文学部

人間科学科

  • 文学部
  • 人間科学科
  • DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES
人間科学科
深く人間を理解する存在として活躍できる人材育成が目標です。

心理学の分野では認定心理士および認定心理士(心理調査)の資格に対応しています。「博物館学芸員」資格や、中学校(社会)、高等学校(地理歴史・公民)教員免許の資格を取得することもできます。大学院への進学もサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
池上 知子
特任教授

社会心理学 社会的認知と社会的アイデンティティ 偏見と差別 

対人関係や集団行動の背景にある心理について学び研究しながら、社会と個人のかかわりについて考えていく。

大澤 香織
教授

臨床心理学、健康・医療心理学、特に認知行動療法

認知行動療法の発想とその応用について学び、心身の健康に関する諸問題の理解と援助について研究する

大西 彩子
教授

臨床心理学、社会心理学、教育心理学

児童期・青年期の心の問題について、先行研究を調べながら考えていく

川田 都樹子
教授

近・現代の芸術・文化論

現代の芸術や文化を体験的に学びながら、各自がテーマを決めて研究発表し、全員でディスカッションする

北川 恵
教授

臨床心理学、人格発達理論、親子関係の理解と支援

親子関係と人格や心の健康との関連について考えたり、親子関係支援について学ぶ

西 欣也
教授

美学・芸術学、哲学思想史

芸術論、現代文化論、哲学思想の領域からさまざまな問題を取り上げ、価値や現実感覚とその歴史的社会的条件との関係を論じる

野崎 優樹
講師

人格心理学、教育心理学、社会心理学

「感情知性」をはじめとする、感情と対人能力の個人差および認知過程を、実証研究を通じて検討する

服部 正
教授

美術史、芸術学、芸術と福祉

芸術とその隣接領域(福祉、教育、メディアなど)の関係を探ることで、表現行為の芸術的/社会的意味を考察する

福井 義一
教授

臨床心理学、身体志向のトラウマ・ケア

トラウマの影響とトラウマからの回復について科学的心理学の研究法を用いて検討する

森 茂起
教授

児童虐待等の被害者への心のケアに関する研究

子どもの育ちと被害体験に焦点を当てて、社会問題の分析を試みる

ゼミナール紹介

大澤 香織 教授
心理学

心の問題と健康についての学びを通して幸せな人生をおくるヒントを探る。

ストレスやトラウマ等、わたしたちの身近なところで起こっている「心の問題と健康」を研究テーマとしています。困難に直面した時、その状況をどのように捉え、対処(行動)するかで、感じるストレスや心の状態は変わってきます。わたしが専門とする認知行動療法では、この点に着目して心の問題や健康の改善をはかります。その発想や理論に基づき、健康で幸せな人生を歩んでいくためにどうしたらよいかを追究しています。
大澤 香織 准教授
服部 正 教授
芸術学

表現活動を実践的に学び、現代社会のさまざまな問題を考える。

わたし自身の専門分野は美術史、芸術学で、そのなかでも特に芸術と福祉の関係について研究しています。ゼミではそれにこだわらず、広く人間の表現活動を実践的に学ぶことを通じて、現代社会のさまざまな問題を考えます。芸術は体験してみないとわからないことが多いので、美術館やアーティストのアトリエ等、ゼミではさまざまな現場に出向いてアクティブな授業をおこなっています。

川田 都樹子教授
STUDENT VOICE
自分の考えを整理し、発信していくためには
相手の発表を聞くことが肝心と知った4年間。
坂上 帆乃香さん 4年次
兵庫・西宮市立西宮高等学校出身

坂上 帆乃香さん 4年次
兵庫・西宮市立西宮高等学校出身

人の発表や先生の講義を聞いて質問を考えるという機会がとても多かった4年間。質問を考えるには、相手の話を理解して集中して聞く必要があります。4年次には児童養護施設や高校での実習に行くたびに、体験した内容と感じたこと、考えたことなどを発表し、自分の伝えたかったことがきっちり伝わっているという手ごたえを感じました。将来は公認心理師として活躍したいと考えながら、心理について興味が今も広がり続けています。今後は、大学院で本当にやりたいことを見つけたいと思っています。
1年次 ▶▶▶
大学の授業を受けながらも、バドミントンのサークルやバイト等居心地のよいキャンパスライフを過ごしていました。
2年次 ▶▶▶
サークルの中心メンバーになり、毎日サークル活動漬けでしたが、学びたいものを見つけたいと心理学検定も受験し、見事合格。
3年次 ▶▶▶
公認心理師をめざしたいと一念発起し、大学院への進学を決意しましたが勉強不足を痛感。TOEIC®も含めて改めて学び直しの期間とし、ひたすら勉強に取り組みました。
4年次 ▶▶▶
大学院の合格に向けて、研究計画書等資料作成の日々。合格したいまは、卒業論文に本腰を入れつつも、心理学関係の資格取得をめざしています。

関連リンク

 

PAGE TOP