文学部

社会学科

  • 文学部
  • 社会学科
  • DEPARTMENT OF SOCIOLOGY
社会学科
人・社会・文化を知りたいあなたをサポートします

本学科には、社会学・文化人類学を中心に社会思想・表象文化論など、人・社会・文化の研究を専門にする教員がそろっています。学生のみなさんたちの研究テーマは、音楽、教育、女性の生き方、観光、入浴文化、お祭りなど、多岐にわたりますが、1学年100人程度というアットホームな学科ですので、それぞれが所属するゼミナールの枠にとれわれず、個性豊かな10人のスタッフがこうした多様な関心を引き出し、研究をサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
谷 富夫
教授

都市社会学、宗教社会学、民族関係論

現代都市の構造と機能(しくみとはたらき)を考える

菅 康弘
教授

都市と地域の文化論、視覚・風景・場所へのまなざし、人の移動と空間の選択

今、この時代の’場所’と’居場所’を考える

西川 麦子
教授

文化人類学、地域研究

「日常生活をとらえ直す」がテーマ、自分の居場所、視点などを考える

中里 英樹
教授

家族・人口・働き方の過去・現在・未来

ジェンダー論および人口学をふまえて、日本と世界における個人・家族と働き方を考える

田野 大輔
教授

歴史社会学・メディア史、とくにナチスの大衆宣伝の研究

現代社会におけるメディアと文化にかかわる問題を、さまざまな資料と調査を通して考える

星 敦士
教授

計量社会学、社会ネットワーク研究

個人化する社会のなかで人々のつながりがもつ「支える力」について考える

松川 恭子
教授

文化人類学、南アジア地域研究

異文化理解、自文化理解について、様々なメディアを活用しながら考える

栗田 宣義
教授

文化社会学、社会運動論、理論社会学

ファッション、メイク、ポップカルチャーを社会学的に考える

帯谷 博明
教授

環境社会学、地域社会学、市民参加論

地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、フィールドワークと事例を元に考える

阿部 真大
教授

労働社会学・家族社会学・社会変動論

戦後社会のゆらぎのなかで、労働、文化、家族の変容を考える

ゼミナール紹介

帯谷博明ゼミ
地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、
フィールドワークと事例を元に考える

さまざまな現場にふれながら、
地域の諸問題を発見し分析する。

地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、フィールドワークと事例を元に考える
専門は環境社会学です。たとえば、わたしたちの生活を支える食べ物やそれを生み出す農山村の環境や農業をどのように守るかといった課題を、フィールドワークを通して考えます。ゼミではコミュニティやNPO/NGOなどの市民活動に関心をもっている学生が多いですね。最近は学生主体で計画するゼミ合宿にも力を入れています。さまざまな現場を体験する事で、地域の諸問題を発見し分析する力とともに、ゼミ内外のつながりも養っていきます。
帯谷博明教授
田野大輔ゼミ
現代社会におけるメディアと文化にかかわる問題を、
さまざまな資料と調査を通して考える

いままでの常識を疑って、
自分の手と足を使って調べてみる。

現代社会におけるメディアと文化にかかわる問題を、さまざまな資料と調査を通して考える
わたしの専門はナチスドイツの大衆宣伝の研究ですが、ゼミではSNSやサブカルチャーなど、現代のメディアと文化に関わる問題を研究している学生が多いですね。2年次はグループで調査をおこない、これをパンフレットにまとめます。そのうえで、3年次から一人ひとりが自分の設定したテーマについて研究。身のまわりのちょっとした疑問を手がかりに、自分の手と足を使って問題を調べ、考えをまとめる力を身につけてもらいます。
田野大輔教授
STUDENT VOICE
まず自分の目で見ること、そこから広がった社会とのつながり。
まず自分の目で見ること、
そこから広がった社会とのつながり。
濱田 亜加理さん 兵庫県立御影高校 出身

濱田 亜加理さん 4年次
兵庫県立御影高校 出身

社会学を大学で学びつつ、実際に社会を自分の目で確かめることも重視した4年間でした。国際ボランティア活動でフィリピンなどを訪れ生活基盤となる“家”を建てる支援をしたり、表現活動を通して人を育てるNPOのミュージカル制作に参加したり。多忙でしたが、キャンパスの内と外で社会とのつながりを学び、実感し、自分に向きあえたと思います。先生方も、そうした興味や関心に真剣に応えてくれて、いつもモチベーションを高めてくれました。卒業後は教育関連の出版社に就職が内定していますが、これからも自分の周囲の人が笑っていられるような社会をめざしていろいろな活動を続けていきたいですね。
1年次 ▶▶▶
調査データのレポート作成を体験
社会関係の定義など、社会学的な考え方の基本を学びます。「社会調査基礎演習」では、調査テーマの選択から、データを集めてレポートにまとめるまでを体験しました。
2年次 ▶▶▶
科目選択を自分なりにアレンジ
1年次に比べて選べる科目の幅が大きく広がります。学生による国際ボランティア団体の活動に参加していたので、関連する「ソーシャル・キャピタル論」などを選択しました。
3年次 ▶▶▶
調査実習と軽量的な分析に挑戦
2年次で学んだ量的調査の基礎をベースに、より高度な分析方法「量的データ解析」を履修。その知識を「社会調査実践研究」という実習形式の授業のなかで活用しました。
4年次 ▶▶▶
自らの経験をもとにNPO活動を研究
いまは学外のNPO活動に参加しながら卒業論文の作成に取り組んでいます。これまでの経験をもとに「事業型NPOの発展」について研究しているところです。

関連リンク

PAGE TOP