図書館・センター

図書館・センター

講習

ゴール型球技の授業づくり
講習時間 6時間
期間 2019年7月23日(火)
定員 30名
受講料 6,500円
対象 小学校教諭、中・高・特別支援学校の保健体育教諭
場所 甲南大学 六甲アイランド 総合体育施設・南グラウンド・陸上競技場インフィールド

本講習では、ゴール型球技の授業づくりに寄与することを目的として「サッカー」を例に、ゴールを想定した、逆算の考え方からクラス全体でサッカーを毎時間楽しみ、小さな学びを重ねていく授業を目標に以下の内容を取り上げます。

①講義では、体育授業の枠組み(人数、場所、時間数)の中で、6~8回の授業の展開を年代ごとに具体例を取り上げて解説します。

②「サッカー」のゲームを成立させるための基礎技術・戦術学習(発育に合わせた課題の設定と目の前の子ども達に合わせた発展、声かけのポイント等)

③授業のマネジメント(効果的に効率よく授業を進めるためのポイント)

サッカーの得意・不得意は問いません。

担当講師(現職)、専門分野
桂 豊(スポーツ・健康科学教育研究センター教授)コーチ学、サッカー指導論
試験の形態
実技実習中に理解度等を評価します。
講習スケジュール(9:00~16:30、下記の時間は若干前後する場合があります。)
9:00~ 受付
9:30~10:30 講義
10:30~12:00 実技
12:00~13:00 昼休み(1時間)
13:00~14:00 講義
14:00~16:00 実技
16:00~16:30 講義
16:30 解散(予定)
器械運動の授業づくり
講習時間 6時間
期間 2019年7月26日(金)
定員 30名
受講料 6,500円
対象 小学校教諭、中・高・特別支援学校の保健体育教諭
場所 甲南大学 岡本キャンパス 講堂兼体育館

本講習では、器械運動の授業づくりに寄与することを目的として、以下のテーマを扱います。

①器械運動の独自性

身体教育における器械運動の役割に関する講義

②技の体系と基本技の指導法および基礎技能養課題

器械運動の授業において指導対象となる技の構造にもとづく整理分類法について紹介します。また、この視点に基づいて、各種目における基礎技能養成課題の例を紹介します。

③器械運動の授業マネジメント

器械運動の授業を行うにあたって不可欠なマネジメント的視点について主に講義形式で説明します。

器械運動の得意・不得意は問いません。
担当講師(現職)、専門分野
吉本忠弘(スポーツ・健康科学教育研究センター准教授)スポーツ運動学、体操競技・器械運動指導論
試験の形態
実技実習中に幇助法に関する試験を行います。
講習スケジュール(9:00~16:30、下記の時間は若干前後する場合があります。)
9:00~9:30 受付
9:30~12:00 講義
12:00~13:00 昼休み(1時間)
13:00~16:30 実技 実技実習中に幇助法に関する試験を行います。
16:30 解散(予定)

受講申込

PAGE TOP