理工学部

機能分子化学科

  • 理工学部
  • 機能分子化学科
  • DEPARTMENT OF CHEMISTRY OF FUNCTIONAL MOLECULES
機能分子化学科

カリキュラム

4年間の学び
STUDENT VOICE
充実した実験の内容や設備から、高度な実験スキルを磨けた4年間。
充実した実験の内容や設備から、
高度な実験スキルを磨けた4年間。
赤松寿樹さん 4年次兵庫県立加古川西高校 出身

赤松寿樹さん 4年次
兵庫県立加古川西高校 出身

化学が好きだったので機能分子化学科に入学したのですが、甲南大学を志望したのは「少人数制」だからです。少人数教育というと先生との距離が近いことはもちろん、理系にとってはなによりも、高価な装置を使った実験をただ見学するのではなく自分で操作できることだと思います。1年次後期という他大学に比べて早い時期から実験がはじまりますし、さまざまな機器や装置を一人ひとりが実際にあつかえます。卒業研究では、SPring-8という巨大な実験施設を利用したX線構造解析までおこなっています。卒業後は大学院に進む予定ですが、研究を深めるうえで重要となる実験スキルを高いレベルで身につけることができました。
1年次 ▶▶▶
待望の実験をさっそく後期から
機能分子化学実験入門が、後期からさっそくはじまります。化学や数学の授業では課題も多く、つねに復習しながら基礎を身につけました。
2年次 ▶▶▶
グループから個人へ実験も高度化
無機、分析、物理、有機という4種類の化学分野を3年次まで継続して学びます。実験も個人でおこなうようになり、多忙ながら充実感も味わえます。
3年次 ▶▶▶
合成への興味から有機化学へ
物理化学はさまざまなテーマの実験に挑戦し、有機化学はひたすら合成。化学に対して抱いていたイメージに近い有機化学を専攻することに決めました。
4年次 ▶▶▶
分子フラスコ合成が研究テーマ
卒業研究は、大気中では不安定な薬品を安定させる分子フラスコを合成。難しいテーマで失敗の連続ですが、NMRやX線構造解析などで検証しつつ挑戦しています。

関連リンク

PAGE TOP