文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
歴史観と将来を見通す洞察力を身につけます。

興味に応じて自らが設定したテーマを、自らが調べ、考え、発表する力を伸ばせるように少人数で編成されています。研究方法も、文献調査、フィールドワーク、インタビュー、アンケート調査まで多彩で、それらを支える情報教育や外国語教育にも力を入れています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
佐藤 泰弘
教授

平安時代の貴族社会と都鄙関係

日本の古代史・中世史

髙田 実
教授

西洋近現代史。イギリス福祉史

ヨーロッパ近代現代の社会と国家

出口 晶子
教授

民俗・地理学。水辺の暮らしの民俗と景観研究

日本および周辺アジアの民族と地域文化

中辻 享
教授

人文地理学、日本・東南アジアの農村の暮らしと変化

日本および東南アジアの地誌

中町 信孝
教授

イスラーム中世史、アラブ大衆文化

イスラーム地域の歴史と文化

鳴海 邦匡
教授

歴史地理学。日本の地図史と環境史

さまざまな時代の人と環境(地域)の関わりを考える

東谷 智
教授

江戸時代の社会とその仕組み。史料の整理・調査論

日本の近世・近代における国家・社会・経済・文化

図師 宣忠
教授

ヨーロッパ中世史。キリスト教の異端・異端審問と社会

西洋の古代・中世・近世の歴史と文化

新見 まどか
講師

中国史、唐から五代期の政治・軍事・国際関係史

ユーラシア東部の歴史と文化

ゼミナール紹介

東谷 智 教授
日本近世史

歴史への理解が異文化理解につながる。本物に触れ、より深い理解を。

日本の歴史を学ぶことは、「異文化理解」を学ぶこと。同じ日本でも時代が違えば、考え方も生き方も大きく異なります。自分たちの常識とは異なる文化を理解するヒントを教えてくれるのが歴史を学ぶ面白さ。学生たちは本物に触れ、現地に赴き実体験するフィールドワークを通して、自らの関心に沿った学びを深めています。

稲田 清一教授
髙田 実 教授
イギリス近現代史

近現代イギリスの福祉政策の変遷を学び、より良い社会の作り方を考える。

19〜20世紀イギリスにおける福祉政策が研究テーマ。自助を基本とした社会が、国家福祉を発展させていく過程を明らかにします。過去に起こった事実を学ぶことは、現代日本の福祉のあり方を考える手助けになります。歴史との対話を通して、自らについて学び直すことがわたしたちの研究の醍醐味です。

中辻 亨教授
STUDENT VOICE
知識が広がるほどに実感する日本史の魅力を
社会科教員として多くの学生に伝えたい。
野村 耕大さん 4年次 兵庫・兵庫県立伊丹高等学校 出身

野村 耕大さん 4年次
兵庫・兵庫県立伊丹高等学校 出身

小学生の時から日本史が好きで、社会科教員をめざすと決めていました。入学前は日本史以外の分野にあまり興味がありませんでしたが、講義で世界史や地理を学ぶにつれて、知識が分野を越えて繫がることを実感。新しい角度から日本史を捉えられるようになり、学びを深めることがますます楽しくなりました。長年の夢が叶い、卒業後は高校の地理歴史科教員として働きます。4年間を通して深く掘り下げた歴史の面白さを、たくさんの高校生に伝えたいです。
1年次 ▶▶▶
卓球部に入部。初めは週に6回の練習と勉強との両立に苦戦しましたが、段々と効率の良い時間の使い方を身につけ、生活に慣れることができました。
2年次 ▶▶▶
教職課程の授業が本格的に始まりました。特に印象的だったのは、教職課程の授業内で初めておこなった模擬授業です。人前で説明する難しさを実感し、2年後に迫る採用試験に対する焦りを覚えました。
3年次 ▶▶▶
卓球部の主務の仕事に打ち込みました。OB・OGや職員など、さまざまな方とやり取りをしたことで、責任感とコミュニケーション能力が高まったと感じます。
4年次 ▶▶▶
春休みから毎日大学へ通い、教員採用試験対策に没頭。努力した甲斐があり、合格できました。現在は、戦国時代の大名間の交渉をテーマに卒業論文を作成中。変わらず忙しい日々を送っています。

関連リンク

 

PAGE TOP