理工学部

自然科学研究科

  • 自然科学研究科
  • NATERAL SCIENCE
生物学の基礎・応用力を養う

生物学専攻は1964年に開設されました。その伝統をベースに、新しい生命科学の思考と技術を取り入れた独創的・先端的研究を行っています。研究分野は9つあり、物質から細胞、個体、生態、さらに時空を越えた進化までを網羅します。それぞれの分野では、基礎のみならず応用分野も視野に入れた研究・教育を展開しています。

(1) 甲南大学大学院自然科学研究科生物学専攻(修士課程)における「人材養成の目的」

(2) 甲南大学大学院自然科学研究科生物学専攻(修士課程)における教育に関する方針

(3) カリキュラムマップ

(4) 研究指導フローチャート

充実した研究環境で学ぶ

設備面では、遺伝子組換えに必要なP2レベルのラボや最新のDNAシークエンサー、共焦点レーザー顕微鏡など、あらゆる研究に対応できる実験環境を構築。充実した研究活動を行うことができ、修了後は、製薬会社のMR、企業の研究・開発や工場の管理部門など、幅広い分野で活躍しています。

修士課程

植物細胞生物学 植物の細胞内膜系動態と環境応答に関する研究
担当教員 研究内容

教授
西村 いくこ

植物は静的な生物と思われがちですが、細胞内では小胞体などの内膜系がダイナミックな運動をしています。これらの細胞内膜系の動態が支えている環境応答能力や生体防御能力を研究しています。特に,重力や光などの環境刺激に対する器官屈曲応答と外敵に対する防御応答に注目しています。

発生生物学 動物の発生と進化に関する研究
植物生化学 植物の代謝と環境応答に関する研究
系統分類学 原生生物を中心とした系統進化に基づく分類および生体に関する研究
生化学 タンパク質の機能および構造に関する研究
細胞遺伝学 動物の生殖細胞形成を制御する分子機構に関する研究
生体調節学 動物の温度応答と記憶の遺伝子と神経メカニズム
微生物学 微生物の環境応答と細胞増殖制御に関する研究
細胞生物学 昆虫の生態と機能に関する研究
授業科目

修士課程(2017年度以降の入学生に適用)

関連リンク

PAGE TOP