理工学部

生物学科

  • 理工学部
  • 生物学科
  • DEPARTMENT OF BIOLOGY
生物学科

各研究室紹介

教員の研究室 研究室テーマ
日下部 岳広
教授

発生学研究室

脳や感覚器が作られるしくみをゲノム情報に基づいて理解する。形態進化のメカニズムの解明

今井 博之
教授

植物細胞工学研究室

植物でのスフィンゴ脂質の生理機能を解明し、スフィンゴ脂質代謝に関わる物質生産技術の開発

本多 大輔
教授
系統分類学研究室 野外から採取した微細藻類や原生動物を分類同定し、真核生物全体の進化の道筋や、環境中での役割を把握する
渡辺 洋平
教授
生理化学研究室 分子シャペロンがどのようにタンパク質の立体構造形成を助けるのか、その分子機構を探る
向 正則
教授
分子遺伝学研究室 ショウジョウバエの突然変異体を使って、生殖細胞の形成分化に必要な遺伝子の機能を解析する
久原 篤
教授
生体調節学研究室 脳と生体の環境適応の遺伝子機構を解明
武田 鋼二郎
准教授
微生物学研究室 細胞のエネルギー代謝やタンパク質分解制御の分子機構を中心に解析する
後藤 彩子
准教授
細胞学研究室 女王アリの長期間にわたる精子貯蔵メカニズムとその進化を解明する。
上田 晴子
准教授
植物細胞生物学研究室 細胞内膜系や細胞骨格の動態解析から植物が環境変化に適応するしくみを探る

研究室紹介

植物細胞工学研究室
今井 博之 教授

植物がもつ能力を利用して、
人間に有益な物質を創りだす。

植物細胞工学研究室
自分で動くことのできない植物は、寒冷地や砂漠など厳しい環境への適応力をもっています。こうした植物がもつ力を利用して、人間に有益な物質を創りだす細胞工学的なアプローチをおこなう研究室です。いま中心的に取り組んでいるのは、スフィンゴ脂質の一種であるセラミドの生産。化学合成されているセラミドをゲノム編集された植物によって生産するという、現在は世界でもまだ3グループぐらいしか取り組んでいない先進的な研究です。
今井博之教授
細胞学研究室
後藤 彩子 准教授

女王アリの謎にみちた能力を、
遺伝子レベルで解明する。

細胞学研究室
この研究室は、アリがもつ能力の解明をめざし、メインのテーマは女王アリがもつ精子の常温保存能力です。女王アリというのは、体内の受精嚢に10年以上もオスの精子を常温貯蔵でき、この謎にみちたメカニズムを遺伝子レベルから解明することに挑戦。成功すれば、家畜などの繁殖技術や人工授精技術の向上などに貢献できます。生命の謎を、マクロ視点な生態からだけでなく、細胞や遺伝子といったミクロ視点からも探究しています。
青木珠緒教授

関連リンク

PAGE TOP