フロンティアサイエンス学部

生命化学科

  • フロンティアサイエンス学部
  • 生命化学科
  • DEPARTMENT OF NANOBIOCHEMISTRY
生命化学科
未知の現象を解明するよろこびが、
成長への大きな原動力となる。

FIRSTでは、最先端の実験・研究や課外活動などを通じて未知の現象を解明するよろこびにふれ、そこから発想力、計画力、実行力、解析・考察力、表現力といった社会で必要な能力を総合的に身につけます。

POLICY 生命化学科で身につく力

  • 1

  • 強い知的探究心をもち、幅広い教養についての基礎的な知識と常識をもとに、理科系の最先端知識を修得し応用できる基盤力。

  • 2

  • 責任感や倫理観を意識することができ、自らを律し他者と協調・協働することができる協働力。

  • 3

  • 生命化学分野に関して基本的な知識を修得し、専門分野の変化に対応し、フロンティア的発想・企画をするための専門力。

  • 4

  • 自分の意見等を的確に分かりやすく説明する意志とプレゼンテーション技能である発表力。

  • 5

  • 国際社会で活躍するために必須となる、科学英語を駆使したコミュニケーションができる国際力。

  • 6

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力、自己実現力。

CONCEPT
実社会で使えるサイエンスを学び、
個性ある理系人に成長してほしい。
実社会で生かせる、使える。それがFIRSTで学ぶサイエンスです。生物と化学が融合した「生命化学」という新たな分野のなかで研究をおこない、調査や計画、実行、分析、フィードバックといった一般社会でも通用する能力を身につける。そのためのカリキュラムや実験が、ここには用意されています。理科は好きだけど、化学と生物のどちらを学ぶべきかまだわからない人、個性ある理系人として成長したい人、FIRSTはそうした人に理想的な環境です。
長濱宏治准教授
専門分野:高分子科学・生体材料学・細胞工学・医科学
STUDENT
「なぜ?」への答えを見つけつつ
自分の未来も発見できる環境。
高校1年生の時に課外授業として参加したイベントで、長濱先生の公開授業を受けて「生命科学」という分野に憧れたことをきっかけに理系志望となり、FIRSTに入学しました。1年次では化学、生物、物理と幅広い分野を学ぶうえ、実験やレポートも大変です。でも、「なぜ?」への答えを見つけるよろこびを覚えて、いまはすごく楽しい日々です。先生はみんな親切ですし、先輩後輩に関係なくみんなと仲良くなれるキャンパスで、自分のやりたいことに出会えます。
大塚友惠さん4年次
兵庫・私立雲雀丘学園高校 出身

学びのポイント

マイラボ
研究に、休憩に、交流に、
自由に使えるマイスペース。
マイラボ
  • 浦野:
  • 大学で自分だけの“居場所”があるって、ほんとにすごい。重たいテキストとか置いておけるし。
  • 梅元:
  • パソコン用の電源もあるし、テスト前やレポート作成で集中したいときには便利ですよね。先輩が資料を貸してくれたりして。
  • 浦野:
  • 半年ごとに席替えがあるんですが、そのおかげで逆に交友関係が広がります。あと、先生方とも近い。研究室までなんと徒歩で5歩。
  • 梅元:
  • それは言いすぎだけど、たしかに近いですね。ミーティングルームという共有スペースもあって、ここで勉強会なんかも開いています。
  • 浦野:
  • よくみんな集まってるよね。実験とかで疲れたときでも、いつもだれかいるので雑談してるうちにリフレッシュできる。
  • 梅元:
  • FIRSTって黙々と研究している印象ですけど、マイラボを見てるとみんな明るくてイメージが変わりますよ。

関連リンク

PAGE TOP