文学部

日本語日本文学科

  • 文学部
  • 日本語日本文学科
  • DEPARTMENT OF JAPANESE LITERATURE AND LANGUAGE
文学部 日本語日本文学科
さまざまな分野のプロフェッショナルが、
日本語・日本文学の多元宇宙にみなさんを案内します!

日本語日本文学科では、8人の専任教員が、学問世界への水先案内人となります。1年次の「基礎演習」から、2,3年次の「演習I・II」、4年次の「研究演習」まで、さらに卒業論文の作成についても、一人ひとり懇切に指導します。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
佐伯 暁子
准教授

日本語学、日本語文法の史的研究、現代日本語文法

現代日本語の語彙研究

田中 貴子
教授

平安時代から室町時代にかけての散文学。中世仏教文学

説話、御伽草子を読む

田中 雅史
教授

近代文学の迷宮的イメージと精神分析(対象関係論)の比較

現代日本文学と精神分析モデルの比較研究

塚本 章子
教授

日本近代文学。樋口一葉を中心とする文学・思潮の研究

女性文学の研究、小説の注釈研究など

友田 義行
准教授

日本近現代文学、文学と映画の横断的研究、国語科教材研究

20世紀短編小説の研究

野々口 ちとせ
准教授

第二言語としての日本語の教育と学習。言語生態学。

第二言語としての日本語の教育と学習。在日外国人の言語使用の実態。

廣川 晶輝
教授

『万葉集』を中心とした日本上代文学の研究

『万葉集』の研究、和歌文学の研究

ゼミナール紹介

友田 義行 准教授
日本近現代文学、映像研究

歴史的な文脈を踏まえて小説を読むことでわたしたちが生きる世界を学ぶ。

20世紀に書かれた文学作品を、時代背景の調査や、構造分析に基づいて精読します。時には方言やアイヌ語等の言語、植民地や夢の世界といった場所、映像や美術等の領域にも踏み込みつつ、わたしたちが生きる「日本」「近現代」「文学」について理解を深めます。学生は各自の関心に基づいて作品を選び、調査と考察を重ねて、研究発表と討議に挑みます。
友田 義行 准教授
佐伯 暁子 准教授
現代日本語の語彙研究

無意識に使っている言葉を見つめ直すことで見えてくる日本語の面白さ。

身近な日本語を題材に、学生が興味をもつテーマに沿って研究をおこないます。辞書から漫画やポピュラー音楽の歌詞まで、幅広い研究対象を語彙の観点から分析します。普段、無意識に使っている日本語について立ち止まって考えることで、課題発見能力を育むと同時に、研究成果を論理的に伝える説明能力や文章力も鍛えます。
佐伯 暁子 准教授
STUDENT VOICE
さまざまな切り口で日本語を学ぶなかで
「他者に伝える力」が磨かれました。
丘 えりかさん 4年次 大阪・大阪市立南高等学校 出身

丘 えりかさん 4年次
大阪・大阪市立南高等学校 出身

日本文学と日本語学の両方を学べるのが日本語日本文学科の魅力。古典に興味をもちながら、現代日本語を学問的に学びたいと思っていたわたしにうってつけの学科でした。台湾実習や留学生向けの日本語教室でのボランティア等の経験は、普段何気なく使っている日本語を改めて見つめ直すきっかけに。日本語を教える、研究内容を伝えるという経験を通して磨かれたコミュニケーション力を今後も生かしていきたいです。
1年次 ▶▶▶
日本語を「教える」ことに興味をもち、留学生向けの日本語教室にボランティアで参加。中心となって教室を運営する先輩方の姿に感銘を受けました。
2年次 ▶▶▶
ゼミがスタート。古典の現代語解釈をチームで進めていきます。学生同士や教員との距離が近く、白熱する議論のなかで新しい考え方に出合うことがとても刺激的でした。
3年次 ▶▶▶
台湾実習に参加。台湾の東海大学に1週間滞在し、現地の学生に日本語を教えたり、日本文化を紹介したりしました。異文化交流を通して、日本語の奥深さを再認識しました。
4年次 ▶▶▶
今昔物語集を卒業研究のテーマに設定。人間と人間以外の婚姻を描いたエピソードを取り上げ、民俗学的なアプローチも交えて、研究を進めています。

関連リンク

PAGE TOP