文学部

社会学科

  • 文学部
  • 社会学科
  • DEPARTMENT OF SOCIOLOGY
社会学科
人・社会・文化を知りたいあなたをサポートします

本学科には、社会学・文化人類学を中心に社会思想・表象文化論など、人・社会・文化の研究を専門にする教員がそろっています。学生のみなさんたちの研究テーマは、音楽、教育、女性の生き方、観光、入浴文化、お祭りなど、多岐にわたりますが、1学年100人程度というアットホームな学科ですので、それぞれが所属するゼミナールの枠にとれわれず、個性豊かな10人のスタッフがこうした多様な関心を引き出し、研究をサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
阿部 真大
教授

労働社会学・家族社会学・社会変動論

戦後社会のゆらぎのなかで、労働、文化、家族の変容を考える

帯谷 博明
教授

環境社会学、地域社会学、市民参加論

地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、フィールドワークと事例を元に考える

栗田 宣義
教授

文化社会学、社会運動論、理論社会学

ファッション、メイク、ポップカルチャーを社会学的に考える

菅 康弘
教授

都市と地域の文化論、視覚・風景・場所へのまなざし、人の移動と空間の選択

今、この時代の’場所’と’居場所’を考える

関 めぐみ
講師

ジェンダーとセクシュアリティの社会学、スポーツとジェンダー研究

マイノリティ(社会的少数者)の人権問題について考える

田野 大輔
教授

歴史社会学・メディア史、とくにナチスの大衆宣伝の研究

現代社会におけるメディアと文化にかかわる問題を、さまざまな資料と調査を通して考える

中里 英樹
教授

家族・人口・働き方の過去・現在・未来

ジェンダー論および人口学をふまえて、日本と世界における個人・家族と働き方を考える

西川 麦子
教授

文化人類学、地域研究

「日常生活をとらえ直す」がテーマ、自分の居場所、視点などを考える

星 敦士
教授

計量社会学、社会ネットワーク研究

個人化する社会のなかで人々のつながりがもつ「支える力」について考える

松川 恭子
教授

文化人類学、南アジア地域研究

異文化理解、自文化理解について、様々なメディアを活用しながら考える

ゼミナール紹介

菅 康弘 教授
社会学:都市・地域・観光

街は多様な情報の集積地。たくさん感じて、たくさん語ってほしい。

‘でぃ〜ぷ’観光とも言えるのが、わたしたちの研究。数日間滞在し、住む人の眼差しと、観光する人の眼差しを持ちつつ、その街を自分の言葉で語る力を養います。街中を歩き回り、街の人達にインタビュー。写真と文章でフォトエッセイとして整理し、見たものを伝えるために、観光以上のものを自分で語ることができるようになるのが目標です。
菅 康弘 教授
西川 麦子 教授
文化人類学

他者と出会い、自文化を発見し、多様なメディアを使って伝える。

文化の多様性を知る学問です。普段の人とのコミュニケーションにおいても、他者と出会い自文化を知る機会はたくさんあります。暮らしに関わるモノ・コト、関係、制度に問いを見出し、一歩踏み出しさまざまな「現場」に触れる。その経験を、誰とどう共有するかを考えることも大切です。ゼミでは、「聴く力」を育み、「伝える力」を鍛えます。
西川 麦子 教授
STUDENT VOICE
自分を客観化し、相手と対面することで
相手のことがよく見える
大嶋 雅人さん 4年次 兵庫県・私立滝川第二高等学校出身

大嶋 雅人さん 4年次
兵庫県・私立滝川第二高等学校出身

社会学は「当たり前」を疑う学問。意識せずにおこなっている人間の行動を分析する科目を通して、行動や発言に人それぞれ異なる背景が表れていることを知りました。準硬式野球部で主将をした際に、一人ひとりの個性を把握しながらチーム作りができたのは、この経験のおかげ。その結果、2年連続で全国大会にも出場することができました。これからは商社マンとして世界を舞台に活躍するのが目標です。
1年次 ▶▶▶
準硬式野球部へ入部し、すぐにリーグ戦が始まりました。はじめは授業との両立に苦労しましたが、徐々に慣れることができました。
2年次 ▶▶▶
引き続き部活動に打ち込みながらも、授業にもしっかり出席。自分の学びたいことが明確になってきました。
3年次 ▶▶▶
部活動中心の日々が続きます。ゼミ活動で磨いたチームマネジメント力を生かして、2年連続で全国大会に出場できたことはわたしの誇りです。
4年次 ▶▶▶
コロナ禍でリーグ戦が中止に。意識を部活動から勉強へとしっかり切り替え、次のステージに向けた就職活動を経て卒論に取り組みました。

関連リンク

PAGE TOP