文学部

日本語日本文学科

  • 文学部
  • 日本語日本文学科
  • DEPARTMENT OF JAPANESE LITERATURE AND LANGUAGE
文学部 日本語日本文学科
ことばと文学。
ふたつの学びから日本語による理解力と表現力を磨く。

考えるための、伝えるための道具であることばは、理解力と表現力の基盤です。日本語を学問として探究し、日本語で表現された文学を深く理解する。その2つの学びから日本語を磨く学科です。

POLICY 日本語日本文学科で身につく力

  • 1

  • 教養ある社会人として責任感と倫理観を持ち、現代社会の発展に貢献し、
    自らを律し、他者と協調・協働する意志と能力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 世界に発信しうる、日本語と日本文学に関する知識と常識。

  • 5

  • 自らの考えを分かりやすく表現し、他者に伝える力。

  • 6

  • 的確な問いをたてて問題解決を図る意志と能力。

立花 七海さん 4年次 大阪・大阪府立三島高等学校出身
対話を軸に展開する授業を通して
磨いた多面的な視野と深い思考力。
甲南大学との出合いは中学生の時。真剣に生徒に向き合い、寄り添ってくれた国語の先生が卒業生だったのです。尊敬する先生のようになりたいと思い、入学を決めました。演習では、万葉集に描かれた女性の人物像について研究しています。少人数のクラスで教員との対話、学生同士の対話を軸に展開する授業を通して、これまで考えたこともなかった多様な考え方と出合うことができました。学生生活を通して身につけた、何事に対してもさまざまな視点から深く考え抜く姿勢を教員になっても大事に持ち続けたいです。
立花 七海さん 4年次
大阪・大阪府立三島高等学校出身
Methods

成長を引き出す甲南大学の教育
演習

文学を味わい、楽しみながら
アカデミックなスキルを培う。

2年次からはじまる演習では、興味のある分野を専門とする指導教員の研究室に所属。研究テーマを見つけ、自らの視点から論じるためのスキルを磨きます。作品における表現の分析方法や分析結果のプレゼンテーションといった、専門的な研究をおこなうための基礎力を実践的に修得。また、技術的な面だけでなく、作品を読むことの「楽しさ」を知ることも大きな目標のひとつです。少人数の学習環境で、教員と学生および学生同士のインタラクティブな交流を通して、アカデミックに文学を味わう「深さ」を体験します。

PICK UP

芦屋市谷崎潤一郎記念館訪問
(塚本章子ゼミ)

文学は読むだけではなく、
足で歩いて目で見て、
全身で感じるもの

読書会をおこない、谷崎潤一郎の作品にふれた後、芦屋市谷崎潤一郎記念館を訪問します。実際に原稿や初版本、当時使った机、衣服等を目にすると、文章で理解していた以上にひとりの作家の息遣いを感じることができます。阪神間の街で谷崎潤一郎が生き、そこから生まれた言葉だと実感できます。文学は読むだけではなく、全身で感じるものであり、作品を研究する際にフィールドワークを始めるきっかけにもなっています。

文学部日本語日本文学科4年次
髙橋 梨華子さん(兵庫県立星陵高等学校出身)

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(国語)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(国語)
資格 日本語教員養成課程
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP