文学部

歴史文化学科

  • 文学部
  • 歴史文化学科
  • DEPARTMENT OF HISTORY AND CULTURE
歴史文化学科
時間と空間を交差させて、歴史・地理・民俗を幅広く学ぶ。

時間の縦軸と地域・文化の横軸を交差させて、立体的に学びます。時代やエリアにとらわれず、自由な探究心を広げられるのが歴史文化学科の魅力です。博物館学芸員の資格取得も可能です。

POLICY 歴史文化学科で身につく力

  • 1

  • 自ら率先して社会に貢献し、社会人に求められる責任感と倫理観を意識するとともに、
    自らを律し、他者と協調・協働する力。

  • 2

  • 天賦の特性を自ら伸ばして活用する意志と能力。

  • 3

  • 人文科学・自然科学・社会科学に関する基礎的教養、自己の能力・資質を社会生活で
    活用し得る基本的な技能及び自己の健康増進に関する技能。

  • 4

  • 自文化と異文化への理解に裏付けられた、世界に通用する国際教養力。

  • 5

  • 歴史学、地理学・民俗学の諸分野に関する基礎的で領域横断的な知識と常識。

  • 6

  • 自らの考えを適切な手段によって表現し、他者に伝える力。

  • 7

  • 的確な問いをたてて、時代性・地域性をふまえて問題解決を図る意志と能力。

藤本 航大さん 4年次 St Thomas of Canterbury College出身
仲間、そして尊敬する教員の存在が
学びの推進力になっています。
ニュージーランドの高校に留学し、3年ぶりに日本の学校に通うわたしは、甲南大学の“親密さ”に大いに助けられました。海外生活中に他国の歴史にふれたことで、母国の歴史をもっと知りたいと思うようになり、歴史文化学科を選択。歴史が大好きな同級生や先生とのディスカッションを楽しんでいます。演習(東谷ゼミ)では、海外にある日本神社を研究。教授が提供してくださる貴重な資料にふれ、思索を深めるのもこの授業の醍醐味です。
藤本 航大さん 4年次 
St Thomas of Canterbury College出身
Methods

成長を引き出す甲南大学の教育
演 習

鋭い観察眼を養う、知的探究活動を実体験。

興味のある歴史的事象に対して、自ら証拠を掴み、徹底的に調べ上げるのが歴史文化学科の演習です。東谷ゼミでは日本の政治史にはじまり、歌舞伎をメインにした興行史、妖怪の名前について調べる民俗学的な調査等テーマは多種多様。グループワークで、学生同士が興味のある事柄について議論をするなかで、自分の研究したいことを見つけていきます。重視しているのは「本物を見て、実際に経験する」こと。調査・研究を通して、数ある情報のなかから「本物」と「偽物」を見抜く鋭い観察眼を養います。

PICK UP

リサーチフェスタ

高校生から大学院生までが集う研究の祭典で、活動の成果をぶつける(中町ゼミ)。

高校生と大学生、大学院生が自分たちの研究について発表・議論する甲南大学独自のイベントであるリサーチフェスタ。わたしたちはゼミ活動の一環として参加しています。今年は、エジプトの学生にオンラインインタビューをおこない、コロナ禍における感染者数や政府の対応、若者の意識等を日本と中東諸国で比較しました。個人で研究を進めることが多い学生にとって、協力してひとつの発表を作り上げる経験は新たな刺激になっています。

教員免許と各種の資格

学部の専門性に応じ、必要な科目を履修することで、在学中にめざせる資格はさまざま。教員をめざす学生には教職教育センター、学校ボランティア・インターンシップの紹介や、教員採用試験対策プログラムなどを用意して、手厚くサポートしています。希望者には小学校の教員免許取得プログラムもあります。
教員免許(中学) 中学校教諭一種免許
(社会)
教員免許(高校) 高等学校教諭一種免許
(地理歴史)
資格 博物館学芸員

その他 司書
司書教諭

関連リンク

PAGE TOP