文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
時間と空間を交差させて、歴史・地理・民俗を幅広く学ぶ。

時間の縦軸と地域・文化の横軸を交差させて、立体的に学びます。時代やエリアにとらわれず、自由な探究心を広げられるのが歴史文化学科の魅力です。博物館学芸員の資格取得も可能です。

POLICY 歴史文化学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、社会人に求められる責任感と倫理観を意識するとともに、
    自らを律し、他者と協調・協働する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で
    活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 自文化と異文化への理解に裏付けられた、世界に通用する国際教養力。

  • 5

  • 歴史学、地理学・民俗学の諸分野に関する基礎的で領域横断的な知識と常識。

  • 6

  • 自らの考えを適切な手段によって表現し、他者に伝える力。

  • 7

  • 的確な問いをたてて、時代性・地域性をふまえて問題解決を図る意志と能力。

CONCEPT
専門性と広い教養を兼ね、
時間と空間を立体的に学びます。
歴史学、地理学、民俗学の3分野から時間と空間を立体的に学ぶ学科です。専門的知識や技術とともに、幅広い教養や関心を育てることを大切にしています。学年やゼミを越えた交流もさかんで、「歴らぼ」という学生が主体的かつ実践的に学ぶ場があるのもこの学科の特長ですね。探究心をもち、問題をつきつめ、情報や資料を的確に分析し、批判的に考え抜き、わかりやすく表現する。そうしたアカデミックスキルと専門知識・技術を、フィールドワークや実習系科目から身につけます。
佐藤 公美教授
専門分野:西洋中世史
STUDENT
フィールドワークを通じて、
現場を訪れる大切さを知りました。
歴史だけでなく地理や文化も好きだったので、歴史文化学科を選びました。とにかく先生との距離が近くて、西洋史のゼミでは、まずはじめに、先生が「どの時代を学びたいか」を一人ひとりと面談してくれました。学びの特長は、フィールドワークを重視していること。現場に出向いて、調査して、資料をつくることの重要性を教わりました。おかげで、西洋史を学ぶうちにドイツの歴史に関心が高まって、実際に半年間、ドイツに留学したほどです。
乾 訓子さん3年次
兵庫・私立賢明女子学院高校 出身

学びのポイント

歴らぼ
歴史への興味を掘り下げる、
学科公認のサークル活動。
歴らぼ
  • 福田:
  • 「歴らぼ」とは、歴史文化学科公認の学科内サークルのようなものです。古文書班、遺跡巡り班、地図班などに分かれ、自分の興味や都合にあわせて自由に参加しています。
  • 大城:
  • わたしは古文書班で、甲南大学に寄贈された江戸時代の岡本村の古文書を解読しています。水車の寸法の記録から花見で喧嘩したことへの詫び状まで、さまざまな文書が残されています。当時の暮らしがいきいきと読みとれて、おもしろいですよ。文書の裏書きとか注釈、張り紙など、“本物”を見ないとわからないことも多く、なにより貴重な文化財資料の扱い方の勉強になります。
  • 福田:
  • また、これから開催する遺跡巡りでは、留学生にも参加してもらおうと準備しています。日本語で説明してもわかりにくい内容を、英語で準備しなければならないので大変ですが、新しい試みとしてとても楽しみです。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(社会)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(地理歴史)
資格 博物館学芸員

その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP