理工学部

物理学科

  • 理工学部
  • 物理学科
  • DEPARTMENT OF PHYSICS
物理学科

各研究室紹介

自然科学コース

教員名 研究室テーマ
宇宙粒子研究室

梶野文義 教授
山本常夏 教授

高エネルギー宇宙物理、宇宙線の起源、素粒子実験

原子核研究室

宇都宮弘章 教授
秋宗秀俊 教授

核構造・核反応の実験的研究、宇宙核物理の研究、
超微量元素分析

理論研究室

須佐元 教授
冨永望 教授

宇宙物理学の理論的研究

物理工学コース

教員名 研究室テーマ
半導体物性研究室

梅津郁朗 教授

超微細構造半導体の量子効果の研究

光・量子エレクトロニクス研究室

安藤弘明 教授
市田正夫 教授

低次元半導体における光非線形現象の研究

光物性研究室

青木珠緒 教授

有機・無機半導体、蛍光体、極限物性の研究

電子物性研究室

小堀裕己 教授
山崎篤志 教授

強相関電子系物質の量子輸送現象と電子状態の研究

自然科学コース

自然科学コース原子核研究室

加速器を用いた原子核反応から、
宇宙や物質の成り立ちを解明。

自然科学コース 原子核研究室

原子核にエネルギーを与えると、どう変化するか。原子核の変化を調べるには、加速器と呼ばれる装置で高エネルギーの粒子をぶつけた観測データから検証する必要があります。甲南大学は、SPring-8をはじめとして世界的な最先端の実験施設が近くにあり立地も恵まれています。この研究室では毎年こういった学外の実験施設を利用して実験をおこなっています。実験によって作り出す原子核の変化は、地球上で自然には起こり得ない、宇宙の中性子星などでしか見られない現象です。データを解析することにより宇宙や物質の成り立ちを解明することをめざします。世界中だれも見たことのない、理論的にしか予想されていない現象を実験的に明らかにする。そこには高校までの実験とはまったく違う楽しみがありますが、つねに成功するとも限りません。「失敗は学生時代の特権」と考えつつ、理論を実験に応用する力を身につけてください。

秋宗 秀俊 教授 専門分野:実験核物理
KEYWORD:光核反応 / 元素の起源 / クラスター構造 / ピグミー共鳴
秋宗 秀俊 教授
自然科学コース理論研究室

星の誕生をシミュレーションし、
未来の観測結果を予言する。

自然科学コース理論研究室

宇宙の誕生後、最初の星はどのようにして、どのようなものが生まれたのか。それが研究室の大きなテーマです。現在の仮説では、太陽の数百倍といった重い星が中心だったとされていますが、はたして軽い星は誕生しなかったのか。星の質量は寿命に影響しますから、小さくて軽い星が生まれていたなら、宇宙で最初期に誕生した星が観測範囲にあるかもしれない。その可能性を、コンピュータシミュレーションで検証しています。宇宙規模の疑問に対して理論的に決着をつけ、未来の観測結果を「予言」する。これは本当にエキサイティングな挑戦です。ただ、ゼミ生の卒業研究に関しては、もっと自由にテーマを設定してもらっています。テーマを考え、実験などの検証方法をプランし、最終的に論文として発表する。その一連のプロセスは、研究者としてだけでなく社会でも必要な力です。

須佐 元 教授 専門分野:宇宙物理
KEYWORD:銀河形成論 / 超新星爆発 / 元素の起源
須佐 元 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

学ぶほどに、物理への興味が増していく

4年次 林 亮太さん 兵庫県立舞子高校 出身

4年次 林 亮太さん
1年次は力学と電磁気学の基本を学び、2年次以降は熱力学や量子力学なども学び始めます。4年次の現在は光物性の研究室で卒業研究に励む日々です。量子力学の世界では、電子が壁を通り抜けるとか、日常では考えられないような現象が起きるんです。そうした刺激的な学びを通じて、物理学に対する関心がますます高まりました。今後は大学院に進み、半導体分野を中心に「世界の不思議」を研究していきたいと思います。
林亮太1さんの日

物理工学コース

物理工学コース光物性研究室

未来の情報・通信を加速する、
有機半導体の実現をめざして。

物理工学コース光物性研究室

わたしの研究室は、光を使って物質の状態を調べる光物性の研究がテーマです。たとえば、アントラセンというベンゼン環が3つ縮合した有機分子は光との相互作用が強く、光を強く吸収して発光する性質が知られています。このアントラセンの薄膜の厚さを制御すれば応答の高速な光素子に応用できることが予想されており、その実現に向けた実験をおこなっています。いままでの光素子に比べてはるかに高速な応答性を持つ素子を実現するための基礎となる研究ですね。分子というと化学的なイメージがありますが、わたしたちは物性物理の対象として分子の電子的な状態を研究しています。このような研究を通して、試料作製、測定、解析といった物性物理の研究に必要なスキルを学べるように配慮しています。少人数なので、学生たちのディスカッションもつねに活発な研究室です。

青木 珠緒 教授 専門分野:光物性
KEYWORD:レーザー分光 / ナノ微粒子 / 有機半導体
青木 珠緒 教授
物理工学コース半導体物性研究室

半導体結晶のナノ構造化を制御して、
エネルギー問題の解決に迫る。

物理工学コース半導体物性研究室

光を電気に変える太陽電池や、水を酸素と水素に分解する光触媒といったエネルギー関連デバイスの開発。パルスレーザーとナノテクノロジーを駆使した高性能デバイスの開発をめざしています。パルスレーザーを時間制御し二方向から照射。制御が困難な非平衡状態を制御することで、他の方法では作成困難なこれまでにないナノ構造半導体を作ろうというわけです。これはこれまでの成果を積み上げたオリジナルなアイデアで、世界でオンリーワンの研究です。微細なナノの世界ですが、支配している物理法則は宇宙スケールでもおなじです。基礎さえ理解すれば応用範囲が非常に広いのが物理学の最大の魅力。エネルギーという社会問題を解決するためにも物理学が威力を発揮します。そのなかでも物理学を基礎として新たな高機能材料開発を追究しているのがこの研究室です。

梅津 郁朗 教授 専門分野:半導体・ナノ結晶
KEYWORD:ナノテクノロジー / 太陽電池 / 非平衡レーザープロセッシング
梅津 郁朗 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

前例のない研究に挑戦することで成長

4年次 長澤 美波さん 国立金沢大学附属高校 出身

4年次 長澤 美波さん
星の観測が好きだったので、宇宙粒子研究室で流星をテーマに研究しています。もしも太陽系外からやってきた流星を観測できれば大きな発見になるので、自分で撮影した画像や動画から、流星の速度や方向を知るための分析方法の研究をしています。いままで同じテーマの研究をした先輩がいないため手探りの状態ですが、それだけに研究方法からスケジュール管理まで、すべて自分だけで考える力がついたと思います。
長澤さんの1日

関連リンク

PAGE TOP