文学部

人間科学科

  • 文学部
  • 人間科学科
  • DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES
人間科学科
多角的なアプローチで人を理解し、現代社会の問題を解決する。

心理学、哲学、芸術学の知を関連づけながら、理論と実践の両面から「人間とは何か」を探求することにより、社会の諸問題を多角的に捉え、柔軟に問題解決できる人材を育てます。

POLICY 人間科学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、社会人に求められる責任感と倫理観を意識するとともに、
    自らを律し、他者と協調・協働する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意思と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で
    活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 世界に通用する国際教養力。

  • 5

  • 各専門領域(心理学分野、哲学・芸術学分野)において研究、実践、表現等を行う能力。

  • 6

  • 自らの考えを適切な手段によって表現し、他者に伝える力。

  • 7

  • 的確な問いをたてて、時代性・地域性をふまえて問題解決を図る意思と能力。

CONCEPT
たいせつなのは自分で考えること。
そして自分の言葉で表現すること。
人間の内面に着目し、心理学、哲学、芸術学の知を関連づけながら現代社会の諸問題にアプローチする学科です。心理学、哲学、芸術学の各分野で、それぞれを基礎から発展させつつ横断的な学びも取り入れたカリキュラムなので、ひとつの領域に閉じこもらず広い視野を養えます。カウンセリングを実際に体験したり、アートの現場に出向いたり、児童養護施設を訪れたりといった実践とあわせて、自分で考え、自分の言葉で表現できる人に成長してください。
服部 正准教授
専門分野:美術史、芸術学、障がいとアート
STUDENT
議論し、表現し、発表する。
高校までとは違う驚きの授業。
心理学に興味があったのでこの学科を選びました。授業はディスカッションや発表が多く、高校時代とまったく違うので毎日がすごく新鮮ですね。実践的に学べる科目が多いのもこの学科ならでは。授業で絵を描いたり動画を作ったりすることが、人間の心理や社会問題についての学びにつながるのは驚きでした。また音楽関連の授業がきっかけでウクレレもはじめました。心理学から哲学、芸術など幅広く学ぶなかでこれからの目標を見つけたいですね。
福森大祐さん1年次
大阪府立八尾高校 出身

学びのポイント

教員補助ボランティア
神戸市内の教育現場に出向いて、子どもたちの学習をサポート。
  • 大西:
  • 教員補助というのは、神戸市内の小中学校で発達や学習に支援の必要な子どもたちをサポートするボランティアです。登録した学生たちが教育現場に出かけて、先生方の授業のお手伝いをしています。
  • 三重:
  • 授業に同席してクラスの子どもたちの行動を観察し、授業に集中できていない子などを見つけ、その様子をレポートにまとめます。まだ子どもたちとどう接すれば良いのかわからず、手探り状態ですが、かわいらしくあいさつしてくれる子どもたちを見ていると、それだけでやる気が出てきます。
  • 大西:
  • 最初はみんななにをすれば良いのかとまどいますが、続けていくうちに必要な観察眼がついてきます。2018年からは「心理地域援助」という正規科目の一部に取り入れられるので、授業時間にもフォローできるようになります。心理職をめざす人、教職をめざす人、どちらにとっても意義のある活動だと思います。
  • 三重:
  • もともとは、教職志望だったので事前にいまの教育現場を知っておきたいというのが動機だったんです。でも、この活動に参加してからは、カウンセリングの立場で学校生活をサポートすることにも魅力を感じはじめました。以前よりも進路の幅が大きく広がりました。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許(社会)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(地理歴史/公民)
資格 博物館学芸員/認定心理士/認定心理士(心理調査)
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP