文学部

社会学科

  • 文学部
  • 社会学科
  • DEPARTMENT OF SOCIOLOGY
社会学科
人・社会・文化を知りたいあなたをサポートします

本学科には、社会学・文化人類学を中心に社会思想・表象文化論など、人・社会・文化の研究を専門にする教員がそろっています。学生のみなさんたちの研究テーマは、音楽、教育、女性の生き方、観光、入浴文化、お祭りなど、多岐にわたりますが、1学年100人程度というアットホームな学科ですので、それぞれが所属するゼミナールの枠にとれわれず、個性豊かな10人のスタッフがこうした多様な関心を引き出し、研究をサポートしています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
谷 富夫

都市社会学、宗教社会学、民族関係論

新しい共同社会の探究
――無縁社会の克服

菅 康弘

都市と地域の文化論、視覚・風景・場所へのまなざし、人の移動と空間の選択

書をもって街へ、“まなざし”をもって旅へ

西川 麦子

文化人類学、地域研究

「日常生活をとらえ直す」がテーマ、自分の居場所、視点などを考える

中里 英樹

家族・人口・働き方の過去・現在・未来

ジェンダー論および人口学をふまえて、日本と世界における個人・家族と働き方を考える

田野 大輔

歴史社会学・メディア史、とくにナチスの大衆宣伝の研究

現代社会におけるメディアと政治のかかわりを、様々な歴史的事例を通して考える

星 敦士

パーソナルネットワークに関する計量的研究

ネットワークが意識・行動に与える影響について実証研究を行う

阿部 真大

労働社会学・家族社会学・社会変動論

戦後社会のゆらぎのなかで、労働、文化、家族の変容を考える

松川 恭子

文化人類学、南アジア地域研究

異文化理解、自文化理解について、様々なメディアを活用しながら考える。

栗田 宣義

文化社会学、社会運動論、理論社会学

ファッションとメイクの社会学、カフェとポップカルチャーの社会学

帯谷 博明

環境社会学、地域社会学、市民参加論

地域の資源・環境をどのように保全・活用していくのか、フィールドワークと事例を元に考える

ゼミナール紹介

メディアとコミュニケーションと表現
栗田 宣義ゼミ

“社会に向けて発信すること”
の大切さをファッションとメイクの研究で身につける。

メディアとコミュニケーションと表現

ファッション、メイク、カフェをテーマにしたゼミです。とはいえ学びの姿勢は真剣そのもの。『non-no』『CanCam』『ViVi』など、ファッション誌を内容分析したり、ストリートでのコスチュームやコスメの普及、流行を調べたりします。そこから、「自然発生的なトレンド形成や時代の変遷」を把握する能力を育み、世界最高水準である日本の「ファッション系統」を研究しています。加えて今年は神戸のおしゃれなカフェのガイドブックを制作しています。原稿執筆や出版といった貴重な経験ができるのみならず、学外との交流を通じたコミュニケーションのちからも培われ、就職はもちろん社会人としての能力育成にも大きく役立つことでしょう。「研究」の楽しさと「社会に向けて発信すること」の大切さを、このゼミで学んでほしいのです。

栗田 宣義 教授 専門分野:文化社会学
栗田 宣義 教授
文化と社会松川 恭子ゼミ

総合的な「語る力」を身につけ、
社会に対する想像力を養うゼミです。

文化と社会

ゼミでは、まず、総合的な「語る力」を養います。「身近な出来事から社会の問題を考える」という課題でPowerPointを活用して漫画風に発表したり、自分が選んだ本の内容をビブリオバトル式で発表したり。だれでも自分のなかに「語りたいこと」の種があるはず。それを文章だけでなく、さまざまな表現方法で語ってほしいと思っています。その過程で、異なる視点をもったゼミのメンバーと「語り」を共有し、意見交換をする楽しさが実感できます。最終的には、自分とは違う社会的立場の人たちの「語り」からその人たちの抱えている問題に思い至る、つまり社会への想像力を身につけることが目標です。海外に興味のある学生が多いので、教室外での実践として甲南大学に来ている留学生との交流やインタビューもおこなっています。

松川 恭子 教授 専門分野:文化人類学
松川 恭子 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

社会学で身についた自分の足で調べる姿勢

4年次 鈴木 優司さん 兵庫県立宝塚西高校 出身

4年次 鈴木 優司さん
法律学や経済学と違い、社会学という学問を理解して入学してくる人は少ないと思います。自分もそうでした。けれど4年間を振り返ると、データ集計・分析やレポート作成からインタビューやアンケート調査にいたるまで、ほんとうに順序立ったカリキュラムになっていて、社会学というものを着実に学ぶことができました。卒業研究では「高齢者における男らしさ」について調査をしていますが、関心のあるテーマを自分の足で調べるという、社会で役立つ姿勢が身についたことを実感しています。
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次
  • 1年次

    社会調査法や社会調査基礎演習で、社会学の基礎的な知識やパソコン操作を学びました。
  • 2年次

    社会統計学とフィールドワーク研究で学んだアンケートの取り方やデータ集計方法などが、現在の卒業研究にも役立っています。
  • 3年次

    前期の量的データ解析でグラフを活用したデータ分析方法を学び、社会調査実践研究では実際に自分の足でインタビューなどをおこないました。
  • 4年次

    1年次からステップアップしてきたカリキュラムのおかげで、スムーズに卒業研究に取り組めています。

特色ある学び

社会調査工房
充実した学習環境が、実践的な調査マインドを育てます。

学生のさまざまな調査活動をサポートする独自のプロジェクトとして「社会調査工房」があります。協働型学習スペース「コモンルーム」や情報処理室など、調査と分析に欠かせない設備と機材が充実。さらに、どこからでもアクセスできるeラーニングコンテンツ「社会調査工房オンライン」により調査手法からレポート作成まで社会学科での学びをバックアップします。

社会調査工房

地域連携
プロジェクト
地域をテーマにした映像制作で、社会との接点を深めていく。

キャンパスを飛び出して、地域のなかから映像の題材を見つけて企画し、取材協力を依頼し、ビデオカメラにより撮影・編集し、さらには上映会まで開催する。それが発展研究Fの地域連携プロジェクトです。2016年度は「東灘と生きる」をテーマにグループで映像を制作しています。地域の方々にも参加していただき、意見を交わしつつ社会との接点を深める実践的な授業です。

地域連携プロジェクト

関連リンク

PAGE TOP