文学部

英語英米文学科

  • 文学部
  • 英語英米文学科
  • DEPARTMENT OF ENGLISH LITERATURE AND LANGUAGE
英語英米文学科
文化や歴史まで理解することで、
より実践的な英語を身につける。

単語や文法だけでなく、背景となる歴史や文化も理解することで
身につく本物の語学力。 社会で、世界で活躍するために、
英語というコミュニケーションツールを使いこなすことができる人材を育てます。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
秋元 孝文
教授

現代アメリカ文学およびアメリカ文化

アメリカの現代小説や文化を通して
アメリカ社会をとらえる

MARTIN Andrew T.
准教授

音韻論、心理言語学

言語の音韻規則がどのように
構成されているかを検討する

井野瀬 久美惠
教授

ヴィクトリア朝〜第一次大戦の大英帝国の文化史

文化を中心に、イギリスの
過去と現在を対話させる

岩井 学
教授

イギリスの文学と文化

ピータ・パン そして/あるいは大英帝国

杉浦 裕子
准教授

イギリス文学、シェイクスピアを中心としたエリザベス朝演劇

シェイクスピアやその他の英国演劇を原文で味わう

DUFFIELD Nigel G.
教授

言語と認知、文法理論、言語横断的多様性

言語によってどのような異なる特徴があるか、そしてそれが第一・第二言語習得にどのように影響を与えるか

中谷 健太郎
教授

意味論、心理言語論

言葉がどのような概念で
構成されているかを検証する

浜本 隆三
講師

アメリカの文学と文化

19世紀米国人作家マーク・トウェイン研究

福島 彰利
教授

英語音声学、韻文と散文のリズム、二次強勢の機能

英語の音声を音声学、音韻論の
両側面からどのように記述できるか

安武 留美
教授

アメリカ文化

マイノリティの歴史的体験を通して
アメリカの社会・権力構造を考察する

ゼミナール紹介

岩井 学 教授
イギリス文学

身近なイギリス文学を多面的に読み解き新たな発見と出合う。

わたしたちが研究テーマに取り上げるのは、身近なイギリス文学です。ドラキュラやピーター・パン、くまのプーさん等。いずれも有名なキャラクターですが、一般的なイメージと原作は大きく違います。このような違いを時代背景と重ねて考察し、ディスカッションを通して知的好奇心を満足させるのが醍醐味です。
岩井 学 教授
MARTIN Andrew T. 准教授
英語音韻論

何気なく使う言葉の発音に隠された普遍的なルールを探る。

普段何気なく使っている言葉に存在する「音の規則」を明らかにするのが音韻論。身の回りの事例からデータを集め、隠された規則性を探し出す謎解きのような面白さがあります。日本語・英語をはじめとし、学生が興味を持った世界中の言語を研究対象にしています。多様な言葉に共通する普遍的なルールを探し求め、研究をおこなっています。
MARTIN Andrew T. 准教授
STUDENT VOICE
多様な出会いに刺激を受けながら
学びを深める毎日がとても楽しい。
上西 大智さん 神戸市立六甲アイランド高等学校出身

上西 大智さん 4年次
神戸市立六甲アイランド高等学校出身

オープンキャンパスに参加した際に印象的だったのは、人同士の距離の近さ。いろいろな人と出会い、多様な経験ができると思い、甲南大学に決めました。研究テーマは、入学前から興味を持っていたイギリスの障がい者福祉。なかでも、誰もが快適に暮らせる社会モデルの実践を選びました。活発なディスカッションを通して多様な考え方に刺激を受けながら、自分の興味を納得いくまで追求する毎日はとても充実していたと感じます。わたしならではの経験を生かして、情報通信を通して障がい者の生活を豊かにすることがこれからの目標です。
1年次 ▶▶▶
文学作品についてみんなで論じたり、共通教育科目で他学部の学生と協力してひとつのプロジェクトに取り組んだり。高校までとはまったく違う毎日は驚きの連続で、大学に通うのがとても楽しかったです。
2年次 ▶▶▶
入学の決め手となったオープンキャンパスで、自分も大学の魅力を伝えたいと思いスタッフとして参加。受験相談等を通して、対話力が身につきました。
3年次 ▶▶▶
経済学部との合同ゼミの実行委員会に参画し、発表会の司会も務めました。特に努力したのは、学部間の意見のすり合わせ。多様な考え方を綿密に共有し、一丸となって進めることができました。
4年次 ▶▶▶
英語とドイツ語を1年次から継続的に学び続け、良い成績を修めたことが評価され、外国語科目優秀賞を受賞しました。楽しみながら取り組んだ言語学習が評価され、とても嬉しかったです。

関連リンク

PAGE TOP