文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
歴史観と将来を見通す洞察力を身につけます。

興味に応じて自らが設定したテーマを、自らが調べ、考え、発表する力を伸ばせるように少人数で編成されています。研究方法も、文献調査、フィールドワーク、インタビュー、アンケート調査まで多彩で、それらを支える情報教育や外国語教育にも力を入れています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
佐藤 泰弘
教授

平安時代の貴族社会と都鄙関係

日本の古代史・中世史

東谷 智
教授

江戸時代の社会とその仕組み。史料の整理・調査論

日本の近世・近代における国家・社会・経済・文化

稲田 清一
教授

東洋史。近世・近代の中国の地域社会論と少数民族史

東アジアの歴史と文化

佐藤 公美
教授

西洋中世史。中世とルネサンス期イタリアとアルプス地域の政治社会史

西洋の古代・中世・近世の歴史と文化

髙田 実
教授

西洋近現代史。イギリス福祉史

ヨーロッパ近代現代の社会と国家

鳴海 邦匡
教授

歴史地理学。日本の地図史と環境史

さまざまな時代の人と環境(地域)の関わりを考える

出口 晶子
教授

民俗・地理学。水辺の暮らしの民俗と景観研究

日本および周辺アジアの民族と地域文化

中辻 享
教授

人文地理学、日本・東南アジアの農村の暮らしと変化

日本および東南アジアの地誌

中町 信孝
教授

イスラーム中世史、アラブ大衆文化

イスラーム地域の歴史と文化

ゼミナール紹介

佐藤 泰弘ゼミ
日本の古代史・中世史

歴史の流れを見通し、
根拠をもって立論する力。

日本の古代史・中世史
ゼミでは個々にテーマを決め、論点を見つけ研究してもらいます。女帝、夢、対外関係、武士の成立、武家の女性、城郭などゼミ生の選ぶテーマはさまざまです。前期・後期の研究発表では、時代性や地域性をふまえて考察し、確かな根拠をもって論じることを重視しています。また、相手の発表を理解して適切に質問することも大切にしています。関西には史蹟や文化財が多いので、見学会や見学旅行をおこなっています。
佐藤 泰弘教授
鳴海 邦匡ゼミ
さまざまな時代の人と環境(地域)の関わりを考える

身近で具体的な事象への関心から
その歴史と現在における意味を考える。

さまざまな時代の人と環境(地域)の関わりを考える
人文地理学が専門です。地図や環境の歴史について研究しており、主に最近は東アジアにおける海図の作成過程を調べています。ゼミでは、自ら考える力を養うことを目標としています。卒業論文の作成では、自分の資料(一次資料)を用いて考えることを求めています。資料の前では学生も教員も平等です。ともに考え、そして議論し、いっしょに良いゼミをつくっていきましょう。
鳴海 邦匡教授
STUDENT VOICE
外の世界とつながることの重要性に気づかせてくれた学び。
外の世界とつながることの
重要性に気づかせてくれた学び。
谷 綾乃さん 4年次兵庫県立西高校 出身

谷 綾乃さん 4年次
兵庫県立宝塚西高校 出身

甲南大学に入学するまでは、ただの「歴史好き」な女子だったんです。でも、歴史だけでなく地理や文化も学ぶカリキュラムのおかげで、もっと大きな視点を身につけることができました。また、授業で多くのフィールドワークを実践するうちに、外の世界と関係をもつことの重要性に気づき、学外の海外ボランティアに参加。インドやカンボジアに出かけて、孤児院で子どもたちの心のケアをする活動を続けてきました。卒業後は中学校の社会科の教師になる予定ですが、これらの経験を生かして子どもたちには教科書以上のことを教えてあげたいですね。そう思えるような人間に成長できたのは、歴史文化学科だからこそできた経験のおかげです。
1年次 ▶▶▶
教室の外で歴史を学ぶ驚き
歴史学と地理学の基礎を学びます。神戸市垂水区にある五色塚古墳でフィールドワークをしたときには「歴史を学ぶために外にいくんだ」と驚きました。
2年次 ▶▶▶
学びがより広く、しかも深く
歴史と地理と文化を組みあわせた科目が増えます。一方で江戸時代の“測量”を学ぶというピンポイントな科目もあり、どんどん楽しくなっていきます。
3年次 ▶▶▶
現地調査の結果を地図で視覚化
2年次から参加した人文地理のゼミが本格化。お墓とか、イノシシの出現場所とか、いろいろなテーマにおいて現地を調査し、それを地図で視覚化しました。
4年次 ▶▶▶
学外の経験も生かし卒業論文執筆
前期は母校での教育実習が中心でした。後期からは「国際協力の歴史」をテーマにした卒業論文で、日本で社会貢献があまり定着しない理由について研究しています。

関連リンク

PAGE TOP