マネジメント創造学部

マネジメント創造学科

  • マネジメント創造学部
  • マネジメント創造学科
  • DEPARTMENT OF MANAGEMENT
マネジメント創造学科
質の高い少人数教育により、グローバル社会に必要な人間力を磨く。

多彩な経歴・専門・文化的背景をもつ教員の指導で学際的・国際的な視点を身につけ、社会で使えるレベルに英語力を強化する。そんな質の高い少人数教育がマネジメント創造学部(CUBE)の特長です。

POLICY マネジメント創造学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、責任感と論理感を意識することができ、自らを律し、他者と協調・協働する力。多様な文化を理解する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 幅広い教養と、自己の能力・資質を社会生活で活用し得る基本的な技能。

  • 4

  • 「自ら学ぶ力」「共に学ぶ力」「自ら考え行動する力」を涵養するとともに、
    経済、経営の幅広い分野で活躍できる総合的マネジメント能力。

  • 5

  • 地域社会と国際社会に積極的に関わり、社会的責任を果たせるビジネスリーダーとなる力。

  • 6

  • 問題を発見して論理的に分析・考察し、問題解決を図る意志と能力。

CONCEPT
論理的思考力を身につけた、
時代の変化に対応できる人材を育てる。
CUBEでは、1年次で経済学と経営学の基本を学び、コミュニケーションツールとしての英語の能力を高めることで、広い視野を身につけます。そして2年次からのプロジェクト科目で、それらを応用し、実践していくことになります。どのプロジェクトに参加しても、そこで身につく論理的思考力や問題を調査し、分析し、結論を導く能力は生涯役立つものとなります。どのような社会の変化にも対応できる「自ら考え行動できる人物」を育てる学びがCUBEにはあります。
BOYLES Corinne 教授
専門分野:労働経済学
STUDENT
英語にプラスして自分だけの武器を
見つけることのできる環境。
高校時代に、CUBEでの実際の授業を受けることができるイベントに参加しました。その時の個性的な授業に感動し、進学を決めました。「海外では英語を使えることはあたりまえ。自分だけの武器をプラスしろ」と英会話の先生に言われたことがあり、ここならそれを見つけられると思ったんです。入学後はCUBEの魅力を広める活動をしています。CUBEの学びは、学生たちにやる気があるほど成果が大きくなるので、やる気のある後輩が仲間になれば、自分の飛躍にもつながると考えています。
福井成弥さん 1年次
兵庫県立川西北陵高校 出身

学びのポイント

CUBE English
目的をはっきりさせて学び、
使える英語を身につける。
CUBE English
  • Roger:
  • CUBEは1年次で週5回、英語の授業があります。20人ぐらいの少人数で、ネイティブの教員からオールイングリッシュで語学を集中的に学ぶのが特長です。
  • 金子:
  • ヒアリングに関しては前期で慣れましたが、スピーキングがまだまだです。伝えたいことをすぐには英語にできなくて。
  • Roger:
  • それが重要なんです。言語というのは伝えたいことがあるから使うもの。目的がなくスキルとして学ぶだけでは上達しません。そのため、語学だけでなく、学生それぞれが調査したことを発表するといった授業もおこなっています。
  • 金子:
  • グループワークやディスカッションを通じて、すぐに仲の良い友人ができたのもうれしかったですね。あと、先生方が個人面談の時間をつくって質問や悩みを聞いてくれる。一人ひとりを見てくれているんだなと実感できました。

関連リンク

PAGE TOP