理工学部

機能分子化学科

  • 理工学部
  • 機能分子化学科
  • DEPARTMENT OF CHEMISTRY OF FUNCTIONAL MOLECULES
機能分子化学科

各研究室紹介

担当者 教員の研究分野 教員の研究室





茶山 健二
教授
分析化学、環境化学、分離分析 環境分析・計測化学研究室
山本 雅博
教授
物理化学、理論化学、電気化学 表面・界面物理化学研究室
檀上 博史
教授
有機合成化学、超分子化学、分子認識化学 有機合成化学研究室
内藤 宗幸
教授
固体化学、回折結晶学、ナノ材料学 固体構造化学研究室
木本 篤志
准教授
高分子化学、有機化学、材料化学 有機材料化学研究室
角屋 智史
助教
有機材料化学、機能物性化学、デバイス関連化学 有機固体化学研究室







エネルギー科学系
町田 信也
教授
無機材料化学、無機合成化学、固体電気化学 無機固体化学研究室
渡邉 順司
教授
高分子材料学、有機-無機複合材料学、高分子成形加工学 生体材料創成学研究室
岩月 聡史
教授
溶液化学、分析化学、錯体化学 機能設計・解析化学研究室
池田 茂
教授
無機材料化学、光電気化学、触媒化学 光エネルギー変換材料化学研究室
村上 良
教授
物理化学、界面化学、コロイド化学 界面・コロイド化学研究室
片桐 幸輔
准教授
有機化学、有機金属化学、有機結晶化学 構造有機化学研究室

各研究室のHPに関してお問い合わせがある場合は,各研究室の教員にお尋ね下さい。

職員室 斎藤直美、川西裕子

研究室紹介

岩月 聡史 教授
機能設計・解析化学

化学反応に魅せられ、化学反応に挑み、化学反応を生み出す。

化学現象や物質の機能をつかさどる『化学反応』が起こる仕組み、すなわち「なにが・どのように・なぜ反応するのか?」を正確に突き止め、ねらった機能を効率よく発揮する優れた機能性物質の設計・開発に展開しています。また、異なる機能をもつ分子を巧みに組み合わせて、これまで見たことがない機能や化学反応の創出をめざしています。
岩月 聡史 教授
木本 篤志 准教授
有機材料化学・機能性有機色素

新しい機能性有機材料はわたしたちが想像していなかった未来を創造する。

わたしたちの周りにある太陽電池やトランジスタ等の電子素子は、これまでシリコンのような硬い材料によって作られてきました。21世紀になって、これらを有機材料で置き換えることで、柔軟で軽い電子素子が実現されてきています。わたしたちは、新しい材料の合成を通して、これまでにないまったく新しい電子素子を実現することに挑みます。
木本 篤志 准教授
STUDENT VOICE
学んだ化学理論をモノづくりにも応用したい。
自由な試行錯誤を繰り返しながら新技術の開発をめざす。
谷崎 涼香さん 4年次 徳島・徳島県立城東高等学校出身

谷崎 涼香さん 4年次
徳島・徳島県立城東高等学校出身

化学が好きで、大学では理論を実践したモノづくりにも挑戦したいと考えていたわたしにとってうってつけの学科が本学科でした。取り組むテーマは全固体電池の開発。電解液を含む従来の電池と異なり、素材が固体だけなので使用できる環境が飛躍的に広がります。少人数のゼミ生全員が一丸となって、新たな技術開発に挑戦しています。卒業後は塗料メーカーの品質管理職に。大学で得たモノづくりの技術を生かして、クライアントが思い描く理想的な塗料を作り上げることが目標です。
1年次 ▶▶▶
モノづくりの基礎となる物理学の履修が印象に残っています。高校で選択していなかったため苦戦しましたが、未履修者向けの講義もあり、しっかりと基礎力を身につけることができました。
2年次 ▶▶▶
実験が本格的にスタート。危険なものを取り扱うことに対する責任感や、チームでひとつのプロジェクトを動かす際のスケジュール管理等を、実験を通して学ぶことができました。
3年次 ▶▶▶
2年次までに学んだ基礎的な理論を活用し、モノづくりへの応用がスタート。研究室選択の際にはシート状の太陽光パネルを開発する高分子化学と迷いましたが、より需要の大きい全固体電池を選びました。
4年次 ▶▶▶
個人の裁量が大きくなり、いろいろな要素を自分で考えながら実験を進めることがとても楽しいです。この物質の組み合わせはどうか?どういったバランスがベストなのか?疑問を主体的に解決することはまさに実験の醍醐味です。

関連リンク

 

PAGE TOP