文学部

日本語日本文学科

  • 文学部
  • 日本語日本文学科
  • DEPARTMENT OF JAPANESE LITERATURE AND LANGUAGE
文学部 日本語日本文学科
ことばと文学。
ふたつの学びから日本語による理解力と表現力を磨く。

考えるための、伝えるための道具であることばは、理解力と表現力の基盤です。日本語を学問として探求し、日本語で表現された文学を深く理解する。その2つの学びから日本語を磨く学科です。

POLICY 日本語日本文学科で身につく力

  • 1

  • 教養ある社会人として責任感と倫理観を持ち、現代社会の発展に貢献し、
    自らを律し、他者と協調・協働する意志と能力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 世界に発信しうる、日本語と日本文学に関する知識と常識。

  • 5

  • 自らの考えを分かりやすく表現し、他者に伝える力。

  • 6

  • 的確な問いをたてて問題解決を図る意志と能力。

CONCEPT
日本のことばと豊かな文化・文学を
通じて、人間を理解する。
日本語と日本文学、その両方を日本語日本文学科では学びます。ことばや文学を深く考察しつつ、時代背景などもあわせて学ぶことで、いわば「人間を理解」する学科です。資料を調査・分析し、口頭発表し、レポートを書くという学びのなかで理解力、考察力、表現力なども身につきます。また、おなじテーマについてたがいに意見を交換し、相手の立場に立って、相手の力を引きだすような質問力も重視。これらは、将来的にどのような職業に就いても役立つ力です。
塚本章子 教授
専門分野:日本近代文学
STUDENT
文学を自由に解釈しながら、
考えをもっと深めていく。
日本の近代文学が好きだったんですが、高校までの国語というと、教科書などで文章の意味にひとつの正解が用意されて、その固定された解釈が好きではなかったんです。でもこの学科での学びは、文学の理解にはさまざまな答えがあり、もっと自由なのだと気づかせてくれました。しかも幅広い専門分野の先生方がいて、すごく熱心に教えてもらえるので、いろんな視点から共感や納得ができます。「考える」という意味では、他の学部・学科にはない深さがあると思います。
若松詩織さん3年次
兵庫県加古川西高校 出身

学びのポイント

日本語教室「あおぞら」
地域の外国人を支援する、
日本語を使った異文化交流。
日本語教室「あおぞら」
  • 丘:
  • 「あおぞら」とは、地域で暮らす外国人の方々に日本語や日本文化を教える活動です。担当されている先生の研究室で事前学習をしたうえで、教材などを自作して教えています。
  • 金:
  • 最初はわたしも教わる立場でしたが、いまは大学での学びの実践も踏まえて教える立場になりました。外国語として日本語を学んだ人にしかわからない難しさを知っているので、その経験を生かしたいと思っています。
  • 丘:
  • この活動の魅力は、やはり日本語を使って異文化交流ができることですね。
  • 金:
  • 「日本語を教える」というよりも「日本語でおたがいを教えあう」という雰囲気です。みんなで楽しく笑いあいながら交流しています。
  • 丘:
  • もっとこうした活動を続けていきたいし、できれば海外で日本語を教える日本語教師の資格を取りたいと思うまでになりました。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(国語)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(国語)
資格 日本語教員養成課程
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP