文学部

社会学科

  • 文学部
  • 社会学科
  • DEPARTMENT OF SOCIOLOGY
社会学科
人・社会・文化を知りたいあなたをサポートします

本学科には、社会学・文化人類学を中心に社会思想・表象文化論など、人・社会・文化の研究を専門にする教員がそろっています。学生のみなさんたちの研究テーマは、音楽、教育、女性の生き方、観光、入浴文化、お祭りなど、多岐にわたりますが、1学年100人程度というアットホームな学科ですので、それぞれが所属するゼミナールの枠にとれわれず、個性豊かな10人のスタッフがこうした多様な関心を引き出し、研究をサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
阿部 真大
教授

労働社会学・家族社会学・社会変動論

戦後社会のゆらぎのなかで、労働、文化、家族の変容を考える

帯谷 博明
教授

環境社会学、地域社会学、市民参加論

地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、フィールドワークと事例を元に考える

栗田 宣義
教授

文化社会学、社会運動論、理論社会学

ファッション、メイク、ポップカルチャーを社会学的に考える

菅 康弘
教授

都市と地域の文化論、視覚・風景・場所へのまなざし、人の移動と空間の選択

今、この時代の’場所’と’居場所’を考える

関 めぐみ
講師

ジェンダーとセクシュアリティの社会学、スポーツとジェンダー研究

マイノリティ(社会的少数者)の人権問題について考える

田野 大輔
教授

歴史社会学・メディア史、とくにナチスの大衆宣伝の研究

現代社会におけるメディアと文化にかかわる問題を、さまざまな資料と調査を通して考える

中里 英樹
教授

家族・人口・働き方の過去・現在・未来

ジェンダー論および人口学をふまえて、日本と世界における個人・家族と働き方を考える

西川 麦子
教授

文化人類学、地域研究

「日常生活をとらえ直す」がテーマ、自分の居場所、視点などを考える

星 敦士
教授

計量社会学、社会ネットワーク研究

個人化する社会のなかで人々のつながりがもつ「支える力」について考える

松川 恭子
教授

文化人類学、南アジア地域研究

異文化理解、自文化理解について、様々なメディアを活用しながら考える

ゼミナール紹介

菅 康弘 教授
社会学:都市・地域・観光

街は多様な情報の集積地。たくさん感じて、たくさん語ってほしい。

‘でぃ〜ぷ’観光とも言えるのが、わたしたちの研究。数日間滞在し、住む人の眼差しと、観光する人の眼差しを持ちつつ、その街を自分の言葉で語る力を養います。街中を歩き回り、街の人達にインタビュー。写真と文章でフォトエッセイとして整理し、見たものを伝えるために、観光以上のものを自分で語ることができるようになるのが目標です。
菅 康弘 教授
西川 麦子 教授
文化人類学

他者と出会い、自文化を発見し、多様なメディアを使って伝える。

文化の多様性を知る学問です。普段の人とのコミュニケーションにおいても、他者と出会い自文化を知る機会はたくさんあります。暮らしに関わるモノ・コト、関係、制度に問いを見出し、一歩踏み出しさまざまな「現場」に触れる。その経験を、誰とどう共有するかを考えることも大切です。ゼミでは、「聴く力」を育み、「伝える力」を鍛えます。
西川 麦子 教授
STUDENT VOICE
挑戦していくなかで見つけた自信が
めざす教師像実現の助けに。
敷谷 有美さん 4年次 兵庫・姫路市立姫路高等学校出身

敷谷 有美さん 4年次
兵庫・姫路市立姫路高等学校出身

大学では文学だけでなく心理学やメディア学等、自分の興味関心に応じた学びと多様な知識を得ることができ、大変満足しています。できるだけたくさん挑戦することを目標に過ごした4年間。「半年間のカナダへの留学」と「教職課程」を両立できたことは、大きな自信となりました。内定先の三幸学園では、1年目からクラス担任となり、学校の広報・教務・就職支援等、さまざまな業務に携わることができます。大学で身につけた「積極性」と「向上心」を強みに、生徒一人ひとりに寄り添える教員をめざしたいです。
1年次 ▶▶▶
一人暮らしだけでなく、バイトや教職課程、留学準備等人生で初めてのことづくしの1年間でした。まずは何事にもチャレンジしてみることからスタート。
2年次 ▶▶▶
前期にはカナダのバンクーバーへ半年間留学しました。期待以上の体験ができたのは、国際交流センターの職員に助けていただいたおかげだと感謝しています。
3年次 ▶▶▶
コロナ禍のなか、ひとりで過ごすことが多くなりましたが、リモートも含めて自分で工夫して時間を作りながらゼミ活動等に取り組みました。
4年次 ▶▶▶
教員実習では、初めて先生として教壇に立つことに。授業の準備等は大変でしたが、生徒と接することで改めて教員になりたいという思いを強くしました。

関連リンク

 

PAGE TOP