甲南大学学生部 Konan University Student Affairs Section

インフルエンザに注意しましょう

≪インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?≫
普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
一方、インフルエンザは、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られますが、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。高齢者が罹ると重症化しやすく肺炎などの合併症を併発することもあるので十分な注意が必要です。

 

≪インフルエンザの予防方法は?≫
①外出後の手洗い、うがい
手洗いは、手指など身体に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、うがいは口の中を洗浄します。
これは、あらゆる感染症の予防に共通するので、普段から習慣をつけましょう。
正しい手の洗い方

 

②適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザに罹りやすくなります。
特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な湿度(50-60%)を保つことも効果的です。
また、外出時のマスク着用は、鼻やのどの乾燥を防ぎ、保湿に役立ちます。

 

③十分な休養と栄養摂取
からだの抵抗力を高めるために寝不足や過労は避けて、十分な休養と栄養を摂りましょう。
規則正しい食事・栄養バランスのとれた食事を心がけて下さい。

 

④咳エチケットを守りましょう
咳、くしゃみをする時には、インフルエンザの蔓延防止のためにも、咳エチケットを守りましょう。
咳やくしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れて下さい。鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てるようにして下さい。
咳をしている人に、マスクの着用をお願いしましょう。マスクを持っていない場合は、各キャンパスの医務室もしくは保健室、および理工学部・知能情報学部事務室でマスクを配布しています。

咳エチケット

 

⑤インフルエンザにかかったらどうすればよいのですか?
自分のからだを守り、他の人にうつさないために、早めに医療機関を受診しましょう。(電話で受診について相談して下さい。受診の際は、マスクを忘れずに!)。
安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。水分補給も忘れずに。お茶やスープなど飲みたいものでかまいません。
学校保健安全法では、「学校において予防すべき感染症」に罹患した場合の出席停止の期間の基準が定められています。インフルエンザは、学校感染症第2種に該当し、出席停止期間は、発症した後5 日を経過し、かつ、解熱した後2 日を経過するまで(※発症日を0日目としてカウント)となっています。
治癒して登校する場合には「感染症登校許可証明書」を医療機関で記入してもらい、まずは医務室に持参して下さい。医師の証明がないものは受け付けられませんので、注意して下さい。
本学では公に認められた公欠制度はありません。授業を欠席した場合は、担当教員に感染症登校許可証明書を提示して下さい。ただし、取り扱いは担当教員の判断によります。

インフルエンザ出席停止期間

Updated: 2017年11月25日 — 16:36
甲南大学 学生部 © 2018
Top