理工学部

物理学科

  • 理工学部
  • 物理学科
  • DEPARTMENT OF PHYSICS
物理学科

各研究室紹介

物理工学系

研究分野 教員名 研究テーマ
光物性分野
青木 珠緒 教授

有機半導体の光励起状態の研究

光エレクトロニクス分野
市田 正夫 教授

低次元系における非線形光学応答の研究

半導体分野

梅津 郁朗 教授

ナノ構造半導体の創成と再生可能エネルギー材料への応用

スピンエレクトロニクス分野
小堀 裕己 教授

スピンエレクトロニクスに関連した多機能デバイス材料の物性探索

物性理論分野

髙吉 慎太郎 准教授

レーザーによる動的現象・物性制御の理論的研究

電子物性分野
山﨑 篤志 教授

電子構造から新奇量子相や相転移の起源を解明

宇宙理学系

研究分野 教員名 研究テーマ
宇宙粒子物理分野
梶野 文義 教授

宇宙起源粒子の観測的・実験的研究

高エネルギー宇宙分野
山本 常夏 教授

宇宙の高精度観測と爆発現象の研究

宇宙核物理分野
宇都宮 弘章 教授

元素の起源、光核反応、核構造の研究

原子核物理分野
秋宗 秀俊 教授

極限状態における原子核の物性

宇宙物理分野
須佐 元 教授

初期宇宙での星・銀河の形成の理論的研究

天文学分野
冨永 望 教授

超新星・重力波・元素の起源

研究室紹介

宇宙理学コース 理論研究室
須佐 元 教授

徹底した理論の追求により
宇宙の星形成過程を解明する。

宇宙理学コース 理論研究室
宇宙の誕生から約1億年後、最初に誕生した星の状態や生成過程はどうだったのかを理論的に研究しています。物理学の知見をもとにコンピュータシミュレーションをおこない、最新の観測データなどと比べて宇宙の星形成活動を解明するわけです。また、2015年にブラックホール連星の合体時に発生した重力波が地球上ではじめて検出されましたが、そうした重力波の研究にもブラックホール連星形成過程の理論的研究で参加しています。
須佐 元 教授
物理工学コース 電子物性研究室
小堀 裕己 教授

電子の電荷とスピンを利用する
スピントロニクスを研究。

物理工学コース 電子物性研究室
この研究室では、物質の電気的性質しか利用してこなかったエレクトロニクスに磁気的性質も利用するスピントロニクスを研究。たとえば磁場によって変化する電気抵抗が巨大化する巨大磁気抵抗効果は高感度磁気センサーを可能にし、ハードディスクなどで応用されています。また、条件次第で磁石や金属、半導体に変化する多結晶の開発に研究室では成功しており、電気的にも磁気的にも変化するマルチフェロイクス材料も研究しています。
小堀 裕己 教授

関連リンク

PAGE TOP