マネジメント創造学部

マネジメント創造学科

  • マネジメント創造学部
  • マネジメント創造学科
  • DEPARTMENT OF MANAGEMENT
マネジメント創造学科
質の高い少人数教育により、グローバル社会に必要な人間力を磨く。

多彩な経歴・専門・文化的背景をもつ教員の指導で学際的・国際的な視点を身につけ、社会で使えるレベルに英語力を強化する。そんな質の高い少人数教育がマネジメント創造学部(CUBE)の特長です。

POLICY マネジメント創造学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、責任感と倫理観を意識することができ、自らを律し、他者と協調・協働する力。多様な文化を理解する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 幅広い教養と、自己の能力・資質を社会生活で活用し得る基本的な技能。

  • 4

  • 「自ら学ぶ力」「共に学ぶ力」「自ら考え行動する力」を涵養するとともに、
    経済、経営の幅広い分野で活躍できる総合的マネジメント能力。

  • 5

  • 地域社会と国際社会に積極的に係わり、社会的責任を果たせるビジネスリーダーとなる力。

  • 6

  • 問題を発見して論理的に分析・考察し、問題解決を図る意志と能力。

CONCEPT
つねに実践的な学びと環境で育む、
自ら考え行動できる人物。
学生と教員の距離が近い少人数の環境で、英語と経済と経営が学べる。それがCUBEの特長です。授業もたんなる講義だけではなく、関心のあるテーマを選んで自主的に研究して発表するプロジェクト科目など、他学部にはない特色のあるカリキュラムとなっています。外部とのコラボレーションも活発で、コラボレーションも活発で、企業や地域にプレゼンテーションする実践の機会も数多くあります。「自ら学び、自ら行動する」興味があれば自由に挑戦して成長していく。それがCUBEの学びです。
青本 慶 准教授 
専門分野:マーケティング、企業と消費者の価値共創
STUDENT
経済と経営のどちらにも、
将来役立つ学びがつまっている。
CUBEを選ぶ人は、いろんなことに興味がありすぎて絞りきれない人が多いイメージです。わたし自身も、だからこそ英語も、経済も、経営も学べる環境が魅力的に感じました。実際に2年次までは広告業界志望だったのですがCUBEで学ぶうちに会計学に興味がでてきて3年次には会計関係のプロジェクトを選択しました。在学中に柔軟に進路を考えることができます。また、英語はもちろん経営学の組織論など社会で有用な知識が多いので、この幅広い学びは将来きっと役立つはずです。
水田一希さん 3年次
大阪・私立桃山学院高校 出身

学びのポイント

CUBE English
コンテンツを学びつつ英語が上達。
そして留学への道も。
CUBE English
  • Brent:
  • 言語においてReading、Writing、Listening、Speakingというのはすべてがリンクしています。関心のあるコンテンツを勉強しながら、その過程で自然と英語力をアップさせる。それが CUBE Englishです。
  • 仲:
  • 学生ひとりが1国を担当し、国際的な問題点を見つける授業がありました。私はナイジェリアを担当し、調査のために海外記事などを探して読み、レポートを書き、発表し、議論しました。
  • Brent:
  • その過程で4つのスキルが自然と磨かれるわけです。テストのためではなく、ほんとうに使える英語を身につけるためにも心理的な壁をなくす必要があります。
  • 仲:
  • 学生と先生がキャンバスのいたるところで英語の会話をしている。そんな風景があたりまえなのもCUBEの特長です。
  • Brent:
  • そして留学を希望する学生は、特別プログラムで英語を集中的に学ぶことができます。CUBE Englishは留学先でのコミュニケーションにも役立ちます。

関連リンク

PAGE TOP