理工学部

生物学科

  • 理工学部
  • 生物学科
  • DEPARTMENT OF BIOLOGY
  • Twitter
  • Facebook
生物学科

各研究室紹介

教員の研究室 研究室テーマ
日下部 岳広
教授

発生学研究室

脳や感覚器が作られるしくみをゲノム情報に基づいて理解する。形態進化のメカニズムの解明

今井 博之
教授

植物細胞工学研究室

植物でのスフィンゴ脂質の生理機能を解明し、スフィンゴ脂質代謝に関わる物質生産技術の開発

本多 大輔
教授
系統分類学研究室 野外から採取した微細藻類や原生動物を分類同定し、真核生物全体の進化の道筋や、生態系における役割を把握する
渡辺 洋平
教授
生理化学研究室 分子シャペロンがどのようにタンパク質の立体構造形成を助けるのか、その分子機構を探る
向 正則
教授
分子遺伝学研究室 ショウジョウバエの突然変異体を使って、生殖細胞の形成分化に必要な遺伝子の機能を解析する
久原 篤
教授
生体調節学研究室 脳と生体の環境適応の遺伝子機構を解明
武田 鋼二郎
准教授
微生物学研究室 細胞のエネルギー代謝やタンパク質分解制御の分子機構を中心に解析する
後藤 彩子
准教授
細胞学研究室 女王アリの長期間にわたる精子貯蔵メカニズムとその進化を解明する。
上田 晴子
准教授
植物細胞生物学研究室 細胞内膜系や細胞骨格の動態解析から植物が環境変化に適応するしくみを探る

※【研究紹介】に掲載されているプロフィ―ルは取材時のものです

研究室紹介

渡辺 洋平 教授
生理化学

生命の根源タンパク質の研究が難病治療の突破口に。

わたしたちの研究室では、生物の不思議さの根源であるタンパク質を取り扱っています。特に注目しているのが、「タンパク質社会の医者」である分子シャペロン。絡まり、本来の働きを失ったタンパク質を復元するこの物質を研究することで、タンパク質異常を原因とする難病の治療への貢献をめざしています。
渡辺 洋平 教授
向 正則 教授
分子遺伝学

生殖細胞の環境適応能力から見えてくる生命の秘密を解き明かす。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大のような急激な環境変化は、歴史のなかで繰り返されてきました。このような変化を生き抜き、子孫を残し続ける生物の生殖機能の柔軟性を明らかにするのがわたしたちの研究です。気温変化などの環境ストレスを生殖細胞に与え、適応・進化する仕組みを探ることで、連綿と続く生命の秘密を解き明かすのが目標です。
向 正則 教授
STUDENT VOICE
優れた研究環境と丁寧な少人数指導のおかげで
自分の興味を徹底的に追求できる。
前井 陽佑さん 4年次 兵庫県立舞子高等学校 出身

前井 陽佑さん 4年次
兵庫・兵庫県立舞子高等学校 出身

高校生の頃から興味を持っていた植物について、もっと学びたいと思い入学を決めた生物学科。植物細胞のさまざまな器官に着目し、植物中の物質の移動について研究しています。最先端の機器が揃う優れた環境と、学生一人ひとりに丁寧に対応してくださる先生方のおかげで、自由に自分の興味を追求できています。また、チームで研究を進めるなかで培われたコミュニケーションスキルは、社会に出てからも役立つと考えています。
1年次 ▶▶▶
最初の専門科目である基礎生物学は、4年間の学びの土台に。また、共通科目では他学部の学生と交流することで、大学生活に対する不安が解消されました。
2年次 ▶▶▶
本格的に専門授業が始まり、学びの難易度がアップ。座学を中心に、生物学の多様な分野の知識を深めます。
3年次 ▶▶▶
専門実習がスタート。さまざまな先生の専門分野の実習を通して、植物研究の魅力を再確認。4年次での研究に向けて、テーマをしっかりと定めることができました。
4年次 ▶▶▶
3年次にさまざまな分野を見たうえで、自分の研究内容を決定。3年間で身につけたスキルを活用し、これまでの学びの集大成をめざします。

関連リンク

PAGE TOP