理工学部

生物学科

  • 理工学部
  • 生物学科
  • DEPARTMENT OF BIOLOGY
生物学科
生命科学の幅広い領域を、基礎から専門まで着実に修得。

未来の鍵を握るといわれるバイオテクノロジーも、いわば生物学・生命科学の応用分野です。生物学科では、基礎となる生命への理解を、タンパク質、遺伝子、細胞、個体、生態、進化と幅広い領域から深めます。

学科ニュース

POLICY 生物学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、社会人に求められる責任感と倫理観を意識することができ、
    自らを律し、他者と協調・協働する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で
    活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 生物学に関する基本的な知識・技術。

  • 5

  • 自己の意見を分かりやすく主体的に説明する能力。

  • 6

  • 事象の中から問題を発見して論理的に考察し、収集した情報を整理・分析し、
    それらを総合して問題解決を図る意志と能力。

CONCEPT
教科書に書かれたことの学びから、
教科書を書き換えるような研究へ。
分子から細胞、身体、そして環境まで、すべて生物学の対象です。1、2年次は他の生物学者と共通の言葉で話せるように基礎から総合的に学びますが、3年次では実験方法技術を実習で修得し、4年次の卒業研究では幅広い分野から自分の興味を見つけ、最新の研究に挑戦します。その過程でコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も磨かれていきます。高校までは教科書から学びましたが、その教科書に書かれていない、あるいは教科書を書き換えるような研究に携わってください。
向 正則 教授
専門分野:分子遺伝学
STUDENT
まだまだ謎の多い生物学で、
そのひとつでも研究で解明したい。
大学での学びに不安はありましたが、先生方は質問に親切に答えてくれて、希望者には補習もしてくれるなど、手厚いサポートでスムーズに学ぶことができました。文系とおなじキャンパスで、学部を問わず、友人関係が広がったのもうれしかったですね。生物というのはまだまだ謎が多く、学ぶほど奥深さを感じる学問です。この謎をひとつでも解明するような研究に携わり、将来は化粧品開発の仕事に就きたいと思っています。
松田 葵さん3年次
京都府立鳥羽高校 出身

学びのポイント

電子顕微鏡による細胞観察
光学顕微鏡では見えない、
神秘的で美しい世界を実感。
電子顕微鏡による細胞観察
  • 青山:
  • 3年次の実習では、電子顕微鏡を自分で操作することができます。電子顕微鏡には透過型と走査型の2種類ありますが、甲南大学にはどちらも設置されており、実習では両方を用いて観察をおこないました。光学顕微鏡ではなめらかに見える細胞表面でも、電子顕微鏡では微細な突起や孔があることが観察できるんです。しかもそれが神秘的な美しい配列だったりして、すごく感動しました。5人チームで順番に操作するのですが、モニターを見ている人からも歓声があがるほどです。高価な装置なので「壊したらどうしよう」と緊張しましたが、まだまだ自分たちに見えていない世界があることを実感できましたね。卒業後は中学校の教師になることが決まっていますが、生物の魅力を教えていくうえで大きな自信になる経験でした。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(理科)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(理科)
資格 博物館学芸員
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP