文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
歴史観と将来を見通す洞察力を身につけます。

興味に応じて自らが設定したテーマを、自らが調べ、考え、発表する力を伸ばせるように少人数で編成されています。研究方法も、文献調査、フィールドワーク、インタビュー、アンケート調査まで多彩で、それらを支える情報教育や外国語教育にも力を入れています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
稲田 清一
教授

東洋史。近世・近代の中国の地域社会論と少数民族史

東アジアの歴史と文化

佐藤 公美
教授

西洋中世史。中世とルネサンス期イタリアとアルプス地域の政治社会史

西洋の古代・中世・近世の歴史と文化

佐藤 泰弘
教授

平安時代の貴族社会と都鄙関係

日本の古代史・中世史

髙田 実
教授

西洋近現代史。イギリス福祉史

ヨーロッパ近代現代の社会と国家

出口 晶子
教授

民俗・地理学。水辺の暮らしの民俗と景観研究

日本および周辺アジアの民族と地域文化

中辻 享
教授

人文地理学、日本・東南アジアの農村の暮らしと変化

日本および東南アジアの地誌

中町 信孝
教授

イスラーム中世史、アラブ大衆文化

イスラーム地域の歴史と文化

鳴海 邦匡
教授

歴史地理学。日本の地図史と環境史

さまざまな時代の人と環境(地域)の関わりを考える

東谷 智
教授

江戸時代の社会とその仕組み。史料の整理・調査論

日本の近世・近代における国家・社会・経済・文化

ゼミナール紹介

東谷 智 教授
日本近世史

歴史への理解が異文化理解につながる。本物に触れ、より深い理解を。

日本の歴史を学ぶことは、「異文化理解」を学ぶこと。同じ日本でも時代が違えば、考え方も生き方も大きく異なります。自分たちの常識とは異なる文化を理解するヒントを教えてくれるのが歴史を学ぶ面白さ。学生たちは本物に触れ、現地に赴き実体験するフィールドワークを通して、自らの関心に沿った学びを深めています。

稲田 清一教授
髙田 実 教授
イギリス近現代史

近現代イギリスの福祉政策の変遷を学び、より良い社会の作り方を考える。

19〜20世紀イギリスにおける福祉政策が研究テーマ。自助を基本とした社会が、国家福祉を発展させていく過程を明らかにします。過去に起こった事実を学ぶことは、現代日本の福祉のあり方を考える手助けになります。歴史との対話を通して、自らについて学び直すことがわたしたちの研究の醍醐味です。

中辻 亨教授
STUDENT VOICE
日本史一筋で学びに没頭。
コロナ禍でもやりたい研究が実現できた。
大岩あすかさん 4年次 兵庫県立三田祥雲館高校 出身

今田 雛さん 4年次
香川・香川県立坂出高等学校出身

とにかく歴史が好きで、歴史文化学科を選びました。1年目、概説で西洋史や地理等に幅広くふれるなかで歴史の面白さを再認識。日本史一筋で学びを深めました。厳しさのなかに優しさがあり、常に学生に寄り添ってくれる教授のおかげで、コロナ禍でも不自由なく研究でき、教員免許も取得することができました。卒業後は、学校に関わる人全員に良い環境を提供できる学校事務員になることが目標です。
1年次 ▶▶▶
中学生の頃から好きだった日本史の魅力を再確認しました。ゼミの教授との出会いもこの時。厳しい指導を通して、日本史の本当の面白さにふれたように感じ、ゼミの所属先を決めました。
2年次 ▶▶▶
教職課程が忙しくなります。ゼミは2、3年次生合同で実施。プレゼンテーションで先輩の研究の深さを目の当たりにしたことが、自分の研究のモチベーションにつながりました。
3年次 ▶▶▶
教職課程の実習で、1年間の学校ボランティアに参加。子どもと直接かかわる教員だけでなく、学校を支える縁の下の力持ちである事務員にも興味を持つようになりました。
4年次 ▶▶▶
奈良時代の女性天皇の人物像と、彼女にまつわる事件が社会に与えた影響を卒業研究のテーマに選択。最後の1年間で大好きな日本史について、思う存分研究することができています。

関連リンク

PAGE TOP