文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
歴史観と将来を見通す洞察力を身につけます。

興味に応じて自らが設定したテーマを、自らが調べ、考え、発表する力を伸ばせるように少人数で編成されています。研究方法も、文献調査、フィールドワーク、インタビュー、アンケート調査まで多彩で、それらを支える情報教育や外国語教育にも力を入れています。

開講ゼミ紹介

教員の研究分野 ゼミテーマ
佐藤 泰弘

平安時代の貴族社会と都鄙関係

日本の古代史・中世史

東谷 智

江戸時代の社会とその仕組み。
史料の整理・調査論

日本の近世・近代における
国家・社会・経済・文化

稲田 清一

東洋史。近世・近代の
中国の地域社会論と少数民族史

東アジアの歴史と文化

中町 信孝

イスラーム中世史、
アラブ大衆文化

イスラーム地域の歴史と文化

佐藤 公美

西洋中世史。中世とルネサンス期イタリアと
アルプス地域の政治社会史

西洋の古代・中世・
近世の歴史と文化

髙田 実

西洋近現代史。イギリス福祉史

ヨーロッパ近代現代の
社会と国家

鳴海 邦匡

歴史地理学。
日本の地図史と環境史

さまざまな時代の人と環境(地域)
の関わりを考える

中辻 享

人文地理学、
日本・東南アジアの農村の暮らしと変化

日本および東南アジアの地誌

出口 晶子

民俗・地理学。
水辺の暮らしの民俗と景観研究

日本および周辺アジアの
民俗と地域文化

ゼミナール紹介

イスラーム地域の歴史中町 信孝ゼミ

自分の趣味や興味をつきつめ、
考えを理解してもらうための歴史学。

イスラーム地域の歴史

私の専門分野はイスラーム地域の歴史ですが、ゼミでは研究の間口を大きく設定しています。ピラミッドからクールジャパン、音楽まで。エキゾチックなものに興味のある学生が多く、研究成果の報告会などは実に多彩でおもしろいですよ。もちろんテーマがなんであれ、アカデミックライティングやリサーチスキルといった研究するための歴史学的な手法は、実社会でも役立つ汎用的な能力です。資料から論を組み立て、他人がわかるよう発表する力は社会でも役立ちます。そもそも研究というのはマニアックな行為ですから、ゼミの学生にもなにかについてマニアであってほしいし、実際にマニアな人が多い。自分の趣味をつきつめたいと思うような人を、このゼミは歓迎します。そのうえで、自分が興味をもったテーマへの考えを周囲に理解してもらうためのコミュニケーション能力を身につけてください。

中町 信孝 教授 専門分野:アラブ中世の文化
中町 信孝 教授
民俗と地域文化出口 晶子ゼミ

すでにある情報ではなく、
現場での情報から判断できる人に。

民俗と地域文化

現場へのフィールドワークから作成した一次資料をもとに、民俗学と地理学を横断するような研究に取り組むことがゼミのスタイルです。この研究対象を探すための足がかりとなるのが旅と郷土。神戸で学んだことを、故郷を再発見するために活用していきます。たとえば北海道出身なら北海道という地域を見つめ直し、郷土人としての誇り、地域文化を引き継ぐ志をもてるような卒業研究に取り組んでほしいと思っています。2、3年次とも前期は個人研究ですが、後期はグループワークをおこないます。テーマが違っても民俗学的な共通点はあるはず。シンポジウム形式での発表とディスカッションは大きな刺激になるようで、ゼミがさらに活気づきます。既存の情報に左右されず、現場に立って、見て、聞いて、感じたこと、考えたことを第一に判断できる。これはビジネスでも重要な資質であり、そのための実力や自信をフィールドワークで身につけます。(写真は嵐山巡検)

出口 晶子 教授 専門分野:民俗・地理学
出口 晶子 教授

STUDENT VOICE

私が学びで成長した理由

興味あるテーマを追究するうちに
しっかりと身についた読解力と文章力」

4年次 井上 実咲さん 姫路市立姫路高校 出身

4年次 井上 実咲さん
1年次はまず歴史学を広く学び、2年次からゼミで興味分野について深く学ぶようになります。3年次は、4年次からの卒業論文に向けての研究テーマを探すことが中心でしたね。大学での歴史学とは年表を覚えることではなく、自分の抱いた疑問を探究していくこと、そのための研究方法や発表方法を学ぶことです。4年間で身についた資料の読み方と文章の書き方は、社会人として今後も役立つものになると思います。
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次
  • 1年次

    歴史学の基礎を広く学びながら、高校とは違う大学での学びや生活に慣れていく期間でした。
  • 2年次

    レポートの多さに苦労しながらも、興味のあった西洋史についてゼミで深く学んでいくように。
  • 3年次

    女性史を研究したかったので、図書館で本を読んだり先生に相談して、卒論のテーマを探す1年間でした。
  • 4年次

    いまは『中世ヨーロッパの恋愛結婚、その存在の有無と是非』というテーマで、卒論の執筆に集中しています。

特色ある学び

資格をめざして
「博物館学芸員」や「GIS学術士」の資格取得も可能。

博物館・美術館の業務にたずさわるには必須となる資格「博物館学芸員」。取得に必要な科目の多くは専門科目に含まれ、卒業までの学修と密接につながっています。また、地理情報システムの技術と知識を身につける資格「GIS学術士」も取得可能。指定された4科目で「良」以上の成績を修め、人文地理系のゼミでGISを活用した卒業論文を提出することで取得できます。

資格をめざして

歴らぼ
興味あるテーマを自主的に、しかも実践的に学べる歴らぼ。

「歴史文化らぼ(歴らぼ)」とは、歴史文化に関わるテーマを学生たちが実践的に、しかも主体的に学ぶ場です。たとえば、古文書勉強会では、講義だけではものたりず、もっと古文書という歴史資料について学びたい学生が集まり、さらに読解力を鍛えています。こうした、興味のあるテーマをより深く、あるいは横断的に学べるような活動が数多くおこなわれています。

歴らぼ

関連リンク

PAGE TOP