文学部

日本語日本文学科

  • 文学部
  • 日本語日本文学科
  • DEPARTMENT OF JAPANESE LITERATURE AND LANGUAGE
文学部 日本語日本文学科
さまざまな分野のプロフェッショナルが、
日本語・日本文学の多元宇宙にみなさんを案内します!

日本語日本文学科では、8人の専任教員が、学問世界への水先案内人となります。1年次の「基礎演習」から、2,3年次の「演習I・II」、4年次の「研究演習」まで、さらに卒業論文の作成についても、一人ひとり懇切に指導します。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
廣川 晶輝

『万葉集』を中心とした日本上代文学の研究

『万葉集』の研究、和歌文学の研究

田中 貴子

平安時代から室町時代にかけての散文学。
中世仏教文学

説話、御伽草子を読む

塚本 章子

日本近・現代文学。樋口一葉を中心とする
文学・思潮の研究

女性文学の研究、
小説の注釈研究など

木股 知史

日本近代文学(1910~1920年代)。
文学と美術の交流の研究

「イメージと文学」
「短編小説・小品を考える」など

田中 雅史

近代文学の迷宮的イメージと
精神分析(対象関係論)の比較

「海辺のカフカ」
「ブレイブ・ストーリー」などを読む

吉村 裕美

日本語学・言語学

日本語の語彙と表現についての
記述的研究

都染 直也

方言学・社会言語学。現代日本語の生態を
社会言語学の観点から研究

現代日本語における
バリエーションの社会言語学的研究

中畠 孝幸

日本語学。現代日本語の文法。日本語教育

外国人への日本語教育に
必要な文法の研究

ゼミナール紹介

日本語学中畠 孝幸ゼミ

日本語教育を学ぶことで、
異文化理解の姿勢を育成する。

日本語教育を学ぶことで、
異文化理解の姿勢を育成する。

ゼミでは外国人への日本語教育を研究しています。外国人にとってわかりにくい日本語の文法や言葉を理解し、効率よく日本語を教えていくことが目的です。たとえば外国人はよく「スカートを着る」と言ってしまう。
母国語で「着る」と「はく」がおなじ動詞だと、この違いがわからないんですね。つまり日本語を教えるためには、相手の言語や文化にまで興味をもつ必要がある。たんに教える技術というよりも、相互理解の気持ちこそが重要になるんです。このため多くのゼミ生は、台湾の協定校である東海大学で毎年夏休みに開催される「日本語教授法実習」や、日本語教室「あおぞら」を通じて外国人への日本語教育を実践しています。日本語を教えながら同時に異文化を理解していく。そんな刺激的な学びが、このゼミの特長です。

中畠 孝幸 教授 専門分野:日本語学・現代日本語文法
中畠 孝幸 教授
古典文学田中 貴子ゼミ

古典を通じた疑似体験から、
自分で生きていく力を養成する。

古典を通じた疑似体験から、
自分で生きていく力を養成する。

「文学」とは近代以降にできた概念ですから、その常識にとらわれずもっと自由に古典を研究します。だれかの書いた手紙、絵巻物、さし絵のある本もあらゆるものがテーマになります。作品にしばられず、さまざまな古典に登場する人物やモチーフに注目することもできます。幅広い対象の中から、自分にあったもの、本当に大切なものを選択する力を養ってください。古典を学ぶ意義は、自分たちの経験したことがない時代の生き方を疑似体験できること。そこから他者の考え方を知り、自分ならどうするかと考える。人というものは変化しますし、政治や経済などの社会も同じではありません。現在とは違う世界をシミュレーションすることで、そうした変化にも対応していける「自分で生きていく力」を身につけてほしい。つねに「なぜ?」と考えるような人にこそ古典を学んでもらいたいですね。

田中 貴子 教授 専門分野:日本語学・現代日本語文法
田中 貴子 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

日本語を教えることの実践から、
言葉の魅力を伝える大切さを学んだ

日本文学科 3年次 前田 拓哉さん 広島県立呉三津田高校 出身

日本文学科 3年次 前田 拓哉さん
1年次は幅広い必修科目以外に教職課程も履修。2年次からは日本語コースのゼミを選び、日本語教育に関連する科目を履修するようにしていました。印象に残っているのは、3年次の夏休みに台湾の東海大学と連携して現地で日本語を教えた授業です。教職課程の模擬授業でも感じましたが、文法を教えるだけが教師の役割ではなく、まず言語に興味をもってもらうことが大切なんですね。こうした大学での学びから、将来は、もっと“言葉の魅力”を伝えていきたいと思うようになりました。
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 1年次

    日本語と日本文学、それぞれの基礎を学ぶ必修科目に加えて、教師になるための教職課程も履修していました。
  • 2年次

    言語学への興味が増してきたので日本語コースを選び、外国人への日本語教育を専門にしているゼミを選択。
  • 3年次

    ゼミでの内容がどんどん高度に。4年次の卒業論文を視野に入れて、さまざまな論文の読解や精査に集中する日々。

特色ある学び

あおぞら
日本語教室「あおぞら」で国際交流もさかん!

日本語教室「あおぞら」は、地域の外国人に日本語や日本文化を学習してもらうボランティア活動です。春と秋、それぞれ2ヵ月半ほど、週2回のペースで初級と中級のクラスを開設。1年次から4年次まで多くの学生が自由に参加しています。いろいろと試行錯誤しながら日本語を教える過程で、外国の異なる文化にもふれることができ、世界への関心も深まります。

あおぞら

文学散歩
自分の足で、小説が生まれた場所に立ってみる。

近代文学を学ぶ塚本ゼミでは、毎年、2年次の前期授業で谷崎潤一郎作品の読書会をおこない、その生涯を学ぶとともに、作品のテーマなどを話しあいます。そして、夏休みに課外活動として芦屋市の谷崎潤一郎記念館を見学します。原稿の生々しい筆跡や、作家が眺めていた風景などを見ると活字で読んだ虚構の世界が、現実と切り結んだ世界として現れてきます。

文学散歩

関連リンク

PAGE TOP