理工学部

生物学科

  • 理工学部
  • 生物学科
  • DEPARTMENT OF BIOLOGY
生物学科
1年次から、生物の基礎から最先端まで触れる

バイオテクノロジーの基礎となる生物学のエッセンスが集約された統一教材を用意。現代生物学を中心に、最新情報も含めてしっかりと講義する「基礎生物学」「基礎生物学演習」を1・2年次に配するなど、基礎から着実に積み上げていくカリキュラムを履修します。

カリキュラム

3、4年次の実験や研究に向けて、1年次から基礎と最先端を学ぶ。

1、2年次は「生物の生きる仕組み」を知識と体験の両面から養い、3年次からはさまざまな実験に挑戦。4年次には、少人数制の研究教育で実験技術や研究姿勢を学びつつ、大学生活の集大成として卒業研究に取り組みます。これらの専門講義、実習と並行して、教職および博物館学芸員のための講義や実習を開講しています。

4年間の学び
STUDENT VOICE
充実した設備で実験技術が上達。学会発表するほどの成果も達成。
充実した設備で実験技術が上達。
学会発表するほどの成果も達成。
井関敏啓さん 4年次大阪・私立関西大倉高校 出身

井関敏啓さん 4年次
大阪・私立関西大倉高校 出身

生物学を学べる大学を探して甲南大学に入学したのですが、実験設備がすごく充実していることに驚かされました。生物学専門実験などの科目を通じてこうした実験設備を活用し、未熟だった実験技術がかなり上達したと思います。また、卒業研究で、線虫を利用して低温耐性に関係する遺伝子を調査していたのですが、この遺伝子の特定に成功したことはうれしかったですね。発見者として「tceb-3」という名前をつけることもでき、国際学会で発表することもできました。もちろん先輩方から受け継いだ研究なので、自分ひとりの力ではありませんが、大学時代にこんな成果を残せたことは、ほんとうに幸運でした。
1年次 ▶▶▶
学部を越えた学びで広がる視点
専門科目を学びつつ、共通科目も履修。生物に関係ありそうな環境コースを選択し、社会学などの視点から環境を学べて視野が広がりました。週2回の語学もあります。
2年次 ▶▶▶
生物学の分野を幅広く学ぶ
専門科目が本格的にはじまります。いま専攻している生体調節学をはじめ発生学や遺伝学など、生物学科の先生方の講義をまんべんなく履修しました。
3年次 ▶▶▶
授業で得た知識を実験で確認
生物学科の先生方がもちまわりで用意してくれた実験に取り組みます。2年次に座学で学んだ内容を自分たちで実験することにより、理解を深めます。
4年次 ▶▶▶
卒業研究として遺伝子を研究
生物の低温耐性をテーマに卒業研究。通常死なない飼育温度条件で低温にすると死ぬ線虫の遺伝子を特定することに成功し、いまはその解析を進めています。

関連リンク

PAGE TOP