理工学部

機能分子化学科

  • 理工学部
  • 機能分子化学科
  • DEPARTMENT OF CHEMISTRY OF FUNCTIONAL MOLECULES
機能分子化学科
次世代の素材を創成することで、現代社会が抱える問題を解決する。

エネルギーや資源、環境などの諸問題に、機能性材料の開発で貢献する機能分子化学。この分野で活躍するために自然科学の基盤、自立的思考力や問題解決能力、工学的応用力などを身につける学科です。

学科ニュース

POLICY 機能分子化学科で身につく力

  • 1

  • 社会人に求められる責任感と倫理観、自己管理能力と協調性。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で
    活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 無機化学、分析化学、物理化学、有機化学、高分子化学、材料化学など
    化学の基幹分野に関する基本的な知識。

  • 5

  • 自分の考えを論理的にまとめ、相手にわかりやすく伝えるコミュニケーション能力及び
    プレゼンテーション能力。

  • 6

  • 自立的かつ論理的な思考に基づいて問題を発見し、情報の整理・分析を行い問題を解決する能力。

CONCEPT
最初は純粋な化学への興味からでも、
着実にステップアップしていけます。
この学科の特長は、すべての分野の学びが積み上げ型カリキュラムになっていることです。実験も1年次後期からはじまり、4年次の卒業研究まで徐々にステップアップしていけます。新たな物質や素材を開発して、社会に貢献したいという夢をもつ学生の多い学科ですが、最初は化学現象への純粋な好奇心だけでも充分。知識や技術だけでなく、危険な試薬をあつかう化学実験に不可欠な安全意識など、化学の専門家として求められる能力が段階的に身につきます。
檀上博史 教授
専門分野:有機合成化学
STUDENT
分析や解析の仕事に就きたい、
そんな夢がふくらむキャンパス。
化学実験、とくに分析や解析に興味があったので機能分子化学科に入学しました。校舎がきれいで周囲も静かですし、学修に集中できる環境が整っているなというのが最初の印象でしたね。1年次なので、実験といっても器具の操作方法を習っている段階ですが、どんな実験をするのかいまからわくわくしています。これからは毒物劇物取扱者などの資格も取得して、将来は物質の分析から謎を解明していく科学捜査官のような仕事に就くのが夢なんです。
大橋紗也香さん 1年次
大阪府立挟山高校 出身

学びのポイント

学修支援室
どんなにささいな疑問でも、
気軽な雰囲気ですぐに解消。
学修支援室
  • 磯野:
  • 高校までの化学は暗記中心でしたけど、大学は物理や数学も必要になり、最初はとまどいました。そんなとき、この学修支援室でわからなかったことを相談したら、すごく親切に、しかもわかりやすく教えてもらえたんです。
  • 山本:
  • 教員OBが週に2回、学生たちの学びをサポートしてくれるのが学修支援室です。疑問というのは放っておくとどんどんたまっていき、つまづきの原因にもなるため、できるだけ早く解消しておこうというのが目的です。ここに寄せられた質問はデータベースとして共有され、わたしたち教員が指導の参考にもしています。
  • 磯野:
  • ちょっとした質問で先生の研究室までいくのも気が引けますし、講義後とかタイミングがあわないことも多いんですよね。学修支援室は、いつも雑談のような雰囲気で気軽に質問できるので、わからないことを放置せずにすみます。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(理科)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(理科)
資格 毒物劇物取扱責任者
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP