文学部

日本語日本文学科

  • 文学部
  • 日本語日本文学科
  • DEPARTMENT OF JAPANESE LITERATURE AND LANGUAGE
文学部 日本語日本文学科
日本語を磨くことで、理解力と表現力を高める。

私たちが生きているこの世界を理解するために、人間の知識や文化の根源を探究していく学問。それを人文学(Humanities)と言います。甲南大学の文学部では、5つの学科で、言葉や文学、社会や歴史、心や芸術など、人文学の諸分野を学びます。こうした文学部での学びは、あなた自身を、社会と、世界とつなぎます。さあ、このわくわくするようなテーマをともに学びましょう。

INTRO

吉村教授からのメッセージ

日本語、日本文学科、
2つのコースを横断する学びが特徴

2年次から「日本語コース」と「日本文学コース」のどちらかを選択しますが、厳密には分けず、どちらも行き来できるカリキュラムです。

吉村祐美 教授

吉村祐美 教授
専門分野:言語学・日本語学

ことばと文学は密接な関係にあるので、柔軟に科目を選べるようになっています。だからこそ、国語や読書に限らずさまざまな関心をもち、それらを深めていきたいという人には良い環境です。海外で日本語教育の実習をしたり、多くの交換留学生と交流したり。新しい興味や刺激にもきっと出会えます。また、この学科で身についた日本語の運用能力は、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力を高め、これからの社会で活躍していくための大きな力になります。

学びのポイント

  • POINT 01
  • 日本語の基礎として「読む力を」鍛える。
現代文学購読Ⅱ
何気ない描写に隠された、登場人物の心理を理解
村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』などを教材に、登場人物の描写がどのような心理を表現しているのかを探究する授業です。「この描写からそんな解釈ができるのか」という驚きと発見が大きな刺激になりました。また、先生の見解を聴くだけでなく、学生から意見を発表する機会が多いのもこの授業の特長です。言葉の中にひそむ作者の意図を探り、小説を深く読み解く力を身につけることができました。

4年次 平野 慎也さん
兵庫県立伊丹高校 出身

授業では、さまざまな文学作品を題材にして、こまかな描写に込められた登場人物の心理を探ります。いままで気づかなかった作者の意図や想いを発見しながら、学びの基礎となる日本語を読む力を磨いていきます。

  • POINT 02
  • 自分が興味を抱いた作品と、とことん深く向き合える。
演習Ⅱ
現代にも通じる世界観に触れて、“文学”の魅力にめざめました
ゼミでは、万葉集の基礎知識を教わったうえで、自分の興味がある作品を1つ選んで研究していきます。日本最古の歌集ですが、現代にも通じる感情や考えが多くて楽しいですね。また、作品世界を理解するには歴史や地理の知識も必要で、すごく奥深いです。わたしは万葉集210番の柿本人麻呂による長歌を選択しましたが、他の歌を選んだ同級生の発表にも刺激されて視点や考えの幅が広がりました。

3年次 山崎 弘惠さん
岡山県立高梁高校 出身

歴史や地理などの背景までふくめて作品を理解することで「読む力」が、それらをレポートにまとめていくことで「書く力」が養われます。こうした社会人になってからも重要となる能力を、着実に身につけていけることも魅力です。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(国語)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(国語)
資格 日本語教員養成課程
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP