理工学部

自然科学研究科

  • 自然科学研究科
  • NATERAL SCIENCE
基礎から応用分野まで幅広く研究する

物理学専攻は、修士課程、博士後期課程ともに1964年に開設されました。研究分野は、原子核物理学から宇宙粒子物理学、そして物性物理学と、基礎から応用分野まで幅広くカバーし、最先端の研究を行っています。また他大学や企業、諸外国の大学などの研究機関との共同研究も活発に行われています。

(1) 甲南大学大学院自然科学研究科物理学専攻における「人材養成の目的」

修士課程

博士後期課程

(2) 甲南大学大学院自然科学研究科物理学学専攻(修士課程、博士後期課程)における教育に関する方針

(3) カリキュラムマップ

(4) 研究指導フローチャート

修士課程

博士後期課程

専門性を磨き、多様な分野で活躍する

本専攻の目標としては、基礎的な研究に携わり、これを発展させていくことのできる人材、また、物理の方法論を修得して、それを適切に工学応用に結びつけることのできる高度技術者の育成を目指しています。 修士課程修了時点で、多くの学生が民間企業に就職しています。博士後期課程では、博士の学位を取得後、大学、高専、国公立の研究機関などで研究者として活躍しています。

修士課程/博士後期課程

理論物理学 有限多体系の構造および反応に関する理論的研究。量子論、宇宙論に関する研究。

宇宙粒子物理学 極限エネルギー宇宙線、超高エネルギーガンマ線・ニュートリノなどの宇宙粒子の起源や加速機構の実験的研究。重力レンズ効果を利用した暗天体の探索。

原子核物理学 原子核構造、原子核反応および宇宙核物理の実験的研究。原子核実験用測定装置およびデータ処理についての研究。

宇宙核物理学 新世代ガンマ線による恒星の進化と元素の起源および宇宙の核現象に関する研究。天体核物理核データベースの構築(甲南大学-ブリュッセル自由大学共同プロジェクト)。

光・量子エレクトロニクス 低次元物質における光非線形効果の解明と新光機能の創成に関する研究。量子暗号通信用の単一光子計測の研究。

光物性物理学 レーザーを用いた固体およびナノ構造物質の蛍光、光伝導などの実験的研究。非線形光学現象の研究。

半導体物理学 ナノスケールの構造をもった半導体中の光過程の解明とデバイスへの応用についての研究。

電子物性物理学 低温・強磁場環境中での、半導体および導電性酸化物に関する電子輸送現象の量子効果の研究。テラヘルツ光を用いた物性物理学の基礎および応用研究。

授業科目

修士課程(2017年度以降の入学生に適用)

博士後期課程(2010年度以降の入学生に適用)

関連リンク

PAGE TOP