理工学部

生物学科

  • 理工学部
  • 生物学科
  • DEPARTMENT OF BIOLOGY
生物学科
生命の理解が私たちの未来の鍵になる。

21世紀の鍵を握るといわれるバイオテクノロジーは、生物学・生命科学のいわば応用学です。つまり環境をはじめ医療、薬品、食品などさまざまな分野で、基礎となる生命への理解が求められているのです。生物学科では、専門的な研究者をめざす人、教職を志願する人、博物館学芸員をめざす人、専門知識を生かした仕事に就きたい人、それぞれの志向に応じて幅広い生命科学が学べます。

学科ニュース

  • 学びの
    領域
  • 分子生物学/脳・神経科学/植物生理学/進化系統分類学
    生態学/分子遺伝学/発生工学/バイオテクノロジー
    環境適応/ゲノム/タンパク質/生殖細胞

学びのポイント

生命科学の多彩な分野を、基礎から専門までスムーズに修得する。
  • POINT 01
  • 遺伝子、細胞、個体、生態、進化まで幅広い研究領域。
遺伝子、細胞、個体、生態、進化まで幅広い研究領域。
生き物の謎を真正面から解明するための基礎生物学を基盤として、社会の役に立てる応用的なアプローチまでを幅広く研究。生命現象の原理・原則を徹底して身につける専門科目と、自分で考える力を育む実験科目によって、生命を科学する力を知識と体験の両面から修得します。
  • POINT 02
  • 基礎から専門領域の入口へ、スムーズに進めるカリキュラム。
基礎から専門領域の入口へ、スムーズに進めるカリキュラム。
『THE CELL』という世界的に定評のある最先端のテキストを教科書に使用。1、2年次にはバイオサイエンスの基礎を固めるため「基礎生物学」「基礎生物学演習」を開講します。さらに自主実験(研究の広場)や補習実験によって各専門領域へのスムーズな移行もサポート。
  • POINT 03
  • 少人数制の研究教育で、実験技術・研究姿勢を学ぶ。
少人数制の研究教育で、実験技術・研究姿勢を学ぶ。
1学年45人という少人数制で、教員だけでなくティーチング・アシスタント(大学院生)もサポートするため、マンツーマンに近い環境で実験や実習に取り組めます。特色ある10の栽培・飼育・培養施設で「育て観る」ことから始め、生物学研究に必要な実験技術を身につけます。

OB, OG VOICE

私が甲南大学で身につけた力

教職課程を頑張ったことが自身につながった

日本新薬株式会社 杉内 葉子さん
(2011年3月卒業)鳥取県立鳥取東高校 出身

日本新薬株式会社 杉内 葉子さん
製薬会社でMR(医薬情報担当者)として働いています。大学では生体のメカニズムを研究していたので、その学びは薬剤の働きを理解するのに役立っています。医師や薬剤師の方々の前で薬剤の説明をする際、緊張することなくこなせているのも、大学で磨いたプレゼンテーション能力のおかげ。大学では教職課程を履修したので多忙でしたが、やり遂げたことは自信につながりました。専門課程以外の授業で、他学部の学生と交流できるのは甲南大学ならでは。おたがいの専門について語りあったことは楽しい思い出です。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(理科)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(理科)
資格 博物館学芸員
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP