文学部

英語英米文学科

  • 文学部
  • 英語英米文学科
  • DEPARTMENT OF ENGLISH LITERATURE AND LANGUAGE
英語英米文学科
「言語」「文化」「文学」の奥深さに触れてみませんか

教授陣は「英米文化・文学」、「英語学」の各分野をカバーしており、バランスの取れたカリキュラムで広い視点から学べるよう工夫しています。学生が研究室を自由に訪れるオフィスアワーや、教員のホームページで最新情報を提供するなど、教員と学生のコミュニケーションが積極的に図られています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
大森 義彦
教授

アメリカ文学、現代アメリカの小説やドラマを研究

現代のアメリカ文学が描き出す
多様なアメリカ像について検討する

井野瀬 久美惠
教授

ヴィクトリア朝〜第一次大戦の大英帝国の文化史

文化を中心に、イギリスの
過去と現在を対話させる

安武 留美
教授

アメリカ文化

女性たちの歴史的体験を通して
アメリカの社会・権力構造を考察する

福島 彰利
教授

英語音声学、韻文と散文のリズム、二次強勢の機能

英語の音声を音声学、音韻論の
両側面からどのように記述できるか

秋元 孝文
教授

現代アメリカ文学およびアメリカ文化

アメリカの現代小説や文化を通して
アメリカ社会をとらえる

中谷 健太郎
教授

人間が言語を理解するとき、どのような
心理機能が働くかを研究している

言葉がどのような概念で
構成されているかを検証する

DUFFIELD Nigel G.
教授

言語と認知、ベトナム語統語論、言語相対論

日英語の相違点を再考し、
語調のおよぼす言語的・認知的
影響について考える

岩井 学
教授

イギリスの文学と文化

ピーターパン、大英帝国そして/あるいはディズニー

MARTIN Andrew T.
准教授

音韻論、心理言語学

言語の音韻規則がどのように
構成されているかを検討する

杉浦 裕子
准教授

イギリス文学、シェイクスピアを中心としたエリザベス朝演劇

シェイクスピア劇を原文で味わう

浜本 隆三
講師

アメリカの文学と文化

19世紀米国人作家マーク・トウェイン研究

ゼミナール紹介

DUFFIELD Nigel G.ゼミ
日英語の相違点を再考し、語調のおよぼす言語的・
認知的影響について考える

学ぶ楽しさを実感しながら、
言葉と認知の世界を研究。

日英語の相違点を再考し、語調のおよぼす言語的・認知的影響について考える
ゼミのメインテーマはLanguage acquisition(言語習得)。熱意も努力もなく“すんなり母国語を習得する子ども”に対して、なぜ大人は苦労して第2言語を学ぶのか。その理由と違いを探ります。大切なのは、疑問をもつこと。調査の計画をデザインするところから、新しい統計データを集めて既存の調査結果と比較し違いを見つける。能動的なアクションの繰り返しは、学ぶ楽しさを実感できます。求められるステップは一つずつ確実に身につき、成長した自分に出会えるゼミです。
DUFFIELD Nigel G.教授
杉浦裕子ゼミ
シェイクスピア劇を原文で味わう

シェイクスピアから学ぶ、
多面的なものの見方。

シェイクスピア劇を原文で味わう
わたしの専門はイギリス文学で、とくにエリザベス朝演劇を研究しています。ゼミではシェイクスピアを題材に、ディスカッションも交えながら、丁寧に原文を読み進めます。宝箱のようなセリフの数々から多彩なイメージを探し出し、韻文の詩的な効果を耳で感じ、口にも出してみます。また「万の心をもつ」と言われるシェイクスピアの多様な人間観察を通じて、偏らないものの見方を育ててください。
杉浦裕子教授
STUDENT VOICE
夢の海外留学に成功できたのは、
充実したカリキュラムのおかげ。
夢の海外留学に成功できたのは、
充実したカリキュラムのおかげ。
戸田薫奈さん 4年次兵庫県立伊丹北高校 出身

戸田薫奈さん 4年次
兵庫県立伊丹北高校 出身

海外留学の制度やサポートが魅力で甲南大学に入学したのですが、最初のTOEFL®試験は「留学の可能性が限りなく低い」と言われるほど無残な結果でした。なので夏冬の長期休暇には大学が開催しているTOEFL®集中講座には欠かさず参加。2年間で点数が大きくアップし、海外留学を実現することができました。また、留学直前には、英語でレポートを書いたりプレゼンテーションをおこなったりする授業も選択。留学先ではこのときに学んだスキルがそのまま役立ちました。人と人との交流がさかんなので充実したキャンパスライフが楽しめることはもちろんですが、留学を希望する人にはおすすめできるカリキュラムが整っています。
1年次 ▶▶▶
海外留学をめざして英語に集中
留学を見据えた英語集中コースに入れたので、カリキュラムは毎日ぎっちり。英語英米文学科であることもあって8割は英語の授業でした。
2年次 ▶▶▶
授業以外の課外活動にも参加
授業の数は減りましたが、サークル活動や留学資金のためのアルバイトでやはり忙しい毎日。現代講座実施委員会の委員長も務めました。
3年次 ▶▶▶
海外留学で、いざカナダに出発
留学しても4年間で卒業できるよう前期はがんばって単位取得。後期からカナダのカールトン大学へ。さまざまな異文化交流を体験しました。
4年次 ▶▶▶
単位はそろったので卒業論文中心
8ヶ月の留学から帰国。いまは就職活動も終えて『ハックルベリー・フィンの冒険』をテーマにした卒業論文の執筆に集中しているところです。

関連リンク

PAGE TOP