との共同研究も活発で、常に最先端の技術・情報にふれることができました。内定先では自動運転技術の開発に携わります。大学で得た知識を生かして社会に貢献するのが目標です。
1年次 ▶▶▶
最先端の技術を幅広く学び、本当に興味のある分野を探していました。印象的だったのはアルゴリズムの考え方を学んだ授業。これ以降の全ての学びの基礎になりました。
2年次 ▶▶▶
人工知能に関連するさまざまなコースの授業を取るなかで、ヒューマンセンシングと出合いました。社会に役立つビジョンが見え、最も興味をそそられました。
3年次 ▶▶▶
2年間学んださまざまな授業のなかで最も興味を持ったヒューマンセンシングを深めることに。高校生の頃から憧れていた研究の第一歩を踏み出しました。
4年次 ▶▶▶
同級生や指導教員、他大学学生、企業の技術者等が一丸となって進める共同研究にも参画。チームマネジメントの重要性も学ぶことができました。

関連リンク

PAGE TOP