理工学部

物理学科

  • 理工学部
  • 物理学科
  • DEPARTMENT OF PHYSICS
物理学科

ピックアップ研究室

半導体物性研究室

梅津 郁朗 教授 博士(工学)

  • 物理学科 / 半導体物性研究室
  • 梅津 郁朗 教授 博士(工学)
  • 筑波大学大学院
    工学研究科博士課程物理工学専攻
    専門分野 / 半導体工学
    研究内容 ナノ構造半導体、
    レーザープロセッシング

半導体の多様性を求めて

〜レーザーと名のテクノロジーを駆使しエネルギー問題に挑戦〜

皆さんは半導体という言葉にどのようなイメージを持つでしょうか?パソコンや携帯電話をはじめとして今や半導体の使われていない電化製品はほとんどないと言ってもいいでしょう。そればかりではなく太陽電池や省エネルギーのLED電球なども半導体です。現代生活を便利にするだけではなく、持続可能な環境適応型社会を作り上げるためにも半導体は重要です。このように一口に半導体と言っても求められていることは多様です。半導体は同じ物質であっても構造を変化させることによって機能の多様性は格段に向上します。現代社会にこれだけ使われている半導体ですが実は最も安定な単結晶という状態以外は、その性質はほとんど分かっていないのです。構造を自由に変えることができれば、ほぼ無限とも言える多様性が期待できます。表現を変えるとそれは宝の山。新しい物理も新しい応用もそこに眠っているのです。

パルスレーザーによる半導体ナノ結晶生成過程の解析

パルスレーザーによる
半導体ナノ結晶生成過程の解析

私の研究の中心はパルスレーザーを使ってナノ構造を持つ半導体を作ることです。パルスレーザーは非常に短い時間に非常に強い光を出すことができ、この特徴を上手く利用すれば、これまでに無いナノ構造を持つ半導体が作れます。つまり、レーザーとナノテクノロジーを駆使して、世界に一つしかない自分だけの半導体を作ることができるのです。この研究がうまくいけば次世代のエネルギー供給源として重要な、太陽電池をはじめとする半導体素子の効率を飛躍的に向上させることも夢ではありません。皆さんもオンリーワンの半導体を作って、将来ますます重要になるエネルギー問題に挑戦してみませんか?

研究室の特色

研究室の特色
半導体を様々な視点から研究しています。情報素子としての半導体はもちろんのことクリーンエネルギーの代表の太陽光のエネルギーを電力に交換する太陽電池などの研究も行っています。

研究室の自慢

研究設備が充実していて、やる気さえあれば学生が成果を上げやすい環境が整っています。実際に比較的大学院生が多く、大学院生も積極的に学会発表をしています。あなたの研究の結果が環境問題に貢献できるかもしれません。

この研究室で行われている研究テーマ

  • パルスレーザーを用いた半導体ナノ結晶の創成
  • 非平衡半導体プロセスの研究
  • 高効率太陽電池材料としての半導体の研究
  • 半導体ナノ結晶間のエネルギー移動の研究

学生インタビュー

研究テーマ

硫黄を過飽和ドープしたシリコンの太陽電池応用

私が甲南大の物理学科に入学したのは実験実習科目が充実しているからです。高校ではあまり実験の機会がなかったので大学入学後に新たな物理のおもしろさが分かってきました。実験をしていると理論的なことの理解も深くなるように思います。私は色々な実験を通して物作りに興味を持ちました。特に光を当てると電流が発生する物理現象と応用的な意味から太陽電池に興味を持ち、現在は太陽電池関連の研究をしています。はじめて自分で作成した試料に光を当てて実際に発電したときは感動しました。大学院でもっと勉強してエネルギー問題に貢献したいと思っています。

物理学専攻修士1年次 長尾 克紀さん

物理学専攻修士1年次
長尾 克紀さん

関連リンク

PAGE TOP