図書館・センター・機構

図書館・センター・機構

講習

ゴール型球技の授業づくり
講習時間 6時間
期間 2020年7月28日(火)
定員 30名
受講料 6,500円
対象 小学校教諭、中・高・特別支援学校の保健体育教諭
場所 甲南大学 六甲アイランド 総合体育施設・南グラウンド・陸上競技場インフィールド

本講習では、ゴール型球技の授業づくりに寄与することを目的として「サッカー」を例に、ゴールを想定した、逆算の考え方からクラス全体でサッカーを毎時間楽しみ、小さな学びを重ねていく授業を目標に以下の内容を取り上げます。

①講義では、体育授業の枠組み(人数、場所、時間数)の中で、6~8回の授業の展開を年代ごとに具体例を取り上げて解説します。

②「サッカー」のゲームを成立させるための基礎技術・戦術学習(発育に合わせた課題の設定と目の前の子ども達に合わせた発展、声かけのポイント等)

③授業のマネジメント(効果的に効率よく授業を進めるためのポイント)

サッカーの得意・不得意は問いません。

担当講師(現職)、専門分野
桂 豊(スポーツ・健康科学教育研究センター教授)コーチ学、サッカーの動作分析、サッカーの指導法
試験の形態
実技実習中に理解度等を評価します。
講習スケジュール(9:00~16:30、下記の時間は若干前後する場合があります。)
9:00~ 受付
9:30~10:30 講義
10:30~12:00 実技
12:00~13:00 昼休み(1時間)
13:00~14:00 講義
14:00~16:00 実技
16:00~16:30 講義
16:30 解散(予定)
スポーツ運動学
講習時間 6時間
期間 2020年7月30日(木)
定員 25人
受講料 6,000円
対象 小学校教諭(中学、高校、特別支援、幼稚園も可)
場所 甲南大学 岡本キャンパス

本講習は、体育教師の指導力向上への寄与を目的として、スポーツ運動学的立場から、体育授業実践のあり方について検討することを目的とする。具体的には以下の4つの内容から構成される。

①体育授業の歴史と今日的課題

②体育の独自性とは何か?

➂スポーツ運動学的立場からみた教師の指導のあり方

④運動が苦手な教師はどのように指導を行うことができるのか?

担当講師(現職)、専門分野
吉本 忠弘(スポーツ・健康科学教育研究センター准教授)スポーツ運動学、生涯スポーツ論・体操競技・器械運動指導論
試験の形態
未定
講習スケジュール
未定
器械運動
講習時間 6時間
期間 2020年7月31日(金)
定員 25人
受講料 6,500円
対象 小学校教諭(中学、高校、特別支援、幼稚園も可)
場所 甲南大学 岡本キャンパス 講堂兼体育館

本講習では、器械運動の授業における「技術指導」と「授業マネジメント」に関する教師の技能向上に寄与することを目的とする。講習では、スポーツ運動学、生涯スポーツ論および体育科教育学の視点から講義と実技を行う。主な内容は以下のとおりである。

①体育授業における器械運動の位置づけ

②器械運動の授業づくり概論 

③実技実習(器械器具を使った運動遊び、マット、跳び箱、平均台、鉄棒)

④実技試験(幇助法に関する試験)

担当講師(現職)、専門分野
吉本 忠弘(スポーツ・健康科学教育研究センター准教授)スポーツ運動学、体操競技・器械運動指導論
試験の形態
実技試験(幇助法に関する試験)
講習スケジュール
未定

受講申込

PAGE TOP