理工学部

機能分子化学科

  • 理工学部
  • 機能分子化学科
  • DEPARTMENT OF CHEMISTRY OF FUNCTIONAL MOLECULES
機能分子化学科

各研究室紹介

担当者 教員の研究分野 教員の研究室





檀上 博史
教授
有機合成化学、超分子化学、分子認識化学 有機合成化学研究室
茶山 健二
教授
分析化学、環境化学、分離分析 環境分析・計測化学研究室
山本 雅博
教授
物理化学、理論化学、電気化学 表面・界面物理化学研究室
木本 篤志
准教授
高分子化学、有機化学、材料化学 有機材料化学研究室
内藤 宗幸
准教授
固体化学、回折結晶学、ナノ材料 固体構造化学研究室
外山 真理
助教
錯体化学、光化学、分析化学 機能性金属錯体化学研究室







エネルギー科学系
池田 茂
教授
無機材料化学、光電気化学、触媒化学 光エネルギー変換材料化学研究室
岩月 聡史
教授
溶液化学、分析化学、錯体化学 機能設計・解析化学研究室
町田 信也
教授
無機材料化学、無機合成化学、固体電気化学 無機固体化学研究室
渡邉 順司
教授
高分子材料学、有機-無機複合材料学、高分子成形加工学 生体材料創成学研究室
村上 良
准教授
物理化学、界面化学、コロイド化学 界面・コロイド化学研究室
片桐 幸輔
准教授
有機化学、有機金属化学、有機結晶化学 構造有機化学研究室

各研究室のHPに関してお問い合わせがある場合は,各研究室の教員にお尋ね下さい。

職員室 斎藤直美

研究室紹介

界面・コロイド化学研究室
村上 良 准教授

液体を粉にすることもできる。
-微粒子による液体や気体のカプセル化-

界面・コロイド化学研究室
水と油のように混ざり合わない液体をかき混ぜると、液体の中に小さな液滴が散らばった状態(エマルション)ができます。このような散らばった状態の安定化において、わたしたちは分子よりもずっと大きな微粒子に注目。微粒子を用いることにより、従来の界面活性剤分子にはない新しい機能が生まれます。たとえば、液体を微細なカプセルにし、液体の性質を保ったまま粉にすること(ドライウォーター化)が可能です。こうした技術は、食品や化粧品をはじめ多分野で注目を集めています。
村上 良 准教授
有機材料化学研究室
木本 篤志 准教授

化学による「ものづくり」に
有機電子材料の開発で挑戦。

有機材料化学研究室
いま、さまざまな電子材料が無機物から有機物に置き換わろうとしていますが、そうした有機電子材料を研究しています。たとえば、太陽電池のシリコンが有機物になれば、軽量化はもちろん形状もフレキシブルになるでしょう。室内でも発電できるようになり、もしかしたら塗料が太陽電池になるかもしれません。すべては化学反応による変化です。有機電子材料の開発を通じて、化学の特権である「ものづくり」を実感できる研究室です。
青木珠緒教授

関連リンク

PAGE TOP