理工学部

物理学科

  • 理工学部
  • 物理学科
  • DEPARTMENT OF PHYSICS
物理学科

各研究室紹介

物理工学系

教員名 研究室テーマ
半導体物性研究室

梅津 郁朗 教授

超微細構造半導体の量子効果の研究

光・量子エレクトロニクス研究室

安藤 弘明 教授
市田 正夫 教授

低次元半導体における光非線形現象の研究

光物性研究室

青木 珠緒 教授

有機・無機半導体、蛍光体、極限物性の研究

電子物性研究室

小堀 裕己 教授
山﨑 篤志 教授

強相関電子系物質の量子輸送現象と電子状態の研究

宇宙理学系

教員名 研究室テーマ
宇宙粒子研究室

梶野 文義 教授
山本 常夏 教授

高エネルギー宇宙物理、宇宙線の起源、素粒子実験

原子核研究室

宇都宮 弘章 教授
秋宗 秀俊 教授

核構造・核反応の実験的研究、宇宙核物理の研究、 超微量元素分析

理論研究室

須佐 元 教授
冨永 望 教授

宇宙物理学の理論的研究

研究室紹介

宇宙理学コース 宇宙粒子研究室
山本 常夏 教授

宇宙からの電磁波や粒子を観測し、
データから極限宇宙を探る。

宇宙理学コース 宇宙粒子研究室
光や電波、粒子など、宇宙から地球に降ってくるものをデータ化し、観測する研究室です。わたしたちが肉眼で見ることができる天体というのは限られているため、こうしたデータを見ることで宇宙を見るわけです。また、観測に必要となる検出器も、最新の技術を利用して自分たちで開発。世界最大のCTA大口径望遠鏡で高エネルギーガンマ線を観測し、極限宇宙を探ろうという国際共同研究にも参加。核となる検出センサーの開発を担当しています。
山本常夏教授
物理工学コース 光物性研究室
青木 珠緒 教授

より効率的なレーザー発振を、
薄膜の有機結晶で実現する。

物理工学コース 光物性研究室
現在、レーザーの多くは無機物でつくられており、DVDプレーヤーなど多くの分野で利用されています。有機物は発光効率が高く、炭素と水素からなるため原料調達や試料作製プロセスが比較的容易であるなど数多くのメリットがありますが、耐久性が低いという欠点があります。光物性研究室ではガラス板間の薄い隙間に作成することで試料の強度を上げ、レーザー発振の研究を進め、光と有機物質の間で起こる物理現象を探索しています。
青木珠緒教授
STUDENT VOICE
高校とは次元の違う物理学で、
興味のあった宇宙にアプローチ。
高校とは次元の違う物理学で、
興味のあった宇宙にアプローチ。
濱野風海さん 4年次
大阪・私立桃山学院高校 出身

濱野風海さん 4年次
大阪・私立桃山学院高校 出身

大学4年間の学びで、いちばん印象に残っているのは1年次後期の「力学I」ですね。この基本中の基本となる講義で「大学と高校は次元が違う」ことを痛感しました。ただ公式を覚える「勉強」ではなく、その公式を自分で導きだす「学問」なんだと。専門分野を学ぶ厳しさを感じると同時に、やる気があふれてきました。研究室ではシンチレーションカウンターという放射線測定器でミューオンという宇宙線の観測をおこなっているのですが、観測に必要なハードウェアやソフトウェアの改良も必要なので、多彩なスキルが学べました。卒業後は大学院に進み、4年間で学んだ知識と経験を生かして宇宙関連の研究を続けます。
1年次 ▶▶▶
高校の学びを基本に積み上げる
前期は高校での学びとの架け橋となる基礎的なことが中心。後期からは、実験結果の集計方法や数式の表し方、レポート作成など具体的になっていきます。
2年次 ▶▶▶
学びや実験内容が一気に高度化
電磁気学や熱力学に加えて、相対性理論など、学びの分野も難しさを増していきます。実験も研究室での本格的な研究を想定した高度な内容になりますね。
3年次 ▶▶▶
研究室をまわってテーマ探し
量子力学など、学びのハードルがさらにアップ。実験では、各研究室をまわって関連した実験を経験し、自分が関心をもてそうな研究内容を探します。
4年次 ▶▶▶
宇宙線ミューオンの観測に夢中
4年間の集大成として、ミューオンという宇宙線を観測し、そのデータを解析。装置の電圧や設置する天頂角などを工夫しながら研究しています。

関連リンク

PAGE TOP