理工学部

機能分子化学科

  • 理工学部
  • 機能分子化学科
  • DEPARTMENT OF CHEMISTRY OF FUNCTIONAL MOLECULES
機能分子化学科
現代社会の課題を「分子」で解決する。

エネルギーや資源、環境といった社会の諸問題を解決するために、機能性材料の開発に貢献する機能分子化学は大きな期待を集めている分野です。ここで活躍するために必要となる、物理学や生物学と密接な自然科学の基盤、自立的思考力や問題解決能力、さらには工学的応用力などを身につけるため、バランス良く学べるカリキュラムを編成しています。

学科ニュース

学びのポイント

「体験」を積み重ねて成長し、自主的な問題発見・解決能力を身につける。
  • POINT 01
  • 体験型教育により、社会を担う人材に成長する。
体験型教育により、社会を担う人材に成長する。
機能分子化学科では、社会からの要請に応えられる人材を育成するため「体験積み上げ型」のカリキュラムを編成しています。1年次から4年次まで、つねに体験を基盤にしたユニークな教育をおこない、自ら物事を考え、問題を発見し、それを解決していくための力を養います。
  • POINT 02
  • 充実した実験科目とサイエンスの基礎が強みに。
充実した実験科目とサイエンスの基礎が強みに。
1年次からスタートする実験科目によって、卒業研究に取り組む4年次までに必要となる実験技術を修得。積み上げ型の学修では物理や生物の科目も開講され、素材や技術開発などモノづくりの源流で活躍するためには欠かせないサイエンス(科学)の知識も身につけます。
  • POINT 03
  • 社会のニーズをとらえた、独自のキャリアデザイン。
社会のニーズをとらえた、独自のキャリアデザイン。
企業の研究所長や工場長などを経験した外部講師により、研究や開発の現場を学べる講義を実施。「化学研究における安全と倫理」といった本学科独自の科目や「甲種危険物取扱者」の受験資格などと合わせて、独自のキャリアをデザインできます。

OB, OG VOICE

私が甲南大学で身につけた力

先生の厳しい指導が職場で生きている

荒川化学工業株式会社 田ノ岡 尚吾さん
甲南大学大学院自然科学研究科化学専攻(2013年3月修了)大阪府立槻の木高校 出身

荒川化学工業株式会社 田ノ岡 尚吾さん
製品の構成成分分析が私の仕事。「分析の基本は作業台や器具を清潔にし、きれいな状態のモノを分析することが大切」と甲南大学で厳しく教わったので、仕事でも徹底していますね。複数の分析を効率良くおこなえるのも、在学中、多くの分析に取り組み自分でスケジュール管理をする習慣を身につけることができたからです。探究心旺盛な先生方との議論も楽しく、充実した研究生活でした。また、小ぢんまりとしたキャンパスで他学部の学生といっしょに学び、刺激しあえたことも印象に残っています。それも甲南大学の魅力ですね。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(理科)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(理科)
資格 毒物劇物取扱責任者
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP