文学部

人間科学科

  • 文学部
  • 人間科学科
  • DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES
人間科学科
深く人間を理解する存在として活躍できる人材育成が目標です。

心理学の分野では認定心理士および認定心理士(心理調査)の資格に対応しています。「博物館学芸員」資格や、中学校(社会)、高等学校(地理歴史・公民)教員免許の資格を取得することもできます。大学院への進学もサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
北川 恵
教授

臨床心理学、人格発達理論、親子関係の理解と支援

親子関係と人格や心の健康との関連について考えたり、親子関係支援について学ぶ

福井 義一
教授

臨床心理学、身体志向のトラウマ・ケア

トラウマの影響とトラウマからの回復について科学的心理学の研究法を用いて検討する

森 茂起
教授

児童虐待等の被害者への心のケアに関する研究

遊戯療法・箱庭療法などの実習を基礎に、子どもをめぐる社会問題の分析を試みる

大澤 香織
准教授

臨床心理学、特に認知行動療法

認知行動療法の発想とその応用について学び、心身の健康に関する諸問題の理解と援助について研究する

大西 彩子
准教授

臨床心理学、社会心理学、教育心理学

児童期・青年期の心の問題について、先行研究を調べながら考えていく

子安 増生
特任教授

認知心理学、発達心理学

「心の理論」の発達過程など幼児期・児童期の認知発達の研究、その他広く認知心理学、発達心理学について研究する

野崎 優樹
講師

人格心理学、教育心理学、社会心理学

「感情知性」をはじめとする、感情と対人能力の個人差および認知過程を、実証研究を通じて検討する

川田 都樹子
教授

近・現代の芸術・文化論

現代の芸術や文化を体験的に学びながら、各自がテーマを決めて研究発表し、全員でディスカッションする

木村 博
教授

近代ドイツ哲学、環境倫理学および近代日本思想

哲学や環境にむきあうことで、そのなかに潜む問題を発見し問題を解決しうるような思考力および想像力を育成する

西 欣也
教授

美学・芸術学、哲学思想史

芸術論、現代文化論、哲学思想の領域からさまざまな問題を取り上げ、価値や現実感覚とその歴史的社会的条件との関係を論じる

服部 正
准教授

美術史、芸術学、障がいとアート

芸術とその隣接領域(福祉、教育、メディアなど)の関係を探ることで、表現行為の芸術的/社会的意味を考察する

川口 茂雄
准教授

フランス・ドイツ哲学、宗教学、メディア史学

紙や液晶画面で言葉・イメージを読み/書きするものとしての人間のあり方を研究(哲学思想、社会慣習、アニメ、宗教文化など)

ゼミナール紹介

北川 恵ゼミ
親子関係と人格や心の健康との関連について考えたり、
親子関係支援について学ぶ

親子関係を中心にしつつ、
人間関係について自由に研究。

親子関係と人格や心の健康との関連について考えたり、親子関係支援について学ぶ
親子関係が子どもの発達や性格形成にどのように影響するかを研究しています。ゼミでも多くの学生が親子関係に興味をもって研究していますが、半数ぐらいはそれ以外をテーマにしています。音楽が気分に与える影響とか、人間関係の親密度とウソ発見の関係とかさまざまです。親子関係に興味のある人には人間科学研究所で地域の子育て支援にふれてもらえます。関心のあるテーマについて心理学のアプローチで研究できるよう応援していきます。
北川 恵教授
西 欣也ゼミ
芸術論、現代文化論、哲学思想の領域から
さまざまな問題を取り上げ、価値や現実感覚と
その歴史的社会的条件との関係を論じる

日常とは違う立ち位置から、
現代社会を多角的に考える。

芸術論、現代文化論、哲学思想の領域から
さまざまな問題を取り上げ、価値や現実感覚とその歴史的社会的条件との関係を論じる
わたしの専門は美学・芸術学で、とくにドイツの現代思想家テオドール・アドルノを研究しています。ただしゼミでの学びは「社会のあり方を外から考える」こと。学生たちが自ら企画して、社会への問題意識が強いアーティストの創作現場を訪問したり、韓国やフィリピンに出かけて現地の学生とディスカッションしたりしています。日常とは違う立ち位置から批判的に社会を見つめなおし、多角的な視点を身につけてもらうゼミです。
西 欣也教授
STUDENT VOICE
大学にいながら社会の現場も学べる。
夢へ一歩ずつ近づく経験ができる。
大学にいながら社会の現場も学べる。
夢へ一歩ずつ近づく経験ができる。
大西理沙子さん 4年次
高知県立高知小津高校 出身

大西理沙子さん 4年次
高知県立高知小津高校 出身

もともと本を読むのが好きなのとカウンセラーに向いていると友人に言われたこともあり、文学部の中でも心理学のある大学を選びました。甲南大学に入ってからは博物館学を学び、博物館の学芸員資格取得にチャレンジしました。カリキュラムを受講して実習をおこなうことで、資格を取ることができます。実習先の神戸市立王子動物園では、キリンやゾウの飼育係から、サマースクール生の誘導まで、あらゆる業務を体験。インターンに近い仕事をやりきって、自分の幅が広がりました。一度はあきらめかけてたのですが、学生のことを一番に考えてくれる先生に恵まれたことで、卒業後は夢だった「カウンセラー」になるために、進学することに決めました。人の人生をいっしょに考えていくという尊い仕事をめざして頑張ります。
1年次 ▶▶▶
心理と表現のイメージトレーニング
先生が入れ替わるオムニバス授業では、心理学の実験、レポートの書き方など研究の基礎を学びました。2週間に1本のレポートを友達と楽しくこなしました。
2年次 ▶▶▶
博物館実習で社会のしくみを学ぶ
学年ごとにいろんな博物館に行って仕事の見学をし、博物館のしくみを理解。思ったことや考えたことをレポートにまとめます。
3年次 ▶▶▶
情報・メディア論で一歩先へ
面白い講義で学芸員の心構えを叩き込まれます。ボランティアで子どものためのプレイセラピーも実施。心理臨床を学ぶ自信にもつながりました。
4年次 ▶▶▶
長期の実習で学芸員の卵に
学芸員の授業として、博物館の実習を2週間受ける、貴重な体験をしました。実習先の動物園では、飼育係やサマースクール生の受け入れを体験。

関連リンク

PAGE TOP