フロンティアサイエンス学部
  • フロンティアサイエンス学部
  • 生命化学科
  • DEPARTMENT OF NANOBIOCHEMISTRY
生命化学科
研究を中心とした学びのスタイルを実現。

フロンティアサイエンス学部(FIRST)では、通常は1年次で学ぶ教養科目を就職活動前の2、3年次に配置しました。そのため、1年次から専任教員による専門講義や専門実験を学ぶことができ、3年次には研究をスタートできます。
研究を中心としたこのような学びのスタイルは、学生一人ひとりの成長を願う教員の想いによってつくられました。

4年間の学び

  • 1年次
  • 深い学びで視野が広がる。

いまはナノ、ナノバイオ、バイオ、ケミカルという4分野について広く学んでいます。週に1回のペースで実験とレポート提出があり、アスパルテームの合成など、高校とはレベルのまったく違う原理や仕組みに接する毎日です。また、自分の考えをまとめて発表する機会が多いので、人前に出ることが苦手だったわたしでもプレゼンテーション能力が磨かれていくのが感じられます。

影響を受けた科目

1年次 大塚友恵さん

1年次 大塚友恵さん
兵庫・私立雲雀丘学園高校 出身

  • 2年次
  • 進路を意識しつつ科目を選択。

2年次は、4分野の専門科目から自分の進みたい分野を意識しながら選択していきます。もともと生物に興味があったので、遺伝子工学や薬理学など人体に関連した科目を重点的に選びました。講義や実験の内容が高度になってきますが、それだけに楽しさも増していきます。先生方が学生一人ひとりの顔と名前を覚えてくれる環境なので、質問も気軽にできます。

影響を受けた科目

2年次 トランゴック キェトさん

2年次 トランゴック キェトさん
三重・私立海星高校 出身

  • 3年次
  • 夢をかなえるための研究に集中。

生物有機化学研究室で包接分散技術(水に溶けにくい抗炎症活性物質などを高濃度で溶かすための技術)を研究しています。ずっと化粧品の開発に携わりたいという夢があったので、薬品などの材料開発に関連したこの研究室を選びました。2年次までに解剖から金ナノ粒子まで、幅広い実験を経験してきた誇りが、いま自分の好きな分野を研究するうえでの支えになっています。

影響を受けた科目

3年次 野口ゆうきさん

3年次 野口ゆうきさん
兵庫県立神戸高校 出身

  • 4年次
  • 学会発表で鍛えられた人間力。

4年次となると1日のほとんどを研究室で過ごすので、研究活動の経験を通じて、いかに知識や技術を身につけるかが学びの基本になります。わたしは、(公社)高分子学会主催の「バイオ・高分子シンポジウム」で遺伝子治療薬の基礎研究に関する成果を発表しましたが、このような研究や研究発表を通じて専門知識や実験技術だけでなく企画力、行動力、プレゼンテーション能力といった力も鍛えられました。

影響を受けた科目

4年次 伊藤慎さん

4年次 伊藤慎さん
兵庫・私立甲南高校 出身

学びのポイント

実践的な学びを積み重ねて、最先端の研究へ。
  • POINT01
  • 1、2年次から専門実験をはじめ、研究活動の基礎を固める。

未知の現象を解明する研究では、先行研究の調査や、些細な変化を見逃さない観察眼など、さまざまな技能が必要となります。そこで、1、2年次の実験にはそのような技能を修得するための工夫をたくさん取り入れ、さらに実験コンテンツも充実。“大腸菌を用いた遺伝子組換え”“合成甘味料の合成と食品分析”など、研究活動に直結するテーマを通して実践的に学べます。このようにして修得した技能は、3年次以降の研究活動の基礎となります。

顕微鏡を使った観察などの実験

写真は“顕微鏡を使った観察”と“ガラス表面への金薄膜の作製”の実験風景です。このように、顕微鏡の操作技術や生体組織の観察法、超微細回路作製に関わる表面加工技術の修得など、研究に直結するコンテンツを用いて実践的に研究技能を学びます。

顕微鏡を使った観察などの実験

  • POINT02
  • 3年次には研究室を選び、最先端の研究に取り組んでいく。

3年次には、14の特色ある研究室のなかから自分が所属する研究室を選び、最先端の研究に取り組みます。3年次から研究にふれることにより、学部生のうちに段階的に研究技能を磨いていくことができるのです。ここで培った経験は4年次の卒業論文研究にも生かされ、学生が卒業研究を通じて得た研究成果は、学会やシンポジウムでの発表や論文投稿、特許出願として、国内外に発信されています。

ガン悪性化に関わる遺伝子の研究

たとえば、「p53によるガン悪性化抑制作用におけるNF-κBの役割」のような研究テーマをもらい、研究に取り組みます。p53とはガン抑制に関わる遺伝子。設備の整った研究室で実験やデータ整理、先行研究の調査をしながら最新のガン研究を進めていきます。

ガン悪性化に関わる遺伝子の研究

関連リンク

PAGE TOP