文学部

人間科学科

  • 文学部
  • 人間科学科
  • DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES
人間科学科
人をとりまく現代社会の問題を多角的なアプローチで解決する。

人間というものを総合的に理解するため、心理学や哲学といった従来の領域を越えて人間の心に多角的にアプローチする。それが人間科学科です。ジャンルにとらわれない学びは、実践的な活動によって実社会と積極的に関わることを重視したものです。人間をとりまく現代社会の問題を発見し、解決できる人の育成をめざします。

INTRODUCTION

理論に閉じこもるのではなく、
つねに現場での実践を意識する。

将来的な活躍の場として、心理職や学芸員、あるいは中学・高校での教員など、資格取得もしっかりサポートします。

将来的な活躍の場として、心理職や学芸員、あるいは中学・高校での教員など、資格取得もしっかりサポートします。

臨床心理学を中心とした心理臨床領域と、環境・思想・芸術を中心とした人間表現領域。この2つを融合させた学びが人間科学科の特徴です。私たちは理論の中に閉じこもるのではなく、つねに社会の現場、フィールドに出て実践できるような学びを意識しています。臨床心理士として病院や福祉施設に勤務していた先生や、震災現場に出向いて被災者のトラウマ問題と向き合う教員などが中心となって学科が構成されています。また、人間の心理や表現について深く学ぶ学問ですから、ビジネスにおいて重要なコミュニケーション能力も高く評価されています。

学びのポイント

  • POINT 01
  • ディスカッションやレポート作成の作法を基礎から学ぶ。
人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ
刺激的な意見や視点に出会えて、 自分の幅も広がっていく
この授業では、人間科学科の学びがどんなものか実感するため、レポートの書き方の基礎を学んだり、さまざまなテーマでディスカッションをおこないます。グループワークとして、いままで話したことのない学生と意見交換することも多く、自分と違う視点からの考えはとても刺激になりました。世の中には、わたしの知らないことがまだまだたくさんあります。ここで身につけた知識や考え方を生かし、もっといろいろなテーマを研究していきたいと思います。

3年次 上野 晋也さん

3年次 上野 晋也さん
兵庫県立芦屋高校 出身

人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ

協力してグループワークをおこなうメンバーは、ランダムに決められます。初対面の学生と話す機会が増えるのも、この演習のおもしろいところ。授業を通して人との交流も広がっていきます。

  • POINT 01
  • 学んだ理論を臨床現場で実践しつつ理解を深める。
心理学実習Ⅰ・Ⅱ
実験から報告まで心理学研究をトータルに学べます
この授業では、学生が実験者と参加者に分かれて実験をおこないます。心理学実験というものを両方の立場で体験しつつ、得られた結果を分析し、最終的なレポートをまとめていきます。この過程で、心理学における典型的な研究手法から、学会のフォーマットに準拠したレポートの書き方までトータルに学べます。1年次としては高度な内容ですが、2年次以降はもちろん、卒業研究でも役立つので、ぜひとも履修しておきたい授業です。

3年次 土井 亮大さん

3年次 土井 亮大さん
姫路市立姫路高校 出身

心理学実習Ⅰ・Ⅱ

学生が、実験をおこなう立場と実験を受ける立場、両方を経験して心理学の内容や手法を実感できます。実験結果をきちんと数値化していくなど、漠然としたイメージとは違う、ほんとうの心理学に出会えました。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許(社会)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(地理歴史/公民)
資格 博物館学芸員
その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP