文学部

人間科学科

  • 文学部
  • 人間科学科
  • DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES
人間科学科
深く人間を理解する存在として活躍できる人材育成が目標です。

心理学の分野では認定心理士および認定心理士(心理調査)の資格に対応しています。「博物館学芸員」資格や、中学校(社会)、高等学校(地理歴史・公民)教員免許の資格を取得することもできます。大学院への進学もサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
大澤 香織

臨床心理学、特に認知行動療法

認知行動療法の発想とその応用について学び、
心身の健康に関する諸問題の理解と援助について研究する

大西 彩子

臨床心理学、社会心理学、
教育心理学

児童期・青年期の心の問題について、
先行研究を調べながら考えていく

北川 恵

臨床心理学、人格発達理論、
親子関係の理解と支援

親子関係と人格や心の健康との関連について
考えたり、親子関係支援について学ぶ

子安 増生

認知心理学、発達心理学

「心の理論」の発達過程など幼児期・児童期の認知発達
の研究、その他広く認知心理学、発達心理学に関わる研究

野崎 優樹

人格心理学、教育心理学、社会心理学

「感情知性」をはじめとする、感情と対人能力の個人差および認知過程を実証研究を通じて検討する

福井 義一

臨床心理学、
身体志向のトラウマ・ケア

トラウマの影響とトラウマからの回復について
科学的心理学の研究法を用いて検討する

森 茂起

児童虐待等の被害者への
心のケアに関する研究

遊戯療法・箱庭療法などの実習を基礎に、
子どもをめぐる社会問題の分析を試みる

川口 茂雄

フランス・ドイツ哲学、
宗教学、メディア史学

紙や液晶画面で言葉・イメージを
読み/書きするものとしての人間のあり方を研究
(哲学思想、社会慣習、アニメ、宗教文化など)

川田 都樹子

近・現代の芸術・文化論

現代の芸術や文化を体験的に学びながら、各自が
テーマを決めて研究発表し、全員でディスカッションする

木村 博

近代ドイツ哲学、
環境倫理学および近代日本思想

哲学や環境にむきあうことで、そのなかに潜む問題を
発見し問題を解決しうるような思考力および想像力の育成

西 欣也

美学・芸術論、哲学思想史

芸術論、現代文化論、哲学思想の領域からさまざまな問題を
取り上げ、価値や現実感覚とその歴史的社会的条件との
関係を論じる。

服部 正

美術史、アウトサイダー・アート/
障がい者アートの研究

芸術とその隣接領域(福祉、教育、メディアなど)の関係を
探ることで、表現行為の芸術的/社会的意味を考察する

ゼミナール紹介

心理臨床領域大西 彩子ゼミ

いじめをテーマに人間の心理を理解し、
その成果を社会に対して発信する。

心理臨床領域

発達に問題を抱えた子どもの学校適応、喫煙ポスターと社会規範などのテーマについても取り上げましたが、昨年度はいじめ問題がゼミの大きなテーマでした。いじめ問題解消のために教育現場に配布するパンフレットを作成しました。また、グループで社会心理学や臨床心理学などの領域の、いじめに関する研究を調べました。人間の社会的な心理を探究するのはもちろん、英語の論文を読み込める英語力も養われます。パンフレットの配布対象に心理学の専門用語をわかりやすく説明するプレゼンテーション能力が身につき、グループワークによるコミュニケーション能力を磨くこともできます。心理学を学ぶだけではなく、研究で得た知識や発見を実際の社会に向けて発信していきたい。そうした積極性のある人を待っています。

大西 彩子 准教授 専門分野:臨床心理学・社会心理学
大西 彩子 准教授
人間表現領域西 欣也ゼミ

まず日本を外から見つめ直し、
広い視野で社会問題を考える。

人間表現領域

美学や哲学というと世間からかけ離れたイメージをもつかもしれませんが、このゼミは「日本を外から見つめ直す」ことがテーマです。昨年はフィリピンのスラム街や孤児院を訪問しましたし、一昨年は韓国と北朝鮮の国境地帯を見学しました。まずは普段経験できない場所から自分たちの日常を、常識をとらえなおす。そのうえで貧困や平和といった諸問題にどのようなアプローチが可能かを考えていくわけです。また、こうした毎年の活動は、すべてゼミ生が相談して決めます。私も、あくまでゼミ生の一人。全員が公平に意見を述べ、ディスカッションしてゼミの活動を決定します。なにかの事情でゼミを休みたい時も、ゼミ生全員に理由を説明して許可を得ます。つまり、ゼミがひとつの社会。自由に意見交換しながら信頼関係を築いていく過程で、実社会でも通用するコミュニケーション能力が磨かれていきます。

西 欣也 教授 専門分野:美学・芸術学・文学理論・思想史
西 欣也 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

興味のある演劇について幅広く学びながら
クリティカルシンキングも身につきました

4年次 宮﨑 優里さん 兵庫県立宝塚北高校 出身

4年次 宮﨑 優里さん
1年次から心理臨床領域と人間表現領域についての知識を広く身につけることができます。わたしは高校が演劇科だったので、演劇に関する研究がしたくてこの学科を選び、芸術について幅広く学ぶことができました。ゼミでも、さまざまな研究をしている人がいるため、興味がある分野以外のテーマについて討論することも多く、論理的に問題点を指摘しながら解決していくクリティカルシンキングが身につきました。
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次
  • 1年次

    心理臨床領域と人間表現領域について幅広く学び、さまざまな知識を身につけていくことができました。
  • 2年次

    レポートや感想文の提出が多い学科ですが、先生方が内容を否定せず、個人の考えを受け入れて評価してくれる点に、高校との違いを感じました。
  • 3年次

    人間表現領域にしぼって授業を履修。学内に自分だけのお気に入りスポットを見つけて10分間1人で過ごす、といったユニークな授業もありました。
  • 4年次

    念願だった演劇の研究として、かつて出身校に赴任していた劇作家・秋山悟史についての論文を執筆しています。

特色ある学び

博物館実習
博物館での展示や運営を
現場の声から実感する

学芸員としての実践的な知識と技術を学ぶため、学内の展示施設ギャルリー・パンセや近隣の美術館・博物館で実習を実施。プロのアーティストや現場で活躍している学芸員から、展示のためのコンセプト立案や具体的な展示方法について直接学びます。資格取得はもちろんのこと、ここから身につくプレゼンテーション能力やプロジェクトの管理・運営の能力は、実社会でも役立ちます。

博物館実習

ファンタジー研究
おなじテーマについて
多様なアプローチで迫る。

専門領域の異なる4人の教員が、芸術学・心理学・文学・哲学といった視点から共通テーマである「ファンタジー」の本質に迫ります。神話のなかのファンタジーから絵画表現におけるファンタジー、あるいは心理臨床の場面におけるファンタジーまで。おなじテーマでも、それに取り組むためには多種多様な研究方法があることを実感できる、人間科学科ならではの授業です。

ファンタジー研究

関連リンク

PAGE TOP