経済学部

経済学科

  • 経済学部
  • 経済学科
  • DEPARTMENT OF ECONOMICS
経済学科
経済学という新しいモノの見方が、
世の中についての発想を変えていく。

1年次で経済学的な考え方や基礎知識を確実に修得しつつ、多くの教員との出会いを通して経済学の面白さを実感。そのうえで、基礎・中級・上級と区別された専門科目を段階的に学びます。

POLICY 経済学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、社会人に求められる責任感と倫理観を意識することができ、 自らを律し、他者と協調・協働する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 幅広い知識と能力。

  • 4

  • 経済・社会問題を的確に捉える力。

  • 5

  • 筋道を立てて問題を考える力。

  • 6

  • 自らの力で解決策を示す力。

CONCEPT
人のすることはぜんぶ経済学。
だから、やりたいことが見つかる。
経済学ではお金は重要ではありません。大事なのは、人が何かを作ること、使うこと、人がほかの人とやりとりすること。いわば、人のすることすべてが経済学の対象です。その範囲は驚くほど広くて、わくわくしますよ。だから、将来の目標がまだ決まっていない人にこそ経済学部に来てほしいです。きっとやりたいことが見つかるから。そして、卒業後も使える、伝えたいことを人にきちんと伝える力、理解力や判断力、粘り強さが経済学部で身につきます。
市野泰和教授
専門分野:国際貿易・ミクロ経済学
STUDENT
高校までと違って広く深い対象を、
自分で研究する楽しさが魅力。
経済学部を選んだのは、生活していくうえで関わりが深く、将来的にも役立つ学問だと思ったからです。実際に入学してみると、大学では専門分野を細かく分けて学ぶため、高校とは違って自分の意志で学ぶ対象を選びます。最初はとまどうこともありましたが、先生方が深い内容の授業を熱く教えてくれました。さらに、ゼミ活動などを通じて研究をしていくなかで、より理解を深めながらまた新たな発見があったりと、ますます楽しくなってきました。
田中美紀さん 4年次
兵庫・私立甲南女子高校 出身

学びのポイント

プロジェクトゼミ
甲南卒の企業経営者から
提示された課題に取り組む。
プロジェクトゼミ
  • 市川:
  • 学生が真剣に悩めるよう「甲南大学の改革」をテーマにしましたが、これは「変えるものと変えてはいけないもの」をはっきりさせることが重要で、企業の改革にも通じます。また、社会人に必要な問題解決能力とは自分だけで解決することではなく、他人の知識や経験も活用して結果をだすことであり、コミュニケーション能力が欠かせません。こうした狙いをもった課題でしたが、いずれもよく調べ、考え、議論したことがわかる素晴らしいプレゼンテーションでした。
  • 藤田:
  • チームを組んだ10人はみんな個性の強い人ばかりで、一丸となるのに時間がかかりました。でも、限られた期間で調査して結論を出し、それを企業経営者である市川社長に直接提案できたということはかけがえのない経験になりました。「もっとやれたはず」という気持ちもありますが今後に生かしたいですね。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(社会)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(地理歴史/公民)
資格 -
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP