文学部

英語英米文学科

  • 文学部
  • 英語英米文学科
  • DEPARTMENT OF ENGLISH LITERATURE AND LANGUAGE
英語英米文学科
文化や歴史まで理解することで、
より実践的な英語を身につける。

単語や文法だけでなく、背景となる歴史や文化も理解することで
身につく本物の語学力。 社会で、世界で活躍するために、
英語というコミュニケーションツールを使いこなすことができる人材を育てます。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
秋元 孝文
教授

現代アメリカ文学およびアメリカ文化

アメリカの現代小説や文化を通して
アメリカ社会をとらえる

MARTIN Andrew T.
教授

音韻論、心理言語学

言語の音韻規則がどのように
構成されているかを検討する

井野瀬 久美惠
教授

ヴィクトリア朝〜第一次大戦の大英帝国の文化史

文化を中心に、イギリスの
過去と現在を対話させる

岩井 学
教授

イギリスの文学と文化

ピータ・パン そして/あるいは大英帝国

大谷 祐二
講師

アメリカのモダニズム文学

20世紀初頭のモダニズム小説をジェンダー/セクシュアリティの観点から読む

杉浦 裕子
准教授

イギリス文学、シェイクスピアを中心としたエリザベス朝演劇

シェイクスピアやその他の英国演劇を原文で味わう

DUFFIELD Nigel G.
教授

言語と認知、文法理論、言語横断的多様性

言語によってどのような異なる特徴があるか、そしてそれが第一・第二言語習得にどのように影響を与えるか

中谷 健太郎
教授

意味論、心理言語論

言葉がどのような概念で
構成されているかを検証する

浜本 隆三
講師

アメリカの文学と文化

19世紀米国人作家マーク・トウェイン研究

福島 彰利
教授

英語音声学、韻文と散文のリズム、二次強勢の機能

英語の音声を音声学、音韻論の
両側面からどのように記述できるか

ゼミナール紹介

岩井 学 教授
イギリス文学

身近なイギリス文学を多面的に読み解き新たな発見と出合う。

わたしたちが研究テーマに取り上げるのは、身近なイギリス文学です。ドラキュラやピーター・パン、くまのプーさん等。いずれも有名なキャラクターですが、一般的なイメージと原作は大きく違います。このような違いを時代背景と重ねて考察し、ディスカッションを通して知的好奇心を満足させるのが醍醐味です。
岩井 学 教授
MARTIN Andrew T. 教授
英語音韻論

何気なく使う言葉の発音に隠された普遍的なルールを探る。

普段何気なく使っている言葉に存在する「音の規則」を明らかにするのが音韻論。身の回りの事例からデータを集め、隠された規則性を探し出す謎解きのような面白さがあります。日本語・英語をはじめとし、学生が興味を持った世界中の言語を研究対象にしています。多様な言葉に共通する普遍的なルールを探し求め、研究をおこなっています。
MARTIN Andrew T. 教授
STUDENT VOICE
厳しい指導は学生に真剣に向き合ってくれていることの証。
授業の度に成長を実感できています。
谷口 日菜子さん 徳島県立池田高等学校出身

谷口 日菜子さん 4年次
徳島県立池田高等学校出身

「人の距離の近さ」に魅力を感じて入学を決めた甲南大学。4年間を振り返って、その選択は正しかったと強く思います。ゼミでは難易度の高い英語の論文を読みこみ、議論をすることが求められます。指導は大変厳しかったですが、だからこそ教員が学生に向き合う真剣さを感じられました。教員と学生の双方が本気で取り組む授業を通して、自らの成長をはっきりと実感。卒業後も何事にも一生懸命取り組み、成長し続けたいです。
1年次 ▶▶▶
毎回異なる英語の長文を読み、議論をするゼミに配属されました。必ず議論に参加し、自分の考えを述べることが要求される厳しい指導のもと、苦労しながらも成長を実感。新たな学びで毎日が充実していました。
2年次 ▶▶▶
テニスサークルで副会長に選ばれ、サークル活動に没頭した1年間でした。周りのメンバーに支えられながら、チーム一丸となってひとつの目標に向かって行動することの大事さに気づかされました。
3年次 ▶▶▶
経済学部との合同ゼミでリーダーに指名されました。学んだのは多様な視点を取り入れることの重要性。馴染みのない、経済学部の視点も取り入れ、ユニークな発表に結実させることができました。
4年次 ▶▶▶
コロナ禍の悪影響を一番受けているのが女性という報道に興味を持ち、女性と貧困の関係を研究テーマに。英国ヴィクトリア朝のお針子の女性と現代の女性を重ね合わせ、解決の糸口を見つけたいです。

関連リンク

 

PAGE TOP